理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

シェフに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今シェフの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいシェフに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

シェフに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのシェフ適性診断結果

あなたの適性度は65%で、シェフの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。シェフを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

シェフに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかく料理が好き
2.繊細な味覚を持っている
3.身体が丈夫で体力がある
4.食材の目利きができる
5.研究熱心で飽くなき探求心がある
6.我慢強く理不尽に耐えられる
7.優れた色彩のセンスを持っている
8.清潔が好き
9.周囲への気配りができる
10.目標や将来のビジョンが明確
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
シェフ適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 とにかく料理が好き 』

だいぶ兼ね備えている

料理を職業にしようと志すなら、料理をすること、そして食べることが好きであることが大切です。シェフたるもの、より美味しいものを作るにはどんな工夫をすればよいかについて、常に考えを張り巡らせ、仕事に生かしてスキルアップするのが理想と言えるでしょう。

『 繊細な味覚を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

お客さんに美味しく食べてもらえる料理に仕上げるには、繊細な味覚が求められます。料理は、ほんの少しのさじ加減で、印象が大きく変わってしまうものです。味覚に自信があり、その日の気候や仕入れた食材に応じて最適な調理法を選べる能力を持てるようになれば、シェフとして活躍できることでしょう。

『 身体が丈夫で体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

シェフの仕事は、立ち仕事が基本です。また、食材の入った箱をはじめ、重たい荷物を運ぶのも仕事の一部であるため、身体が丈夫で体力に自信がある人がシェフに向いています。勤務時間が長時間に及んだり、深夜や早朝に働いたりすることも多いので、それを乗り切れるだけの十分な体力が必要なのです。

『 食材の目利きができる 』

だいぶ兼ね備えている

食材の目利きは、料理の味の決め手のひとつともなる重要な要素です。シェフには、調理技術を磨くことだけでなく、食材に関する知識をしっかり身に付け、美味しくて栄養価の高い食材を選ぶ目を持つことが求められます。日本では、特に旬の食材を巧みに用いた料理が好まれる傾向がみられるため、四季折々の食材についての知識を持ち、調理に生かせるように心掛けて下さい。実際に食材の生産現場へ赴き、自ら理想の食材を探し求めるといった行動力があると、よりスキルアップできます。

『 研究熱心で飽くなき探求心がある 』

だいぶ兼ね備えている

料理の世界は、絶えず進化をし続けるものです。調理の基礎はきちんと習得した上で、時代のニーズに敏感に反応し、新しい要素も柔軟に取り入れた料理を生み出すことが、シェフには求められます。妥協をせず、納得のいくまで試行錯誤をしてレシピを生み出すといった研究熱心な姿勢が、シェフとしての高い評価にもつながることを忘れず、日々修行を積んでゆきましょう。

スポンサーリンク

『 我慢強く理不尽に耐えられる 』

あまり兼ね備えていない

料理の世界は厳しいという話を聞く機会は多いですが、実際にシェフを目指して厨房で働き始めると、想像以上にタフで厳しい世界だと感じる人が多いようです。上下関係に悩まされたり、多少理不尽に感じることがあったりしても乗り越えられる精神的なタフさは、シェフには不可欠な資質と言えます。理不尽で過酷な環境であっても、自分の成長の場としてプラスに捉えられるとよいでしょう。

『 優れた色彩のセンスを持っている 』

だいぶ兼ね備えている

料理の印象は、味だけで決まるものではありません。料理を提供されたお客さんは、まず見た目で「美味しそう」とか「地味だ」などと判断します。色彩のセンスを生かして、見た目に美しい料理を作れることは、シェフとして大切な資質です。SNS映えする料理が求められる昨今においては、今まで以上に色彩のセンスが必要とされています。また、料理そのものに限らず、料理を食べる環境をセンス良く整えることも忘れないようにして下さい。優れた色彩感覚を生かして、客席やテーブルセッティングのあり方を工夫するようにしましょう。

『 清潔が好き 』

十分に兼ね備えている

料理を仕事にする時にいちばん気を配る必要があるのは、食中毒を起こさないようにすることです。シェフは、衛生面に配慮して、適切な消毒や清掃を施し、常に清潔な状態を維持する心掛けが求められます。普段からキレイ好きなタイプの人は、まな板や包丁などの調理器具、身に付ける調理服などに付いた汚れにも気が付きやすいので、そういった意味でシェフに向いています。感染症対策を万全にして、安心・安全に食べられる料理を提供することが、飲食店自体の評価にも、シェフ個人の評価にも結び付きます。

『 周囲への気配りができる 』

十分に兼ね備えている

シェフは、ただ調理に専念すればよいわけではなく、ホールスタッフをはじめ、お店で働く他の従業員とも円滑にコミュニケーションを取ることが大事です。従業員との連携が上手に取れるようになると、より良い状態で料理をお客さんに提供することができます。オペレーションが悪いと、効率が下がってしまうため、コミュニケーションの取りやすい職場環境を目指すことが大事です。場合によっては、シェフが直接お客さんと接することもあるため、適切に接遇マナーを身に付けておくようにして下さい。

『 目標や将来のビジョンが明確 』

そこそこ兼ね備えている

厳しい試練を乗り越えて調理現場で働き続けるには、料理に対して自分なりのこだわりや目標を持っていることが大切です。途中で挫折することがないよう、将来のビジョンをしっかり描いておいて下さい。料理に対するモチベーションを高めて、ステップアップしようとする前向きな姿勢で働くように心掛けましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのシェフ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
シェフ適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • シェフに向いているか向いていないか
  • シェフの職業適性度
  • シェフに必要な10の資質
  • 解説でシェフに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

シェフとは?

シェフは、ホテルやレストランの調理場を取り仕切る仕事です。

西洋料理の調理人を「コック」と呼び、彼らを指揮する総責任者が「シェフ」となります。

全体を取り仕切る仕事なので、シェフは料理だけをしている訳ではありません。

小さなお店であれば全体を見つつ料理をすることもできますが、店が大きくなるとスタッフの数も増えるため、その管理業務の方が主な仕事になってきます。

食材の仕入れやメニューの考案もシェフの大切な仕事。

また、経営者も兼ねている場合は原価率の計算やスタッフの教育にも携わることになります。

シェフは料理人である一方、レストランのマネージャーでもあるのです。

シェフになるには?

シェフになるのに学歴や資格は関係ありません。

ですが当然料理が作れなければお話にならないため、まずは専門学校に通ったり飲食店で弟子入りするなどして料理の腕を磨いていくのが一般的です。

「調理師免許」を持っていれば就職や転職で有利になるので、シェフを目指すのなら取得を目指すのが良いでしょう。

ホテルやレストランに就職しても、すぐシェフになれる訳ではありません。

まずは一人前の料理人(コック)を目指すことになります。

下ごしらえから皿洗いなどの料理周りのことをまずこなせるようになり、ソースや前菜の担当を経て、メイン調理を任されるようになれば一人前です。

ある程度経験を積んだ上で副料理長(スーシェフ)になり、その後シェフを任されることになるでしょう。

シェフの給料・年収

厚生労働省が行った令和3年度賃金構造基本統計調査によると、シェフの平均年収は44.1歳で333万円となっています。

他の転職サイトなどと比較してみると、平均年収は310~460万円ほどとなっており、経験や勤務地によって収入が変わってくることが分かります。

シェフに限らず、料理の世界は経験とスキルが大切です。

世界に名を馳せる超有名シェフともなれば、メディア出演や本の執筆などで1000万円以上の年収を稼ぎ出すことができます。

ただしシェフは新人がいきなりなれる仕事ではなく、長い下積み時代は10~15万円ほどの決して高くない収入で生活しなければなりません。

シェフの就職・転職先(求人)

シェフの就職先には、レストラン、ホテルなどがあります。

大きなレストランやホテルの場合、厨房の責任者として大勢の人間をマネジメントする必要があるため、料理に携わる時間は少なくなる傾向にあります。

その一方個人経営の様な小さなお店では、自らも調理を行いながら他のコック達への指導も同時に行う形になることが多いです。

独立して「オーナー兼シェフ」として働くこともできますが、その場合厨房だけではなくお店のマーケティングも同時に行わなければなりません。

ケータリングサービスやお料理教室など、いろいろな手法を試せるのもオーナー兼シェフの強みとなるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0