理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

指揮者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今指揮者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい指揮者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

指揮者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの指揮者適性診断結果

あなたの適性度は47%で、指揮者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。指揮者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

指揮者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.優れた音感がある
2.楽譜を読むのが得意
3.楽器の構造や音色に詳しい
4.多ジャンルの音楽に造詣が深い
5.知的好奇心が旺盛
6.分かりやすい説明ができる
7.統率能力がある
8.コミュニケーション能力が高い
9.バイタリティがある
10.度胸があって緊張しない
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
指揮者適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 優れた音感がある 』

十分に兼ね備えている

音楽に携わる職業の花形とも言える指揮者には、人並みならぬ音感が不可欠です。数多くの奏者が音を奏でるなかで、違和感を感じる音があれば直ちに察知して指摘し、調和の取れた音楽をつくるように指導することが求められます。音感を最大限に生かして、リズム感の良い心地よい音楽を生み出すことが指揮者に課された役割です。幼少期から音楽教育を受け、絶対音感がある人は、指揮者としての素養があると言えるでしょう。

『 楽譜を読むのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

スコア譜と呼ばれるオーケストラの楽譜は、膨大な数のパートに分かれているものです。ヴィオラのハ音記号のように、ト音記号やヘ音記号とは異なる記号を使って表記されている楽器もあります。指揮者は、そのような表記の違いも正しく理解し、鳴り響く音を瞬時に頭に思い浮かべる力を備えていることが求められる職業です。パートごとの音の流れを把握するだけでなく、スコア譜から数多くの楽器の音が鳴り響くハーモニーを想像する高度な技術が必要となります。速度や表情を表す音楽用語に対する知識も不可欠です。

『 楽器の構造や音色に詳しい 』

兼ね備えていない

幅広い音楽の知識が求められる指揮者ですが、楽器に関する知識はしっかり身につけておきたい大切な知識のひとつです。オーケストラの指揮を振る際には、楽器の構造や音の響きについて理解をしておくことが不可欠です。また、声楽関係の指揮を任された場合には、ソプラノ、メゾソプラノ、テノール、バリトンのそれぞれの音域や音色の特性について理解することが求められます。奏者に適切に指示を出して、レベルの高い音楽を創り上げるために、音域や音色の知識を増やす努力をすることが必要な職業です。

『 多ジャンルの音楽に造詣が深い 』

だいぶ兼ね備えている

指揮者が指揮を依頼される音楽は、クラシック音楽のこともあれば、ポピュラー音楽のこともあるでしょう。特定のジャンルを専門とする指揮者もいますが、幅広いジャンルの音楽に対して造詣を深めておくに越したことはありません。多くジャンルの音楽に触れるなかで、リズム感や音感を養うこともできます。色んな音楽を聴く習慣のある人は、指揮者としての適性があると言えます。

『 知的好奇心が旺盛 』

兼ね備えていない

指揮者には知的好奇心が旺盛な人が向いています。音楽は、絵画や文学をはじめ、様々な芸術や文化と関わりが深いものです。本を読んで気になる言葉を見つけたり、観劇によって感動を覚えたり、といった経験を重ねることが、指揮者としての成長にもつながります。音楽に限らず、幅広い文化芸術に関心を持ち、理解を深めることが大切です。

スポンサーリンク

『 分かりやすい説明ができる 』

あまり兼ね備えていない

指揮者には、問題点を分かりやすく指摘し、説明する能力が求められます。適切なタイミングで指示を出すことも必要です。一人の奏者に対して厳しくなり過ぎてしまうことがないよう、全体に目を配って適切に指示を出すことが大切です。指揮者の説明が端的で分かりやすいと、奏者も説明を正しく理解して、奏法に工夫がしやすくなります。指揮者は、豊富な語彙力を持ち、適した言葉選んで説明できる能力を身につけることが大切です。

『 統率能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

奏者をまとめる立場にある指揮者は、統率能力やリーダーシップを発揮するべきポジションでもあります。大人数のチームをまとめ上げて、心をひとつにした演奏をすることは、決して簡単なことではありません。高い統率能力を持った人こそが、指揮者に適していると言えるでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

指揮者は、オーケストラのメンバーだけでなく、舞台の裏方で働くスタッフとも連携をしながら、舞台を創り上げてゆく必要があります。音楽家にはこだわりや個性が強い人もいますが、指揮者は色んな個性を持った人に対して柔軟に対応することが大切です。指揮者には、周囲とのコミュニケーションを円滑に取ることで、舞台を成功に導く役割が課されています。

『 バイタリティがある 』

だいぶ兼ね備えている

指揮者は、バイタリティ溢れる人に適した職業です。沢山の演奏家をパワフルにまとめ上げ、時には、奏者を鼓舞することも必要となります。多少のことではへこたれない強靭なメンタリティを備え、どんなシチュエーションにも果敢に対応できる能力が求められるのです。前向きで明るい姿勢を保てる一方で、奏者の悩みや相談にも寄り添える心の広さがある人は、指揮者に向いていると言えます。

『 度胸があって緊張しない 』

そこそこ兼ね備えている

指揮者は、多くのお客さんの前で指揮を振り、演奏を披露する仕事です。多少のことでは動じない精神的なタフさが求められます。場合によっては、お客さんの目を引く派手なパフォーマンスをすることも大事です。舞台度胸があり、適度な緊張もプラスのエネルギーに変えて、本番で力を存分に発揮できるタイプの人は指揮者としての素質があると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの指揮者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
指揮者適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 指揮者に向いているか向いていないか
  • 指揮者の職業適性度
  • 指揮者に必要な10の資質
  • 解説で指揮者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

指揮者とは?

指揮者の仕事は、楽団の演奏をまとめる事です。

楽曲が決まったら、まずはその曲の研究から始まります。

全楽曲のパートが載っているスコア(楽譜)を読み込み、各パートの演奏方法や曲全体のテンポなどについて考えます。

更に、楽曲の歴史や舞台になった情景から曲全体の雰囲気を膨らませ楽団に伝えるのも指揮者の役割です。

楽団のリハーサル時には、演出家や監督の立場となり演奏方法についての指示やアドバイスを行います。

また、楽団のトップであるコンサートマスターとの打ち合わせも重要です。

そして、本番ではタクト(指揮棒)を振って楽団に細やかな指示を出し演奏を成功へと導きます。

指揮者になるには?

指揮者になるためには、特別な資格は必要ありません。

しかし、音楽に関する深い造詣と知識がなければなれない職業です。

まずは、音楽大学の指揮科に入学し必要な基礎知識やスコアの読み方を学びます。

更に、音楽の歴史や声楽など音楽に関する様々な事を学びます。

音楽大学卒業後は、楽団に所属し見習い指揮者としての経験を積んでいきます。

また、プロの指揮者に弟子入りをして必要な技術を身につけます。

ただし、指揮者の枠は極めて狭くすぐに採用される事はかなり難しいです。

指揮者として認められるには、指揮者向けのコンテストに参加して入賞を目指す事が近道となります。

指揮者の給料・年収

指揮者の収入は、実力や経験によって差が出ます。

また、勤務先によっても違いが出ます。

100名未満の規模の楽団だと平均年収は約450万円前後です。

1,000人以上の規模なら約800万円前後となります。

プロの楽団やアマチュアでも金額は違います。

そして、コンクールでの優勝経験も報酬に影響が出ます。

優勝経験がある場合は、若手の指揮者だと1回の指揮をする事で約30万円前後。

地名度もあるベテランになると、約100万円前後です。

音楽大学や専門学校の講師となった場合には、平均年収は約1,500〜2,000万円です。

音楽番組やCMなどへ出演した際には、更に収入を増やす事ができます。

指揮者の就職・転職先(求人)

指揮者の就職先には、オーケストラや各種楽団があります。

オーケストラには、プロの所もあれば市民楽団のようにアマチュアの場合もあります。

有名な所では既に専任指揮者が決まっているというケースもあります。

そのため、新しい指揮者を求人などで募集しているという事は、かなり少ないでしょう。

多くの場合は、アシスタント指揮者として楽団に所属して経験を積み重ねたり、卒業した音楽学校の先生などからの紹介で就職に繋げます。

また、音楽大学や専門学校に指揮者の講師として就職し、学生達に必要な知識や技術を指導する事もできます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0