理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ボディビルダーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ボディビルダーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいボディビルダーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ボディビルダーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのボディビルダー適性診断結果

あなたの適性度は41%で、ボディビルダーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ボディビルダーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ボディビルダーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.筋肉が美しいと感じる
2.体力も精神力もある
3.ストイックで地道に努力できる
4.向上心が強い
5.勉強熱心で新しい事を学ぶのが好き
6.健康管理が得意
7.芸術のセンスがある
8.栄養学に関心がある
9.信念が強い
10.プライドが高い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ボディビルダー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 筋肉が美しいと感じる 』

そこそこ兼ね備えている

筋肉美について関心がある人はボディビルダーに向いています。全身の筋肉をバランスよく鍛え上げていき、美しいボディに仕上げるのがボディビルダーにとって重要です。コンテストで受賞するには筋肉美について理解のある審査員に賞賛してもらうことが必要になります。筋肉やボディラインについてこだわりがあり、心から美しいと感じられる人にとってボディビルダーはうってつけです。

『 体力も精神力もある 』

十分に兼ね備えている

ボディビルダーになるには体力も精神力もあることが欠かせません。ボディビルダーは日々美しいボディに仕上げるためにトレーニングに励む必要があるからです。体力が続かないとトレーニングをおこなうことはできないでしょう。厳しいトレーニングをするには精神力も求められます。プロとしてボディビルダーになるには体力も精神力も兼ね備えていることが必要です。

『 ストイックで地道に努力できる 』

そこそこ兼ね備えている

ストイックな精神を持っている人はボディビルダーになるのに必要な力を持っています。人の身体は一朝一夕にして作り変えられるわけではありません。数ヶ月や数年といったタイムスパンでトレーニングをしていくことにより、理想的なボディに仕上げることができます。ストイックに日々トレーニングに取り組み、食事や休息などの管理もしていくことがボディビルダーにとって不可欠です。ストイックさはボディビルダーとしての資質にかかわる重要なポイントでしょう。

『 向上心が強い 』

あまり兼ね備えていない

ボディビルダーは向上心が強い人が成功を遂げられます。ボディビルダーは今よりもワンランクアップしたいという気持ちを常に持ち続けることでコンテストで優勝できるような美しいボディを作り上げることができます。今の自分に満足してしまった時点で、ボディビルダーとしての活躍の道は途絶えてしまうでしょう。強い向上心があって、もっと高みを目指したいという気持ちがある人はボディビルダーに向いています。

『 勉強熱心で新しい事を学ぶのが好き 』

あまり兼ね備えていない

向学心がある人にとってボディビルダーは魅力的な職種です。ボディビルディングは人の科学的な性質を理解して適切なアプローチをしていくことが必要です。トレーニングの頻度や負荷のかけ方、食事や栄養の管理、休息の取り方などについて学んで取り組むことが重要になります。新しい理論も次々に生まれてきているため、向学心があって最新の理論に基づくボディビルディングを続けられる人に向いています。

スポンサーリンク

『 健康管理が得意 』

兼ね備えていない

ボディビルダーは健康管理の意識が強い人に向いています。ボディビルダーは健康が維持できなければトレーニングができず、身体を衰えさせてしまうことになるからです。トレーニングを通して筋肉を付けるのには時間がかかりますが、筋肉の分解は比較的早く進みます。健康管理をして常にボディメイクを進めることがボディビルダーにとって欠かせません。

『 芸術のセンスがある 』

十分に兼ね備えている

芸術のセンスがある人はボディビルダーとして活躍できる可能性が高いでしょう。ボディビルダーは筋肉をどこにどのくらい付けるか、脂肪の量をどの程度にするかといったことを考えてトレーニングをする必要があります。ボディビルダーがコンテストで受賞するには筋力があれば良いというわけではなく、美しさも追求しなければなりません。芸術のセンスがあると誰もが認める美しいボディに仕上げることができて、コンテストで上位を狙えるようになります。

『 栄養学に関心がある 』

そこそこ兼ね備えている

栄養学に関心がある人はボディビルダーに向いています。筋肉はタンパク質からできているのは有名ですが、筋肉を作るにはビタミンB群や亜鉛などのミネラルも欠かせません。適切な栄養バランスを保ち、理想的なボディメイクをできるように栄養管理をすることが重要です。栄養学の知識がある人はボディビルダーとして成功しやすくなります。

『 信念が強い 』

あまり兼ね備えていない

ボディビルダーは信念が強い人でなければなかなか成功を遂げられない仕事です。一朝一夕にして理想的なボディになれるわけではないので、こうなりたいという信念がないとトレーニングを続けるのは難しいでしょう。自己管理をするのにはストレスもあります。信念が強くて壁があっても乗り越えていける人がボディビルダーに向いています。

『 プライドが高い 』

兼ね備えていない

プライドが高くて自尊心がある人はボディビルダーとして活躍できます。ボディビルダーは筋肉美を重視して、美しいボディに仕上げることで審査員からの評価を上げ、稼げるようになります。プライドを持ってトレーニングに取り組めないと、評価も上がらず、気落ちしてしまうでしょう。こうなりたいという明確なビジョンを持ってトレーニングできる人はボディビルダーに適しています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのボディビルダー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ボディビルダー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ボディビルダーに向いているか向いていないか
  • ボディビルダーの職業適性度
  • ボディビルダーに必要な10の資質
  • 解説でボディビルダーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ボディビルダーとは?

ボディビルダーは自身の体を鍛え、筋肉を大きく発達させた人です。

一般的な運動だけではなく、筋肉の肥大を促す特別なトレーニングを行います。

また、筋肉の形成に不可欠なタンパク質を多く含む飲食物を摂取し、食生活の面からもトレーニングを続けるのがボディビルダーの特徴です。

筋肉が発達した自身の体をコンテストで披露し、賞金を得るのがボディビルダーの仕事と言えるでしょう。

ボディビル発祥の地であるイギリスや他の欧州各国、そしてアメリカではコンテストが頻繁に行われています。

国際大会も開催されているので、日本人ボディビルダーが渡航して賞金を稼ぐケースも少なくありません。

コンテストへの出場以外にはジムでのトレーナーが主な仕事になります。

ボディビルダーになるには?

ボディビルダーになるためには何よりもまず、体を鍛えて筋肉を発達させることが大切です。

余計な脂肪をできるだけ取り除き、筋肉の形状がひと目で分かるほどに発達させるのが最低限の条件と言えます。

体を鍛えたら今度は国内のコンテストに出場し、上位の成績を残すことも重要になります。

安定して賞金を稼ぐことができて初めて職業として成り立つとも言えるので、体を鍛え続けることを忘れてはいけません。

また、国際的なボディビル団体であるIFBBが開催する大会で好成績を残すことも、一流のボディビルダーとして認められるための条件と言えるでしょう。

特別な資格や免許は不要ですが、筋肉が発達した体を保つことがボディビルダーの責務になります。

ボディビルダーの給料・年収

ボディビルダーの年収はコンテストの賞金が多くを占めるので、人によって大きな違いがあります。

また、優れたボディビルダーはスポンサーが付くこともあるので、金額は更に開きが生じると言えるでしょう。

平均的な年収は250万円程度ですが、国際大会で優勝するなど優れたボディビルダーなら1千万円を越えることも珍しくありません。

有名なボディビルダーは宣伝を兼ねたタレント活動に従事することもあります。

テレビや講演の出演料が加算されるので、ボディビルダーとしての実績を積むほどより多く稼ぐことが可能です。

自分でボディビルのジムを開業するのも年収を増やす方法のひとつです。

ボディビルダーの就職・転職先(求人)

日本ではボディビルダーがひとつの職業として確立していないのが実状です。

海外とは異なり、安定した収入になるほどコンテストが開催されていないのが主な理由です。

そのため、ボディビルダーは他に仕事を持ち、空いた時間に体を鍛えるのが一般的になっています。

コンテストで好成績を残した一流のボディビルダーはスポーツジムのコーチなど、体を鍛えることに関係する仕事へ従事することもあります。

海外に拠点を置いて国際的に活動するボディビルダーも少なくありません。

渡航経験を活かして外国人相手のボディビルジムを開設する人もいます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0