理想の就活/転職のための
自己分析サイト

キャリアコンサルタント適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今キャリアコンサルタントの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいキャリアコンサルタントに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのキャリアコンサルタント適性診断結果

あなたの適性度は56%で、キャリアコンサルタントの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。キャリアコンサルタントを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

キャリアコンサルタントに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.多様な仕事に興味がある
2.話を聞くのが上手い
3.論理的な説明が得意
4.情報の収集と整理が得意
5.相手目線で考えることができる
6.文章力がある
7.強いこだわりがない
8.ポジティブ思考
9.専門分野を理解する努力ができる
10.献身的な態度で仕事ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 多様な仕事に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

キャリアコンサルタントの適性としてまず挙げられるのは、さまざまな種類の仕事に興味関心があることです。キャリアコンサルタントになると仕事探しをしている人にぴったりの仕事の求人を紹介できる必要があります。仕事に対する理解が深く広いのはキャリアコンサルタントに欠かせないことです。興味がないとなかなか知識が付かないので、キャリアに関心があるかどうかは重要なポイントです。

『 話を聞くのが上手い 』

あまり兼ね備えていない

キャリアコンサルタントはヒアリングスキルがある人にとってうってつけの職業です。相手が何を希望しているのかを詳しく聞き出すことからキャリアコンサルタントの仕事は始まります。説明が得意な人ばかりではないので、キャリアプランを立てて求人を紹介できるように質問をして重要なポイントを聞き出すのが重要です。聞き上手と言われている人はキャリアコンサルタントに向いているでしょう。

『 論理的な説明が得意 』

そこそこ兼ね備えている

キャリアコンサルタントは求職活動をしている人に、この求人に応募したいと思ってもらえるようにするのが重要になります。そのために必要なのが論理的な説明をする能力です。論理を組み立てて求職者が求めている魅力的な仕事ができる求人だと理解してもらう必要があります。客観的な視点を重視しつつ、相手の意向を踏まえて論理を組み立てられる力がある人はキャリアコンサルタントに向いています。

『 情報の収集と整理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

情報の収集と整理が得意なのはキャリアコンサルタントの特徴です。求職活動中の人から話を聞いて、情報を速やかに整理してどのような仕事が合っているかを判断する力が求められるからです。また、求人を紹介するには莫大な量のデータベースから情報を収集して適切なものを選び出さなければなりません。情報の収集をして整理をするのが得意な人はキャリアコンサルタントとして活躍できるでしょう。

『 相手目線で考えることができる 』

十分に兼ね備えている

もっと良い仕事を探したいという人のサポートをするのがキャリアコンサルタントの仕事なので、相手の視点で判断する力があると活躍できます。キャリアコンサルタントは自分の主観で判断して求人を紹介するのではなく、相手の視点でベストな求人をピックアップするのが大切です。徹底したヒアリングをして相手の視点を理解し、納得してくれる求人を選び出して提案する力が求められます。

スポンサーリンク

『 文章力がある 』

そこそこ兼ね備えている

文章力がある人はキャリアコンサルタントに向いています。キャリアコンサルタントは就職や転職をしようとしている人の履歴書や職務経歴書の添削をすることが多いからです。魅力を端的にわかりやすくアピールできる文章になるように添削できると、信頼されるキャリアコンサルタントになれます。実績も付いてくることが多いので、大きな成功を遂げられると期待できます。

『 強いこだわりがない 』

そこそこ兼ね備えている

キャリアコンサルタントの特徴として強いこだわりを持っていない人が多いことが挙げられます。これをやらなければならないといった考え方がなく、人によって違いがあるからそれぞれの考え方で判断して当たり前だという考えを持っている人が目立ちます。キャリアコンサルタントは相手の意向に沿うことが必要なので、自分の考えに固執しない人ほど活躍できる職業です。

『 ポジティブ思考 』

だいぶ兼ね備えている

キャリアコンサルタントにはポジティブシンキングができる人が向いています。転職しようと思い立った人を後押しして本格的に求人応募を始めさせることが重要な役割だからです。また、求人に応募して落ちてしまった人の気持ちを奮い立たせて、次にチャレンジする気持ちを持たせるのも大切です。ポジティブシンキングができると相手に前向きな気持ちを持たせることができるため、キャリアコンサルタントとして成功できます。

『 専門分野を理解する努力ができる 』

そこそこ兼ね備えている

キャリアコンサルタントはさまざまな種類の専門職の人を相手にすることがあります。専門分野のスキルや経験の価値がどのくらいなのかがわからずに困ることもないわけではありません。しかし、そのタイミングで専門分野の理解をする努力をすれば、相手からも信頼されるでしょう。キャリアコンサルタントとして成功している人は専門分野の理解をする努力ができる傾向があります。

『 献身的な態度で仕事ができる 』

あまり兼ね備えていない

キャリアコンサルタントにとって重要なのは求職活動をしている人が付き合っていて心地よいと思うような付き合い方ができることです。献身的な態度で仕事ができるのは重要なポイントになります。求職活動でストレスを抱えている人を相手にするのがキャリアコンサルタントの仕事です。営業に近いスタンスで献身的に対応し、満足を引き出すというスタンスを保てる人に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのキャリアコンサルタント適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る