理想の就活/転職のための
自己分析サイト

事業開発に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今事業開発の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい事業開発に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの事業開発適性診断結果

あなたの適性度は65%で、事業開発の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。事業開発を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

事業開発に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.ビジネスに詳しい
2.経営に興味がある
3.情報収集力がある
4.度胸がある
5.企画力がある
6.プレゼンテーションが得意
7.発想力がある
8.論理的思考力がある
9.チャレンジ精神がある
10.起きうるリスクを想定できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 ビジネスに詳しい 』

兼ね備えていない

ビジネスについて全般的に詳しい人は事業開発に向いています。事業開発は新しい事業を企画して実際に事業として進めていくのが仕事です。ビジネスモデルを考えて利益を生み出せる仕組みを作ることが不可欠です。単純に収益モデルを考えるだけでなく、事業によって副次的にもたらされるベネフィットも考慮して事業企画を作れることが必要になります。ビジネスに詳しいことは事業開発を担当する上で必須でしょう。

『 経営に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

経営に興味関心が深くて知識がある人は事業開発に適しています。新しい事業を起ち上げるのは経営に大きな影響があります。経営について理解があると、企業の経営計画や財務状況などを加味して適切な事業を厳選して提案することが可能です。経営の知識がなくても事業開発はできますが、より企業として計画に沿った成長をしやすい事業の提案と開発を進められるため、大きな成果を上げられる可能性が高くなります。

『 情報収集力がある 』

だいぶ兼ね備えている

事業開発の仕事で成功している人は情報収集力があるのが特徴です。事業開発では市場やクライアントなどの情報を集めることが欠かせません。自社にとって参入しやすい市場を見つけたり、ニーズが高い業界のクライアントにコンタクトを取ったりするのは事業開発をする上で必要不可欠です。情報収集力があるとさまざまな情報を加味して事業開発戦略を考えられるため、他の人にはない提案ができるでしょう。

『 度胸がある 』

そこそこ兼ね備えている

事業開発で活躍している人に共通しているのは度胸があることです。事業開発では新しい発想を盛り込んで企画を立てることが重要になります。前例がないから提案しても無理かもしれないという不安に駆られることもありますが、斬新な事業ですぐに承認されるケースもあります。不安があっても提案できる度胸があるのは事業開発にとって重要です。

『 企画力がある 』

だいぶ兼ね備えている

企画力がある人は事業開発に適しています。新規事業を開発するときには企画をして戦略や活動計画などをまとめることが求められるからです。企画が優れていれば十分な予算を獲得して事業開発を推進することができます。企画力があるのは事業開発の担当者として成功できるかどうかを分ける重要なポイントです。

スポンサーリンク

『 プレゼンテーションが得意 』

十分に兼ね備えている

プレゼンテーション能力がある人は事業開発で活躍できるでしょう。事業開発では内外に対してプレゼンテーションをする機会がたくさんあります。事業開発の企画を立てたら社内向けにプレゼンテーションをして、上長からの承認を得ることが必要です。一方、他社を巻き込んで進める事業では、関連する企業を訪問して新事業のコンセプトなどをプレゼンテーションしなければなりません。社内か社外かによって求められるプレゼンテーションの内容も異なります。どちらにも対応できるプレゼンテーション能力があるのが理想的です。

『 発想力がある 』

十分に兼ね備えている

発想力がある人は事業開発で成功できます。誰でも考えられるような事業企画を立てて推進しても、競合他社に比べて優位に立てることはあまりありません。他の人にはない発想を盛り込んだ企画を立てて事業開発に取り組む力がある人は新規性を生み出すので重宝されます。新しい発想で事業を進めると失敗することもありますが、成功したときのインパクトはとても大きいので事業開発では重要視されているポイントです。

『 論理的思考力がある 』

そこそこ兼ね備えている

論理的思考力があるのは事業開発の仕事をするには欠かせません。新規事業を起ち上げるときには自社が経験していない事業のメリット・デメリットを取締役に理解してもらう必要があります。論理的に話を展開して、事業によるメリットがあることを示せなければなりません。自分がやりたいという主観に基づく提案ではなく、客観的な視点で企業に利益をもたらすことを示せると事業開発の担当者として活躍できます。

『 チャレンジ精神がある 』

十分に兼ね備えている

チャレンジ精神を持っていて、新しいことをやろうという気持ちが強い人は事業開発に向いています。事業開発はすべて成功するわけではなく、むしろ失敗する方が多いのが実情です。失敗しても良いからチャレンジしたいという気持ちを持っている人は次々に新しい事業に取り組み、最終的には成果につながる事業を生み出せます。

『 起きうるリスクを想定できる 』

そこそこ兼ね備えている

事業開発を仕事にするときにはリスクを深く考えて、何が起こり得るかを想定できることが欠かせません。新規事業の社内承認を得るときにはリスクについての詳しい説明を求められることがよくあります。想定されるリスクを網羅的に考えて、それぞれに対してどのような打開策があるのかを示せると敏腕な事業開発の担当者として認めてもらえます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの事業開発適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る