理想の就活/転職のための
自己分析サイト

公認心理師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今公認心理師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい公認心理師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの公認心理師適性診断結果

あなたの適性度は70%で、公認心理師の仕事に向いているようです。公認心理師の仕事内容、年収、やりがいなどを調べて、あなたの希望に合うかどうかチェックしてみましょう。もし希望に沿うようであれば、具体的に動き出すことをオススメします。

公認心理師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.心理学や精神医学に詳しい
2.優れた傾聴力がある
3.深い洞察力を持っている
4.他者の意見を受け入れる包容力がある
5.人と程よい距離感を保てる
6.感受性が強すぎない
7.言葉を適切に選んで話せる
8.人の秘密を守れる
9.地域社会に貢献する意識が高い
10.向学心や勉学意欲がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 心理学や精神医学に詳しい 』

だいぶ兼ね備えている

公認心理師のもとには、心の悩みを抱えた人が相談に訪れます。心の健康に問題を持つ相談者に適切に対応するには、心理学や精神医学の知識を身につけておく必要があります。心理学の知識をしっかり吸収し、カウンセリングに生かせるようにしてください。日本語の文献だけでなく、英語やドイツ語の文献も読みこなせる語学力があれば、なお好ましいでしょう。

『 優れた傾聴力がある 』

あまり兼ね備えていない

カウンセリングを通して心の問題の解決をはかる公認心理師は、傾聴力が求められる仕事です。相手に寄り添って話をきちんと聞く姿勢は、公認心理師の基本姿勢と言えるでしょう。真剣に耳を傾けていることが伝われば、相談者にとって、一人で抱え込んでいた悩み事を打ち明けようとするきっかけにもなります。心を開いてくれるまでに時間が掛かっても、根気強く見守って話を聞こうとするようにします。

『 深い洞察力を持っている 』

十分に兼ね備えている

カウンセリングに訪れる人のなかには、自分の心の闇をうまく言語化できない人もいます。どんなことに対して悩んでいるかについて、表情や仕草といった非言語的な要素からも洞察できる力があれば、より相手の心に寄り添ったカウンセリングができるでしょう。優れた観察眼を養うには、知識を身につけるだけでなく、訓練や経験の積み重ねが不可欠です。洞察力を磨いておき、相談者の言動に気になる部分があれば、どのような心理が潜んでいるかを的確に察知できなければなりません。

『 他者の意見を受け入れる包容力がある 』

だいぶ兼ね備えている

心理問題の専門家である公認心理師に相談する人は、精神的に追い詰められて、余裕がなくなっているケースも多いものです。心が弱くなっている時に、他者から否定されてしまうと、大きなダメージを受けてしまいます。包容力があって、相手の話を優しく受け止められる人であれば、相談者の心を軽くすることもできるでしょう。自分とは異なる価値観を持った相談者であっても、その価値観を受容することが大切です。

『 人と程よい距離感を保てる 』

そこそこ兼ね備えている

プライベートな悩みを打ち明ける相談者と公認心理師の間には、信頼関係は不可欠です。しかし、あまりにも距離が近くなり過ぎてしまうと、相談者が自ら解決策を見つける力を奪ってしまうことにもなりかねません。共依存の関係になってしまうのは危険です。相手とほどよい距離感を保って相談に応じる姿勢を心掛けてください。

スポンサーリンク

『 感受性が強すぎない 』

あまり兼ね備えていない

相談者からどれほど衝撃的な事実を打ち明けられることがあっても、公認心理師は動揺を見せずに、冷静沈着でいることが不可欠です。感受性が強すぎると、相手に対して共感をするだけでなく、公認心理師自身も情緒不安定になってしまう可能性があります。あまりにも感受性が強く、センシティブな人は、カウンセリングを続けるのが難しいこともあるでしょう。何事があってもドンと構えていられる位の安定感と度胸が必要な職業だと考えておいて下さい。

『 言葉を適切に選んで話せる 』

十分に兼ね備えている

公認心理師は、聴く力と共に話す力が求められる仕事です。語彙力が豊富で、その場に応じて言葉を適切に選んで話せる人は、公認心理師の適性があると言えます。自分を責めてしまいがちな人に対して心無い言葉を放ってしまうと、相談者の心の傷を抉ってしまうこともあるので、言葉選びには十分に注意を払います。

『 人の秘密を守れる 』

十分に兼ね備えている

公認心理師は、プライバシーを遵守することが特に大切な職業です。打ち明けられた相談事に関しては、家族や親しい友人に対しても一切話してはいけません。例え話のような形であっても、仕事上に知り得た情報について触れることは禁物です。口が堅く、相手のプライバシーに配慮できる人は、公認心理師に適しているでしょう。

『 地域社会に貢献する意識が高い 』

十分に兼ね備えている

カウンセリングを続けているなかで、公認心理師だけでは解決し切れないと判断した場合には、心療内科や精神科に紹介をすることも大切です。高齢の相談者であれば、地域包括センターへつなぐことが必要な場合もあるでしょう。公認心理師は、地域の医療や福祉と密接に連携して、心の悩みの解決に向けた支援ができる環境を整えることが求められます。公認心理師の判断ひとつで、相談者の心の問題が軽くなることもあれば、重くなることもあると認識し、責任を持って判断するようにします。

『 向学心や勉学意欲がある 』

十分に兼ね備えている

心理学や精神医学の世界は、日々研究が進んでいます。公認心理師としての仕事を続ける上では、新しい知識を吸収し、カウンセリングにも取り入れてゆく意欲が必要です。多様な年齢や立場の相談者に対して柔軟に対応するためには、幅広い素養を持つことが求められます。時事問題に対してもアンテナを張り、時代の流れや社会問題についての理解を深めるようにしましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの公認心理師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る