理想の就活/転職のための
自己分析サイト

カラーリストに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今カラーリストの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいカラーリストに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのカラーリスト適性診断結果

あなたの適性度は51%で、カラーリストの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。カラーリストを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

カラーリストに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.オシャレに関心がある
2.カラー以外のヘア技術にも詳しい
3.感性が優れている
4.薬剤などの知識がある
5.手先が器用
6.話をするのが好き
7.人の気持ちをつかめる
8.わかりやすい説明ができる
9.体力がある
10.チームワークを大切にできる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 オシャレに関心がある 』

十分に兼ね備えている

カラーリストは、お客様をきれいにする仕事ですから、お客様のなりたい姿をつかんでそれに合わせたカラーの提案をしていく必要があります。そのためには、おしゃれに関心があることは必須条件です。今何が流行っているのか、どのようなファッションにどういった色が合うのかなどを考えておくことで、仕事がスムーズに進められます。仕事の場以外でも常に情報収集をして仕事に生かしていくことが必要ですから、おしゃれに関心がある方はカラーリストに向いているといえます。

『 カラー以外のヘア技術にも詳しい 』

十分に兼ね備えている

カラーリストは髪色を変えることに特化した仕事をしていますが、完成させるためには色を変えるだけではなくどのようなカットやスタイリングをするかも問題となってきます。自分の担当外の技術であっても、どのように仕上がるのかをイメージできなければベストなカラーは選べないはずです。だからこそ、自分の業務範囲だけではなく、美容師としての周辺技術にも詳しい人、ある程度の技術がある人がカラーリストに向いています。

『 感性が優れている 』

だいぶ兼ね備えている

カラーリストは微妙な色の違いも使い分けつつ、より魅力的に仕上げていくことが求められます。そのため、微妙な違いにも意識を向けられる感性が必要になるのです。どの様な色を選ぶか、どう組み合わせるかなどは個人の感性によるところが大きく、いろいろなものを見て経験し、感性を養っていくことも必要です。自分の考えだけではなくほかの人の感じ方なども聞いてみると、求められているものをつかみやすくなるでしょう。仕事として携わるもの以外で、美しいものや自然などを見ておくことも参考になります。

『 薬剤などの知識がある 』

兼ね備えていない

カラーリストは単にお洒落であればできるものではありません。特に薬剤を使って髪を染めることになるので、どうすればお客様の体に負担がかからないようにできるか、また危険がないようにできるかを考えて取り組んでいかなければなりません。複数の薬剤を混ぜて使う場合には特に配慮が必要でしょう。そのためには正しい知識が必要になります。美容とはかけ離れた専門的な薬剤の知識なども、より深く学んでいくことで信頼されるカラーリストになれるでしょう。

『 手先が器用 』

あまり兼ね備えていない

カラーリストは特に施術における時間が重要になってきます。薬剤を使う場合に、手早く作業をしないとムラになったりうまく染められなかったりします。そうなってしまっては仕事として成り立ちません。知識を持つことはもちろんですが、作業も手早くできるような手先の器用さも求められることになるでしょう。

スポンサーリンク

『 話をするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

カラーリストはお客様の要望をつかんでそれに合わせた色を選んでいくことになります。そのためには、お客様が何を望んでいるのかを聞き出すことが大切です。長い時間話をできるわけではないので、限られた中で積極的に話しかけていくことが求められるのです。引っ込み思案で話しかけにくいと、そのスタートラインに立つことも難しくなります。お客様から話を引き出せるように、気軽に話しかけられる人のほうが向いているといえるでしょう。

『 人の気持ちをつかめる 』

そこそこ兼ね備えている

お客様がわかりやすいオーダーをしてくれるとは限りません。そのため、話の中から何を求めているのかを的確につかんでいくことが必要になってきます。ちょっとした言葉の中から、また仕草や表情から気持ちを汲んでいくことが求められるのです。日常の人間関係の中から人と接する機会を多く持って、仕事に生かせるようにしたいものです。

『 わかりやすい説明ができる 』

十分に兼ね備えている

詳しい知識を持っていると、専門用語などもなじみが出てきて、お客様との会話でも使う機会が出てくることになります。そのため、知識が十分でないことが多いお客様には理解しづらく、結果的に思うような仕上がりにならないことも起こります。相手が理解できているかを見極めて、それに合わせた言葉を選んだり、詳しい説明を怠らないようにしたりと配慮ができることは必須です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

カラーリストはカラー専門とはいえ、やはり立ちっぱなしの仕事になるので体力は必要になります。また、店舗でカラーリストとして働く人数が限られることもあり、専門性が高くほかに代わりがいないからこそ出勤日が多くなりがちな場合もあります。それに対応できるようにしっかり体力をつけておくことが大切です。

『 チームワークを大切にできる 』

兼ね備えていない

カラーリストだけではすべての仕事は完結できません。ほかのスタイリストやアシスタントなどと協力しながら、お客様の求めているスタイルを実現していくことになります。だからこそ、スタッフ間のチームワークが重要になるのです。普段から良い人間関係を持ち、きちんと情報の共有ができたり、イメージを伝えあえたりすることで仕事もうまく進みやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのカラーリスト適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る