理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

法人営業に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今法人営業の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい法人営業に
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

法人営業に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの法人営業適性診断結果

あなたの適性度は63%で、法人営業の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。法人営業を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

法人営業に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力がある
2.身なりを清潔に整えられる
3.メンタルが強い
4.ストレス対策が上手い
5.相手の立場になって物事を考えられる
6.モチベーションを長期間キープできる
7.仕事とプライベートの切り替えが上手い
8.プレッシャーを楽しめる
9.気持ちの切り替えが上手い
10.きめ細かい対応ができる
↓営業職の就職・転職ならdodaがオススメ↓
\この診断を受けたい方はコチラ/
法人営業適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

営業の仕事で特に求められるスキルは、コミュニケーション能力です。それが法人営業となれば高額の契約につながるため、いかに相手に不快感を与えることなく、意向を汲み取りつつ提案できるかが重要になります。当然のことながら相手を怒らせてしまえば、交渉は破断となってしまうでしょう。コミュニケーション能力の基本は、相手を不愉快にしないことです。必ずしも話し上手である必要はなく、大切なのは協調性と柔軟性、そして熱意です。

『 身なりを清潔に整えられる 』

十分に兼ね備えている

説明するスキルが卓越しているのに、なぜか契約を取れない営業マンは少なくありません。そうした営業マンには、清潔感がない人が意外と多い現実があります。人はまずは見た目で判断されると肝に銘じておきましょう。内面がどんなに優れていても、初対面では相手にそれが伝わりません。それよりも重視されるのは身なりであり、清潔感のある服装、体毛の処理などは必須となります。服がフケだらけ、ヒゲが伸びているといった見た目では相手に良い印象は与えられません。

『 メンタルが強い 』

十分に兼ね備えている

不景気な時代においても、営業の仕事は募集されていることが多いです。これは向き不向きが明確に分かれる仕事で、合わない人はすぐにやめてしまうからです。法人営業に向いている人の特徴には、メンタルが強くて容易にはめげないことがあります。営業は断られるのが当たり前であり、それに慣れなければ続けられません。相手企業から叱られて、何日も落ち込んでしまう人は法人営業には向いていません。断られてもすぐに気持ちを入れ替えることが重要です。

『 ストレス対策が上手い 』

兼ね備えていない

営業の仕事は思いのほかストレスが溜まるものです。営業が失敗続きでメンタルがやられると、ストレス解消がうまくいかなくなります。メンタルを安定させるためには、ストレス対策が要になります。ストレスが溜まりにくい人がベストですが、そうでない人でも自分に合ったストレス解消法を知っていれば、心身ともに健康な状態で営業ができます。早寝早起き、日々のウォーキング、グルメ巡りなどなど、自分に合ったストレス解消法を探してみてください。

『 相手の立場になって物事を考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

法人営業の仕事では、目の前に営業相手がいます。だからこそ相手の立場になり、相手のメリットを十分に考えたうえで提案できる人が好ましいのです。営業成績を上げたいからと焦ってしまうと、知らず知らずのうちに無理な提案、しつこい営業をしてしまう可能性があります。営業を受ける相手というのは、個人・法人を問わずに契約させられるのを嫌います。契約をするかどうか決めるのはあくまで相手です。そこを忘れてしまうと、相手を怒らせることになりかねません。

スポンサーリンク

『 モチベーションを長期間キープできる 』

十分に兼ね備えている

多くの営業マンがぶつかる壁がモチベーションの維持です。モチベーションが高い時は、気持ちもポジティブで表情は明るくなります。自身の良いところが相手に伝わりやすいため、契約率はアップするのです。一方で、モチベーションが下がっている時は、気持ちが滅入ってしまい、表情は暗くなってしまうでしょう。こうした状態で営業を仕掛けても、円滑なコミュニケーションは難しくなります。モチベーションを保つためには、いかに楽しんで仕事に臨めるかが重要です。

『 仕事とプライベートの切り替えが上手い 』

だいぶ兼ね備えている

できる営業マンほど、仕事とプライベートを明確に分けています。仕事が終わったら、仕事のことは一切考えないという人もいます。営業成績を上げるために本を読んだり、イメージトレーニングをしたりするのは効果的です。一方で、プライベートを犠牲にしてまで頑張ると、心身が休まる暇がなくなってしまいます。良い仕事をするためには、プライベートの充実が欠かせません。休む時はしっかりと休む、遊ぶ時は思い切り遊ぶといった習慣が仕事のモチベーションを生み出すのです。

『 プレッシャーを楽しめる 』

十分に兼ね備えている

プレッシャーといえば多くの人はネガティブに捉えてしまいますが、一方でプレッシャーを原動力に転換できる人もいます。良い意味で自分を追い込むことで、自分の殻を打ち壊せる人もいるのです。たとえば、ノルマは悪者扱いされることが多いですが、ノルマがあるからこそ意欲が生まれるのも事実でしょう。逆にノルマがなければ、甘えが生じてしまう人は少なくありません。適度なプレッシャーは自分を奮い立たせるための薬になるのです。

『 気持ちの切り替えが上手い 』

十分に兼ね備えている

法人営業の仕事にはノルマが課されるのが普通です。適切なノルマは営業成績をアップさせる近道となりますが、ノルマは毎月設定されるのでそれが負担になるという人は少なくありません。ノルマによる精神的負担を軽減するには、気持ちの切り替えがポイントになります。今月の営業成績が悪いからと、そのショックを引きずる人がいますが、メンタルが落ち込んでいると悪循環にはまってしまうことが多いです。今月は今月、来月は来月というように気持ちの切り替えをしっかりと行いましょう。

『 きめ細かい対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

同じ商品の営業をしていても、誰が営業するかによって結果はまるで変わってきます。法人営業の仕事では、営業マンによって売上に5倍以上の差が生じるケースが普通にあります。凄腕営業マンに共通しているのは、相手企業への対応がきめ細かいことです。こまめに連絡を取っている、悪い知らせは真っ先に伝える、お客様の趣味や誕生日を把握しているなどです。そのためには、常に相手目線になり、相手のメリットを考えたうえで行動する必要があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの法人営業適性診断結果シェア画像

《 営業職で評判の良い転職サービス3選 》

営業職での転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 hape Agent

└20、30代の営業職に特化した転職エージェントで書類通過率90%以上

\この診断を受けたい方はコチラ/
法人営業適性診断を受ける(2分)

《 法人営業適性診断の質問一覧 》

  • Q1. 話をして相手に理解してもらうのが得意だ
  • Q2. いつも身だしなみを清潔に保つようにしている
  • Q3. 打たれ強く落ち込むことは少ない
  • Q4. 嫌なことがあっても寝たら忘れるタイプだ
  • Q5. 相手が何を求めているのかすぐ理解できる
  • Q6. 目標に向かって日々努力できる
  • Q7. 仕事で嫌なことがあっても引きずらない
  • Q8. 大事な本番の前日はワクワクする
  • Q9. 終わったことをいつまでもクヨクヨ悩まない
  • Q10. マメに連絡をするタイプだ
  • Q11. 人と話をしても上手く続かない
  • Q12. 洋服は安い物を着れなくなるまで着続ける
  • Q13. ネガティブ思考でつい悪い方に考えてしまう
  • Q14. 没頭できる趣味やスポーツがない
  • Q15. 自分勝手な性格だと思う
  • Q16. 熱しやすく冷めやすいタイプだ
  • Q17. 心配事があると好きな事をしていても楽しめない
  • Q18. 人から期待されると緊張してしまう
  • Q19. ストレスを感じた日は夜眠れなくなる
  • Q20. 大雑把な性格で細かい事は気にしない

この適正診断テストでわかること

  • 法人営業に向いているか向いていないか
  • 法人営業の職業適性度
  • 法人営業に必要な10の資質
  • 解説で法人営業に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

法人営業とは?

法人営業とは、自社の商品やサービスを他の企業や官公庁、一般社団法人や財団法人などに対して営業する仕事です。

BtoBビジネスと呼ばれる法人向けの商材を取り扱っている企業で、商品の販売によって売上を出したり、取引の契約をしたりすることを目的として働きます。

法人営業は新しい取引先を見つけるための新規営業と、取引先との継続的なコミュニケーションを取るためのルート営業が主流です。

企業にとっては今後の売上の向上を目指す上でも、既存の取引先との信頼関係を維持していくためにも、法人営業が欠かせない存在になっています。

法人営業になるには?

法人営業になるには特別な資格は必要ありません。

多くの法人営業の人は大学や短大、高校などを卒業して営業職や総合職として就職しています。

法人営業では経営やビジネスについての知識があると有利です。

大学では経営学科や経済学科、高校では商業高校、専門学校ではビジネス科などで勉強すると法人営業になりやすくなります。

また、ビジネススクールに通って知識を付けるのも効果的な方法です。

新卒採用も中途採用も積極的におこなわれているので、やる気と基礎的なビジネス・経営の知識を持っていれば採用してもらえるチャンスがあります。

法人営業の給料・年収

法人営業の年収は、厚生労働省などによって個別に集計されていないので網羅性の高いデータはありませんが、さまざまな企業による調査結果を踏まえると、400万円~450万円程度です。

法人営業の年収は就職先の企業の売上高や契約数などによって変動することが多く、月単位で給料が変わることもよくあります。

また、BtoBとBtoCのビジネスをしている企業では、営業活動をしやすい法人へのルート営業を若手が勉強するのに適していると考えて新卒に割り当てていることがよくあります。

結果として平均年収にするとやや低い水準になっているのが実情です。

法人営業の就職・転職先(求人)

法人営業の就職先・転職先は多岐にわたっています。

企業や公的機関などを取引先とする商品やサービスを販売・提供している企業であれば、法人営業を抱えていることがほとんどだからです。

初期のベンチャー企業のように営業の人材を抱えずにビジネスを進めている企業もありますが、ある程度の規模に成長した企業では法人営業を増やしてビジネス展開をしている場合がほとんどです。

そのため、法人営業は分野によらずにさまざまな働き先があります。

近年増加しているのはIT関連のビジネスで、システム開発会社やインテグレーターでの募集が目立つようになっています。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0