理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ブライダルコーディネーターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ブライダルコーディネーターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいブライダルコーディネーターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ブライダルコーディネーターに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのブライダルコーディネーター適性診断結果

あなたの適性度は43%で、ブライダルコーディネーターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ブライダルコーディネーターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ブライダルコーディネーターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人に尽くす事に生きがいを感じる
2.人と接するのが好き
3.コミュニケーション能力が高い
4.マナーやルールが備わっている
5.明るくて元気
6.臨機応変に素早く動ける
7.決断力がある
8.前向きでポジティブな性格
9.世の中の流行に敏感
10.パソコン作業が苦にならない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人に尽くす事に生きがいを感じる 』

そこそこ兼ね備えている

新郎新婦はもちろん、ゲストを含めて結婚式をトータルサポートするのがブライダルコーディネーターの仕事です。結婚式は人生の晴れ舞台、参加した人全員に「良い式だった」と振り返ってもらい、大切な思い出の日になるよう尽力する。そのためには、やはり人を楽しませる、喜んでもらうことに心血を注げるか否かが重要になります。人生の大きなイベントに携わるだけに心身共に負担が大きい仕事ですが、人のことを思い人に寄り添える人は適正があると言えるでしょう。

『 人と接するのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ブライダルコーディネーターの仕事は接客に始まり接客に終わります。結婚式の内容について、時には半年以上かけて新郎新婦と打ち合わせを行っていくことになるので、接客が好き、人と話すのが好きという人はブライダルコーディネーターに向いていると言えるでしょう。もちろん、単に話すだけではなく新郎新婦の要望を聞き出し形にしていくことが大切なのですが、それ以前に新郎新婦にとって信頼できるコーディネーターであることが求められるからです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

結婚式はいろいろなスタッフが一丸となって作り上げるものです。料理、花、音響や照明など、様々な部署と協力して仕事をするためには、コミュニケーション能力は必須となります。

『 マナーやルールが備わっている 』

兼ね備えていない

結婚式は新郎新婦が満足すれば成功、という訳ではありません。参列したゲストにも満足して帰ってもらうためには、レベルの高い接客が求められます。どんなに式の雰囲気がカジュアルであっても、スタッフまでカジュアルな態度ではいい加減な印象になってしまうのです。様々な世代や属性のゲストに対応するためには、ルールやマナーを熟知した上で厳格に守らなければなりません。

『 明るくて元気 』

兼ね備えていない

ブライダルコーディネーターは明るい性格の人が向いていると言われます。やはり結婚式はおめでたい場なので、「明るく引っ張ってくれる人」「ムードメーカーとして一緒に企画を考えてくれる人」が華やかな結婚式を一緒に作り上げる担当として求められることが多いからです。とはいえ、全てのブライダルコーディネーターが明るくテンションが高い訳ではありません。伝統的な和風結婚式など、しっとりした結婚式を望むカップルも多いため、物静かで落ち着いた雰囲気があるコーディネーターもいるのです。

スポンサーリンク

『 臨機応変に素早く動ける 』

兼ね備えていない

結婚式はトラブルがつきもの。どんなに準備をし、どんなに起こり得るハプニングを想定し備えていたとしても、当日思いも寄らない事態が起こることがよくあります。そんなとき、新郎新婦と一緒にコーディネーターが慌てていてはお話になりません。突発的な事柄にもいち早く対応しスタッフに適切な指示を飛ばせるか否かが非常に重要になります。

『 決断力がある 』

あまり兼ね備えていない

結婚式は一度きりの大切な場面です。それだけにどんなものにするか、新郎新婦はあれこれ迷うことになります。しかしコーディネーターはいつまでも一緒に悩んでいられません。お客様の望んでいることを正確に読み取り、アイディアを提案する。そのための行動力と決断力が非常に大切な適正になります。

『 前向きでポジティブな性格 』

そこそこ兼ね備えている

ブライダル業界はクレームが非常に多いところです。やはり人生の晴れ舞台だけに、ちょっとしたことでもクレームに繋がってしまいます。もちろん取り返しの付かないようなことが起こり、大きなクレームや弁護士が出てくる事態に発展することもあります。クレームが多ければ当然気持ちは落ち込みますし、仕事に自信がなくなってしまうことも多くなります。そのため、ブライダルコーディネーターはミスをしても落ち込んだ気持ちを次に引き摺らないことが大切になります。『結婚式』を扱っている以上、「次来て頂いたときに謝罪して挽回する」ということもできません。そのため起こってしまったミスはしっかり反省し、次の仕事で取り返すという前向きな姿勢も重要になります。

『 世の中の流行に敏感 』

そこそこ兼ね備えている

結婚式も多様化しています。昔は型通りの式を挙げるカップルが多かったですが、現在は自分達なりのオリジナルの式を挙げたいというカップルが増加。じみ婚、プチ婚、おめでた婚、プラチナ婚など形態もいろいろになっています。ブライダルコーディネーターとしていろいろな客層に対応するためには、常に情報を仕入れて知識やスキルをアップデートする必要があります。また、演出にも流行があるので、常にアンテナを張っておく必要があるでしょう。

『 パソコン作業が苦にならない 』

十分に兼ね備えている

ブライダルコーディネーターの仕事には、書類作成やデータ入力と言ったパソコン作業もあります。特に書類作成は多いので、パソコン操作が苦手だと辛いかもしれません。事務仕事でないだけにパソコン環境が整っていない職場も多く、対応できるかどうかで向き不向きが分かれます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのブライダルコーディネーター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

2位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

この適正診断テストでわかること

  • ブライダルコーディネーターに向いているか向いていないか
  • ブライダルコーディネーターの職業適性度
  • ブライダルコーディネーターに必要な10の資質
  • 解説でブライダルコーディネーターに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ブライダルコーディネーターとは?

ブライダルコーディネーターはこれから結婚式を挙げたいと思っているカップルから相談を受けて、結婚式の設計や準備のサポートをする職種です。

カップルが理想として考えている結婚式を実現できるようにさまざまなサポートをしています。

結婚式場選びや衣装選び、披露宴のプログラムの相談や式次第の作成、結婚式の招待状の作成や送付、当日の式場設営や後片付けといった業務が代表例です。

結婚式の司会進行役を手配したり、自ら務めたりすることもあります。

結婚式の準備から片付けまで幅広くカップルの相談を受けて対応するのがブライダルコーディネーターの仕事です。

ブライダルコーディネーターになるには?

ブライダルコーディネーターになるには特別に資格は必要がありません。

ウエディングプランナーなどのブライダル業界の民間資格を持っていると有利ですが、就職してから取得する人が多くなっています。

ブライダルコーディネーターになるには典型的な道があるわけではなく、大学や短大などを卒業した人がブライダル業界に入って専門職として選んでいるのが一般的です。

ブライダルコーディネーターには営業力やコンサルティング力が求められます。

カップルの希望を聞き出すヒアリング力も重要なので、コミュニケーション学を勉強しておくと良いでしょう。

ブライダルコーディネーターの給料・年収

ブライダルコーディネーターの平均年収は求人系の情報サイトや求人情報からおよそ300万円~400万円になっています。

ブライダルコーディネーターには働き方がたくさんあり、企業で正社員として勤めることもフリーランスとして仕事をすることも可能です。

正社員として働く場合でも固定給で雇用される企業もあれば、自分が担当した案件の数や契約金額などによって給料が決まる歩合給の企業もあります。

どのような働き方をするかによってブライダルコーディネーターの年収は変わるので注意しましょう。

働きやすさと年収のバランスを考えて選ぶのが大切です。

ブライダルコーディネーターの就職・転職先(求人)

ブライダルコーディネーターが働いている職場は結婚式のプロデュース会社や結婚式場が多くなっています。

結婚したいカップルの相談先として最もよく選ばれているので、ブライダルコーディネーターが活躍できる職場です。

また、結婚式場として使用されるホテルやゲストハウスなどでもブライダルコーディネーターを採用しています。

希望の式場があるカップルにとってはホテルやゲストハウスも相談先だからです。

どの職場でもブライダルコーディネーターはカップルが来たときにまず相談に応じます。

職場の顔としての役割を果たすので大切にされている職種です。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る