理想の就活/転職のための
自己分析サイト

キャビンアテンダント適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今キャビンアテンダントの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいキャビンアテンダントに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのキャビンアテンダント適性診断結果

あなたの適性度は56%で、キャビンアテンダントの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。キャビンアテンダントを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

キャビンアテンダントに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.自己管理力がある
2.コミュニケーション能力がある
3.体力がある
4.気配りができる
5.協調性がある
6.多くの人に好印象を与えられる
7.冷静に対処できる
8.人と関わるのが好き
9.英語が得意
10.精神的にタフ
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 自己管理力がある 』

あまり兼ね備えていない

キャビンアテンダントとしてやっていくには、何よりも自己管理力が必要不可欠です。キャビンアテンダントは勤務がシフト制となるので、勤務時間がバラバラです。国際線を担当する場合は、大きな時差や10時間以上のフライトを経験することもあるでしょう。フライトで各地を訪れる中で、自己管理ができなければ、体調を崩してしまいます。したがって自分の体調をしっかり管理する能力が求められています。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

コミュニケーション能力が優れていることもキャビンアテンダントにはとても重要な能力です。この職業は、お客様と関わったり、パイロットや地上スタッフと一緒に仕事をしたりする機会があります。特に機内にはさまざまなお客様がいるので、どのような人でも苦手意識をもたずに関わるべきです。これらはコミュニケーション能力がベースになります。キャビンアテンダントを目指そうと考えているなら、コミュニケーション能力が重要だと認識しておきましょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

体力があることもキャビンアテンダントには求められます。国内線の場合は、1日に3フライトから4フライトを担当したり、連続で勤務したりすることも多いでしょう。重いカートの操作やお客様の手荷物を収納するなどといった肉体労働も、キャビンアテンダントの仕事の1つです。ゆえに、ハードな仕事にも耐えられるような体力が求められます。自分は体力に自信があると感じるのであれば、キャビンアテンダントの素養があると言っていいでしょう。

『 気配りができる 』

だいぶ兼ね備えている

気配りができることもキャビンアテンダントに必要な大事な能力です。あらゆる年齢層や国籍の乗客に快適なサービスを提供するためには、相手のことを思いやって先回りするといった気配りが必要です。体調の悪そうな乗客や困っている方がいたら声をかけるなどの細やかな接客は特に喜ばれるでしょう。

『 協調性がある 』

十分に兼ね備えている

整備士やパイロットなどと連携をとる必要があるキャビンアテンダントには、協調性が必要不可欠です。フライトの度に違うメンバーと仕事を行います。限られた時間で、チームメンバーとミスなく業務を遂行する協調性が求められるのです。自分の担当以外の業務は関わりたくない、グループでの作業をサボりがちといった方には向いていないでしょう。

スポンサーリンク

『 多くの人に好印象を与えられる 』

そこそこ兼ね備えている

さまざまな方と接するのがキャビンアテンダントの仕事の基本です。採用試験でも人柄が重視される傾向にあります。特に人間的な魅力を持っているかどうか、言葉遣いやマナーは、キャビンアテンダントになるために重要です。また、清潔感や笑顔といった要素も重視される傾向です。これらは、飛行機を利用する方にとって安心感を与えてくれます。優れた人間性を持っていると周りからよく言われることがあれば、キャビンアテンダントは向いていると言えるでしょう。

『 冷静に対処できる 』

そこそこ兼ね備えている

機内では、緊急着陸や飛行機の事故などの想定外の事態が発生することもよくあります。そのようなことが起こった際は、冷静に迅速な判断を行う必要があるため、知性がある人でなければキャビンアテンダントの仕事は務まらないと言えるでしょう。周りを観察して状況を的確に把握する力がある、判断力が優れている方に向いています。

『 人と関わるのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

人と関わるのが好きという場合はキャビンアテンダントに適性があると言えます。この仕事は、お客様をもてなすサービス業の1つなので、人と話すのが好きな方はやりがいを感じられるでしょう。一方で人と関わるのが苦手な場合は、かなり苦痛なはずです。人の顔や名前を覚えるのが得意といった強みを持っている方もキャビンアテンダントに向いていると言えます。

『 英語が得意 』

そこそこ兼ね備えている

キャビンアテンダントには英語力も求められます。日本に観光で訪れる外国人もよく飛行機を利用するため、どうしても英語が欠かせなくなります。また、航空会社の採用試験に応募するときに英語の資格が必須です。航空会社によってはTOEICなどで一定の基準を満たさないと、応募できない可能性もあります。英語が得意であることは、キャビンアテンダントになりたい方にとって有利に働くでしょう。

『 精神的にタフ 』

あまり兼ね備えていない

前に座る子どもがうるさいなどの理不尽なクレームを受けることもあるキャビンアテンダント。これを乗り越えるには、精神的な強さが必要になります。乗客のクレームだけでなく、万が一、非常時に緊急事態が発生したら冷静に対処する必要があるため、精神的な強さがなければキャビンアテンダントの仕事は務まらないと言えるでしょう。ポジティブ思考で、ストレス耐性がある方に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのキャビンアテンダント適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る