理想の就活/転職のための
自己分析サイト

カフェオーナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今カフェオーナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいカフェオーナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのカフェオーナー適性診断結果

あなたの適性度は53%で、カフェオーナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。カフェオーナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

カフェオーナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.経営に関する知識がある
2.食に関心が深く探求心がある
3.人やスケジュールの管理が得意
4.コミュニケーション能力がある
5.ホスピタリティ精神がある
6.指導力がある
7.体力がある
8.人心掌握術に長けている
9.目標を設定してコツコツ頑張れる
10.基本的なITの知識がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 経営に関する知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

カフェオーナーは、経営者としてカフェを運営していかなければなりません。売上を上げることができなければ、必要な食材を仕入れることもできないほか、スタッフに給料を払うこともできません。そのため、カフェオーナーには経営能力が必要となります。売り上げのデータを分析して経営方針を模索したり、売上を上げるための施策を練ったりしなければならないからです。ある程度数字に強くなければ売り上げデータを読み解くこともできないので、経理の基礎知識も身につけておく方が良いでしょう。

『 食に関心が深く探求心がある 』

あまり兼ね備えていない

カフェでは食事やドリンクを提供するため、カフェオーナーは食に関心がある人に向いています。また、色々なカフェ巡りをして、他のお店ではどのようなメニューが人気なのかチェックするなど探求心も必要になります。色々なものにアンテナを張り巡らしトレンドとなるようなメニューを考案できれば、話題になりカフェの知名度を上げることもできます。常に好奇心を持って食に接している人は、カフェオーナーの素質があるでしょう。

『 人やスケジュールの管理が得意 』

そこそこ兼ね備えている

カフェオーナーは、食材の仕入れ項目をチェックして注文したり、スタッフのシフトを組んだりすることもあります。そのため、管理能力が優れていることもカフェオーナーに求められる資質です。カフェオーナーの管理能力が低いと、営業時間中に食材が不足して提供できないメニューが出てきたり、スタッフのシフトが上手く組めず人手不足になったりすることもあります。カフェの円滑な運営のためには、管理能力を身につけておく必要があるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

カフェオーナーはお客さんはもちろん、取引先の人やスタッフともにコミュニケーションを取らなければいけない立場なので、コミュニケーション能力が必要です。お客さんが話しかけづらい雰囲気を出しているとリピーターが増えないため、集客力にも影響が出てしまいます。誰もがフランクに話せる人柄でありながらも、大切なことはしっかり伝えられる対話力が求められます。

『 ホスピタリティ精神がある 』

兼ね備えていない

カフェはお客さんが来てくれなければ商売が成り立たないため、カフェオーナーにはホスピタリティ精神が求められます。お客さんがどのようなメニューを求めているのか、どんな雰囲気のカフェが心地良いのかなど、おもてなしの精神を持って経営にあたることが大事です。利益だけを追求するのではなく、心のこもった経営ができるカフェオーナーがビジネスを成功させられるでしょう。

スポンサーリンク

『 指導力がある 』

だいぶ兼ね備えている

カフェを円滑に運営するためには、人材の育成も必要になります。そのため、カフェオーナーには指導力も求められます。カフェはカフェオーナーが一人で回せるわけではないので、不在の時でも店を切り盛りしてくれる人材を育てなければなりません。スタッフの接客態度が悪いと集客力も悪くなるため、徹底した指導も必要になります。店長として店を任せる人材を育成できれば、支店を増やすなど夢も広がるでしょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

カフェオーナーはお店の業務と経営の兼業をすることが多いため、体力が必要な仕事です。すぐに体調を壊して休みがちなオーナーの下では、スタッフの士気も上がらないでしょう。スタッフが足りない時には自分が代わりに入るぐらいの気概がある人でないと、カフェオーナーは務まりません。

『 人心掌握術に長けている 』

十分に兼ね備えている

飲食業界は人手不足のせいか、やむなくワンオペを強いられているお店もあります。そのため、カフェオーナーはずっとここで働きたいとスタッフに思わせるような、人心掌握術に長けている人に向いています。思いやりを持って接したり、悩みを聞いてあげたりなどして、スタッフの心を掴むことができる人に向いています。また、人心掌握術に長けていることは、お客さんを増やすことにも繋がります。

『 目標を設定してコツコツ頑張れる 』

十分に兼ね備えている

カフェの経営をしていく中で、経営状態が悪化することもあります。そのため、カフェオーナーは逆境の時であっても、目標を設定してコツコツと頑張れる人に向いています。経営状態が少し悪くなったからといって諦めたり、すぐに投げ出してしまう人には向いていない仕事です。目標を設定し、実現するためにはどのようなことをすればよいのか的確に判断し、実行できる人がカフェオーナーの資質を持っています。

『 基本的なITの知識がある 』

兼ね備えていない

カフェを運営していくためには、基本的なITの知識が必要です。ホームページを立ち上げたり、SNSで発信したりして集客力を上げたりするほか、売上の管理はパソコン上で行うのが一般的です。ITを使いこなせないと効率的に業務をこなすことは難しいため、苦手な場合は少しずつ知識を身につけておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのカフェオーナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る