理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

個人営業に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今個人営業の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい個人営業に
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

個人営業に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの個人営業適性診断結果

あなたの適性度は53%で、個人営業の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。個人営業を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

個人営業に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.相手の悩みや課題に気付くことができる
2.コミュニケーション能力がある
3.聞き上手
4.新しいアイデアを出すのが得意
5.気持ちの切り替えが得意
6.人を説得するのが得意
7.諦めずコツコツ続けることができる
8.笑顔が良いと言われる
9.話し方が柔らかい
10.行動力がある
↓営業職の就職・転職ならdodaがオススメ↓
\この診断を受けたい方はコチラ/
個人営業適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 相手の悩みや課題に気付くことができる 』

だいぶ兼ね備えている

営業は一見、物を売る仕事のように感じますが、実際は相手の課題を見つけてその解決策を考えることが基本です。そして、自社の商品サービスを用いて悩みを解決できないか、考えていくのです。それゆえに、まずはお客さんの抱えている問題に気付けるかどうかが重要になってきます。その部分を抜かして、ただ物を売り付けても契約は取れないでしょう。人の困り事や辛い部分に気付ける人は個人営業に適しています。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

個人営業は初対面の相手がお客さんになるケースが多いです。老若男女問わずさまざまな人がターゲットになります。強面の人や人見知りの人など、実にいろいろなタイプがいるでしょう。しかし、どんな人が相手であろうとも、気さくにうまく会話を盛り上げていく必要があります。話が続かなければ、商品説明をするまでに至りません。やはり、コミュニケーション能力は営業職には欠かせないと言えます。どんな人とも上手にコミュニケーションが取れる人は営業に向いています。

『 聞き上手 』

兼ね備えていない

営業というと、商品プレゼンや説明、アピール力が必要というイメージがあるでしょう。けれども、本当のところ求められるのはヒアリング力です。つまり、自分が話すよりも聞き上手であることが必要なのです。商品の説明がいくらうまくても、お客さんの話を聞いて気持ちに寄り添えない営業マンは契約は取れません。なぜなら、自分が喋るばかりではお客さんは心を開いてくれませんし、お客さんの悩みも解決しないからです。聞き上手であることは、営業をするにあたって大きな強みになります。

『 新しいアイデアを出すのが得意 』

十分に兼ね備えている

どうすればお客さんの悩みを解決できるのか、そしてどんな風に話せばお客さんが信頼して心を開いてくれるのか、とにかく個人営業は、常にアイデアを考えなければなりません。普段からいろいろなシチュエーションで、良きアイデアを考えつく人は営業の仕事が合っていると言えます。いざという時に自分の力で手段や対策が閃く人は、営業で壁にぶつかった時も乗り越えるアイデアが思いつくのではないでしょうか。頭を使って知恵を絞ることができる人も強いはずです。

『 気持ちの切り替えが得意 』

十分に兼ね備えている

営業は実際のところ、あっけなく断られてしまうケースも多いです。スムーズに契約に至ることは稀で、時にはとても冷たい断り方をされる場合もあります。それでも、毎回落ち込んでいては前に進めません。できる営業マンは、断られてもすぐに次へと気持ちを切り替えることができるのです。個人営業は件数をあたることが大切とも言えます。いちいちへこんでいては時間ももったいないです。切り替えの早い性格が求められる仕事です。

スポンサーリンク

『 人を説得するのが得意 』

あまり兼ね備えていない

お客さんが話を聞いてくれて、笑顔で楽しく会話のキャッチボールができていてもそれだけでは契約は取れません。どこかのタイミングで勢いを付けて契約へと押すことも必要です。コミュニケーションは取れても、そこから契約へとつなげることができない営業マンも見られます。それは押す勇気がないことが原因であるケースが多いです。優しい人は、押すのは苦手な場合もあります。「今だ!」と見極めて、思い切って「お客さん、いかがですか?」と切り出すことが重要です。

『 諦めずコツコツ続けることができる 』

そこそこ兼ね備えている

「もう少し考えてみます」と言って断るお客さんはとても多いです。ここで、できる営業マンは、その人の心理を考え続けます。そこで諦めるのではなく、またしばらくして連絡や訪問をするわけです。お客さんとしても、環境や気持ちに変化が生じることもあります。「やっぱり買おう」と思う可能性もあるのです。個人営業で大切なのは、簡単に諦めないこととコツコツ続ける継続力です。これがある人は、努力の結果が報われて契約を取れることでしょう。

『 笑顔が良いと言われる 』

そこそこ兼ね備えている

爽やかな笑顔、優しい笑み、人懐っこい笑い顔は営業マンにとって大きな武器です。笑顔が素敵であれば、お客さんは少しずつ警戒心も解けます。話しやすいと思ってもらえることでしょう。どうしても無表情になってしまいがちな人は、普段から笑顔でいる練習をすることが必要です。笑顔に自信がある人は、商品を売る前に笑顔で自分を売ることができます。

『 話し方が柔らかい 』

そこそこ兼ね備えている

初対面のお客さんは、営業マンと知るととても警戒するものです。いかに警戒されずに信頼関係を築けるかは、営業がうまくいくコツとも言えます。そのために大切なポイントとして、話し方が柔らかであることが挙げられます。ゆっくりした物言いや優しい話し方の人は、相手に警戒されにくいです。そして、話も聞いてもらえる可能性が高いでしょう。話し方が柔らかであることは持って生まれた才能でもあります。もちろん、努力次第で優しい口調に近づくことはできます。

『 行動力がある 』

そこそこ兼ね備えている

個人営業にとにかく必要なのは、行動力ではないでしょうか。まず自分の足で行動を起こさなくては何も始まりません。もしも断られてたなら、なぜ断られたのかを考えて、次は成功するようにまた行動していきます。とにかく行動することが営業の根本になります。営業はもちろんマニュアルはありますが、それ以外に自分でどうすれば良いのか考えなければなりません。能動的ではなく主体的であること、自ら考えて動ける力は適性です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの個人営業適性診断結果シェア画像

《 営業職で評判の良い転職サービス3選 》

営業職での転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 hape Agent

└20、30代の営業職に特化した転職エージェントで書類通過率90%以上

\この診断を受けたい方はコチラ/
個人営業適性診断を受ける(2分)

《 個人営業適性診断の質問一覧 》

  • Q1. 悩み相談をよく受ける
  • Q2. 物事をわかりやすく説明するのが得意だ
  • Q3. 人の話を引き出すのが上手い
  • Q4. 新しい企画を出す仕事に興味がある
  • Q5. 辛いことがあっても長い期間引きずらない
  • Q6. 話をすると相手に納得してもらえることが多い
  • Q7. 一度決めたことは最後までやり通すことができる
  • Q8. 第一印象が良いと人から言われる
  • Q9. ゆっくり話すタイプで早口でまくし立てるような事はない
  • Q10. 考えすぎるより思い立ったら即行動がモットーだ
  • Q11. 相手が何を考えているのかわからないことが多い
  • Q12. 人と接するのが苦手だ
  • Q13. 自分に興味がない話題を聞くのは苦痛だ
  • Q14. 自分の意見を求められると困ってしまう
  • Q15. 仕事とプライベートを分けるのが苦手だ
  • Q16. 口下手なので言い合いをすると負けてしまう
  • Q17. 飽き性でやることをコロコロ変える性格だ
  • Q18. 何を考えているのかわからないとよく言われる
  • Q19. 感情的になりやすく強い口調で話してしまう事がある
  • Q20. 物を買うときは徹底的に調べて納得しないと買わない

この適正診断テストでわかること

  • 個人営業に向いているか向いていないか
  • 個人営業の職業適性度
  • 個人営業に必要な10の資質
  • 解説で個人営業に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

個人営業とは?

個人営業とは個人の消費者や個人事業主をターゲットとして営業活動をする職業です。

BtoCビジネスで顧客を獲得するための中心を担うのが個人営業で、多くの人材を集めて多角的な営業展開をしている企業がたくさんあります。

個人営業では個人に対して訪問営業をしたり、電話営業をしたりするのが一般的でした。

近年ではインターネットを活用して個人にアプローチする方法もよく用いられていて、メールやSNSを使っているケースが増えています。

個人に購入や契約をしてもらうことを目的として商品やサービスの紹介をするのが個人営業の主な仕事です。

個人営業になるには?

個人営業になるときに特別なスキルや資格を求められることはほとんどありません。

個人営業になる方法として一般的なのは営業職としてBtoCビジネスをしている企業による採用です。

個人営業は企業の売上に直結する重要な職種なので、新卒採用でも中途採用でも活発に募集されています。

個人営業として採用してもらうには営業に関する基礎的なスキルがあると有利です。

また、ビジネスやマーケティングについての知識があると優遇される傾向があります。

経営学や経済学、マーケティングなどについて勉強しておくと個人営業になりやすいでしょう。

個人営業の給料・年収

個人営業の年収に特化した公的な統計調査はありませんが、求人サイトや転職サイトによる独自調査によって平均年収が算出されています。

個人営業の平均年収は400万円~450万円くらいです。

多くの企業では個人営業に特化した人材を雇用するのではなく営業全般に対応できる人材を選んでいます。

個人営業だけでなく法人営業をしている企業も多いため、統計調査によって正確な平均年収を出すのは困難です。

実際に個人営業として企業で働いている人や転職した人の年収に基づいているので、400万円~450万円という平均年収は妥当なものだと考えられます。

個人営業の就職・転職先(求人)

個人営業は消費者向けの商品やサービスを取り扱っている企業で働くことができます。

健康食品メーカーや化粧品の製造販売業者、ファッションブランドの会社などが典型的な勤務先です。

消費者金融などの金融サービス、医療保険などの保険サービス、人材紹介などの人材サービスでも個人営業が活躍しています。

インターネットサービスや住宅の販売なども個人営業の人材が重宝されている分野です。

BtoCビジネスをしている企業なら個人営業が必要なので、幅広い分野で仕事を探すことができます。

実績を積み上げれば営業部長などへの昇進もできるので将来性がある職業です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0