理想の就活/転職のための
自己分析サイト

介護ヘルパーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今介護ヘルパーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい介護ヘルパーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの介護ヘルパー適性診断結果

あなたの適性度は52%で、介護ヘルパーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。介護ヘルパーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

介護ヘルパーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人との関わりが好き
2.責任感が強い
3.臨機応変に考えられる
4.コミュニケーション能力が高い
5.相手の立場に立って考えられる
6.気持ちの切り替えが上手い
7.いつも元気で笑顔を絶やさない
8.冷静に判断できる
9.体力に自信がある
10.家事が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人との関わりが好き 』

だいぶ兼ね備えている

介護ヘルパーは1日に複数の利用者宅を訪問していきます。どれぐらいの件数を担当するかは個人差がありますが、1日あたり5~10件ほどの仕事を受け持つのが一般的です。担当する件数が多いほど、接する人の数も増えていき、利用者やその家族、同僚のスタッフなど、仕事中は常に誰かしらと顔を突き合わせる事になります。そのため、「人が好き」「人と関わりを持つ仕事がしたい」というタイプに向いている仕事と言えます。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

介護ヘルパーは一人で利用者宅を訪問し、身体介助や生活援助、通院介助を行っていきます。近くに誰か頼れる人がいる訳ではないので、何事にも責任を持って行動していかなければいけません。自分の仕事ぶりを誰にも見られていないからと、適当に作業を済ませていると、利用者や家族から不信感を抱かれ、事業所の信用問題にまで発展してしまいます。つまり介護ヘルパーとして働くには、どのような場面であろうとも、自分の役割をきっちりと果たせる責任感の強さが必要な資質となります。

『 臨機応変に考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

介護ヘルパーが仕事をする場所は利用者の自宅内です。各家庭によって部屋の様子は違い、家事のルールも異なります。もしかするとマニュアルに書かれている通りに作業を進めるのは困難なケースもあるかもしれません。ただそんな時は、利用者の要望になるべく応えられるような臨機応変さも必要になります。頭が柔らかく柔軟性がある人なら、その場その場に応じて対応できるので、利用者からも厚い信頼が得られるかもしれません。

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

質の高いサービスを提供していくには、利用者やその家族、同僚のスタッフとの円滑なコミュニケーションは欠かせません。お互いに情報を共有していくことでサービスが向上し、事故やトラブルの発生を未然に防ぐことが出来るのです。決して高度なコミュニケーション能力が求められている訳ではなく、挨拶や日常会話を普通に出来る人なら問題ありません。また話をするだけではなく、人の話を聞く力も大切になってきます。

『 相手の立場に立って考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

利用者によって性格や考え方は異なります。他の利用者には好評だった事、良かれと思ってやった事でも、負担に感じる人はいます。「必要ない」とハッキリと断れる人は良いですが、皆がそのようなタイプではありません。介護ヘルパーは自分本位に仕事をしていくのではなく、まずは相手の気持ちを尊重することが大事です。相手の立場に立ち、一人ひとりと向き合って仕事が出来る人であれば、利用者も安心してサービスを受けられるようになります。

スポンサーリンク

『 気持ちの切り替えが上手い 』

だいぶ兼ね備えている

人を相手にする仕事だけに、時に利用者や家族から心無いことを言われる事があります。また勘違いやうっかりミスが、思わぬトラブルに発展してしまうかもしれません。もちろん自分の過ちならきちんと反省する必要がありますが、いつまでも落ち込んでいると、また新たなミスを起こす可能性が出てきます。良い意味で立ち直りが早い、気持ちの切り替えが上手い人はストレスを溜めず、長くヘルパーとして活躍できるかもしれません。

『 いつも元気で笑顔を絶やさない 』

そこそこ兼ね備えている

介護サービスを利用するのは、ほとんどが高齢者です。高齢者によって身体の状態にも差がありますが、耳が遠くなっている人も多いです。つまりボソボソと小さな声で話しかけると利用者は聞き取れず、その結果、連絡漏れや勘違いが生じる可能性が出てきます。サービスを提供する相手は高齢者となると、普段から元気でハキハキと話せる人に適した仕事と言えます。また、いつもニコニコと笑顔を絶やさないヘルパーであれば、利用者も話がしやすく、遠慮なく要望を伝えられるようになります。

『 冷静に判断できる 』

あまり兼ね備えていない

高齢の利用者を相手にする仕事は、突然のトラブルも付き物です。利用者の体調が急に悪くなったり、つまずいて怪我をする事もあります。責任感が強い人は、自分で何とかしなければいけないと考えがちですが、まずは責任者に報告し、どのように対応すべきか指示を仰がなければいけません。そういった意味では、どんな場面でも冷静に判断できる人が現場で求められます。

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

介護ヘルパーが行う身体介護には、利用者の着替えや移動介助、床ずれ予防の体位変換などが含まれます。体が不自由な利用者の場合は、全体重がヘルパーの腰や腕にのしかかってくるため、かなりの体力を消耗します。日によっては10件近くの件数をこなさなければいけない時もありますが、途中で疲れ切ってしまうと仕事になりません。ヘルパーの仕事を続けていけば、自然と体も慣れていきますが、ある程度の体力は備わっている必要があります。

『 家事が得意 』

だいぶ兼ね備えている

料理や洗濯、掃除といった生活援助も介護ヘルパーの大切な役割です。人によっては料理が苦手、掃除が得意といったように得意不得意があるかもしれません。何か不得意な仕事があっても、事業所が上手く調整してくれるので心配する必要はありませんが、何でもオールマイティにこなせる人は仕事を選ばないので、より収入が高くなる可能性があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの介護ヘルパー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る