理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

チアリーダーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今チアリーダーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいチアリーダーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

チアリーダーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのチアリーダー適性診断結果

あなたの適性度は39%で、チアリーダーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。チアリーダーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

チアリーダーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.身体を動かすことが好き
2.体力がある
3.協調性がある
4.負けず嫌い
5.向上心がある
6.明るく元気がある
7.人前に出るのが好き
8.メンタルが強い
9.忍耐力がある
10.自己管理ができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
チアリーダー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 身体を動かすことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

チアリーダーの仕事は、ダンスをするのが基本です。また、激しいアクロバットをすることもあります。そのため、身体を動かすことが好き、運動が得意という人が、チアリーダーに向いています。仕事として、好きな運動ができるということで、モチベーションを維持しやすいでしょう。運動が苦手な人では、求められるダンスパフォーマンスができなかったり、働くモチベーションが維持できなかったりするため、チアリーダーは務まらないでしょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

チアリーダーは、長時間ダンスをし続けることが多いです。そして、季節に関係なく、屋外で踊ることも珍しくありません。そのため、暑さや寒さが厳しい中でも、踊り続けられる体力がある人が、チアリーダーに向いています。体力がなければ、安定したパフォーマンスを維持することは難しいでしょう。また、本番に向けて何度も練習を行いますが、その練習で数時間踊りっぱなしになることもよくあります。そのようなハードな練習にも耐えるためにも、体力が必要です。

『 協調性がある 』

兼ね備えていない

チアリーダーは、グループで活動するのが基本です。10人から20人程度のグループが多く、全員で息の合ったダンスをすることも珍しくありません。そのため、グループのメンバーと息を合わせられる、協調性のある人がチアリーダーに向いています。また、チアリーディングでは、組体操のように、危険な技が数多くあります。そのような技で事故が起こらないように、メンバーと力を合わせられることも大切です。したがって、自分だけが目立つことを優先してしまうような人は、チアリーダーには向いていません。

『 負けず嫌い 』

そこそこ兼ね備えている

チアリーダーになるためには、グループのオーディションを受ける場合が多いです。そして、チアリーダーになりたがっている人は大勢います。また、チアリーディンググループ内で、選ばれたメンバーだけが表舞台に立てるというパターンも多いです。そのため、他の人との競争に勝って、何が何でも表舞台でパフォーマンスをしたいという、負けず嫌いの人が、チアリーダーに向いています。

『 向上心がある 』

だいぶ兼ね備えている

チアリーダーの仕事であるダンスやアクロバットの技術は、練習して身に付けていきます。そして、何度も試行錯誤をしながら練習を続けていくと、パフォーマンスの質が上がっていきます。また、チアリーディングの技の中には、難易度が高く、中々成功できないものもたくさんあります。そのため、より良いパフォーマンスを実現したり、色々な技を習得したりするために練習を続けられる、強い向上心を持っている人が、チアリーダーに向いています。

スポンサーリンク

『 明るく元気がある 』

あまり兼ね備えていない

チアリーダーの仕事は、ただ事務的にダンスやアクロバットをすれば良いというものではありません。見ている人に元気を与えるために、常に笑顔を維持しながら、大きな声を出してパフォーマンスをする必要があります。そのため、明るく元気がある人が、チアリーダーに向いています。普段からあまり元気がなく、無理をしないと明るい雰囲気になれない人は、チアリーダーには向いていないかもしれません。

『 人前に出るのが好き 』

兼ね備えていない

チアリーダーの仕事は、数百人、数千人という、大勢の人の前でパフォーマンスをすることです。そのため、人前に出るのが好きな人に向いています。人に見られることに喜びを感じたり、大勢の人を楽しませるのが好きだったりすれば、チアリーダーとして前向きに働き続けられるでしょう。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

チアリーダーのダンスやアクロバットは、失敗してしまうリスクもあります。しかし、失敗することを恐れていては、レベルの高いパフォーマンスをすることはできません。そのため、失敗を恐れることのない、強いメンタルの持ち主がチアリーダーに向いています。また、グループで練習をしている時には、他のメンバーとぶつかり合うことも珍しくありません。そのような時に、自分の意見をしっかり言えるメンタルの強さも必要です。メンバーに対して委縮してしまうような、メンタルの弱い人は、チアリーダー向きではありません。

『 忍耐力がある 』

だいぶ兼ね備えている

チアリーダーは、身体的な負担が大きい場面が多いです。長時間踊り続ける場合、時間が経つに連れて疲れが溜まっていきます。さらに、人を持ち上げる技を行う際には、筋肉に大きな負担がかかります。そのような疲れや負担があっても、安定したパフォーマンスを維持できる忍耐力が必要です。また、グループでの練習は、メンバーと息が合わせられるように、何度も反復をしなければなりません。その反復練習を行うためにも、忍耐力が求められます。したがって、辛いことでもある程度我慢できる、強い忍耐力の持ち主が、チアリーダーに向いています。

『 自己管理ができる 』

兼ね備えていない

チアリーダーは、身体が資本です。体調を崩したり、ケガをしてしまったりすると、チアリーダーとして働けなくなってしまいます。それだけでなく、グループのメンバーにも迷惑がかかることになります。そのようなことにならないために、しっかりと自己管理ができる人が、チアリーダーに向いています。また、技の中で、他のメンバーに持ち上げてもらうポジションのチアリーダーは、持ち上げるメンバーの負担にならないよう、体重を維持しなければなりません。そのためには、食事の工夫やトレーニングなどの自己管理が必要です。そういった自己管理が自然とできる人は、チアリーダーとして成功しやすいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのチアリーダー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
チアリーダー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • チアリーダーに向いているか向いていないか
  • チアリーダーの職業適性度
  • チアリーダーに必要な10の資質
  • 解説でチアリーダーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

チアリーダーとは?

チアリーダーは、野球などのスポーツの試合会場でダンス、選手への応援などのパフォーマンスを観客の前で行う仕事です。

会場の雰囲気を盛り上げたり、ファンを楽しませたりできるのが、魅力だと言えます。

そもそもチアリーダーはアメリカ発祥の職業ですが、現在は日本でも野球やサッカー、バスケットボールなど幅広い種類の競技でチアリーダーによる応援が行われています。

応援以外にも、試合前に行われるイベントへの参加、試合進行の補助、スポーツイベントでのパフォーマンス、テレビ番組への出演などもチアリーダーの大切な仕事です。

チアリーダーになるには?

チアリーダーになるためには特別な学歴や資格は必要ありません。

しかし、チアリーダーになるためには、各スポーツチームのダンスオーディションを受ける必要があります。

ダンスの練習はもちろん、自己アピールができるように準備をしなければいけません。

チアリーダーになる一般的なルートとして、チアリーダーの専門学校に通うことが挙げられます。

専門学校では、実際にプロとして活躍している人からダンスのスキルを学べます。

また、専門学校のカリキュラムの一貫として、プロの現場を実際に経験することも可能です。

したがって、チアリーダーを目指すなら、まずは専門学校に通うといいでしょう。

チアリーダーの給料・年収

複数の調査から、チアリーダーの平均年収は100万円から150万円程度です。

また、チアリーダーの多くは「日当制」となっています。

所属しているチームや団体によって日給は異なりますが、およそ1万円から2万円です。

他の職種よりも明らかに年収は低く、専業でチアリーダーを続けていくことは難しいと言えます。

したがって、芸能プロダクションに所属したり、ダンス教室でインストラクターをしたりなど他の仕事と掛け持ちしながらチアリーダーをやっているケースが少なくありません。

チアリーダーになりたいならば、どのように他の収入を確保するのかしっかりと考えておく必要があります。

チアリーダーの就職・転職先(求人)

チアリーダーの就職・転職先というと、プロ野球球団をはじめサッカーJ1・J2チーム、バスケットボールなどのスポーツチームが挙げられます。

それぞれのスポーツチームが持つチアリーダーのチームに所属するためには、ダンスや面接などのオーディションを受けなければいけません。

オーディションで才能を認められたら所属契約を交わし、その後、毎年実施されるオーディションに合格することで契約を更新していくのです。

スポーツチーム以外にも、チアリーダーは芸能プロダクション所属のダンサーとして採用されることもあります。

芸能プロダクションに所属すると、テレビ番組やイベントなどへの出演が主な仕事となります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0