理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ビオトープ管理士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ビオトープ管理士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいビオトープ管理士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ビオトープ管理士に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのビオトープ管理士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ビオトープ管理士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ビオトープ管理士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ビオトープ管理士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.自然への興味が強い
2.チャレンジ精神が高い
3.指導力がある
4.根気強さがある
5.学生時代から勉強が得意
6.考え抜く力がある
7.話に説得力がある
8.ある程度の貯蓄がある
9.身体が丈夫で体力がある
10.学ぶことが好き
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ビオトープ管理士適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 自然への興味が強い 』

そこそこ兼ね備えている

ビオトープ管理士は造園業や建設業などにおいて、自然の保全や再生に関する専門知識を活かしながら活躍していく仕事です。業務内容から自然との関わりが深くなるので、人類の活動が自然に与える影響や自然との共生がどうすれば叶うのかなどを普段から考えていることが求められてきます。ビオトープの考えや環境関連の法律まで、管理士に必要となる専門知識は多岐にわたります。もともと自然や環境問題に関心があり、さらに突きつめていきたいと考えている人がこの仕事に向いています。

『 チャレンジ精神が高い 』

あまり兼ね備えていない

ビオトープ管理士に対する関心は年々高まっています。SDGsの考えが浸透しているように、ビジネスの世界でも環境意識は欠かせないものになっているのです。認知が広がっていくことで、ビオトープ管理士の需要も確実に増えてきています。しかし発展途上の領域なので、この資格を持っているだけで就職できるまでには至っていません。自分で仕事の領域を広げていくような気概やチャレンジ精神を持っている人が、ビオトープ管理士に向いていると言えるでしょう。

『 指導力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ビオトープ管理士の職務の中には自然を守る方法を社会に伝えていくことや、社会に自然を守る必要性を訴えかけていくことも入っています。教育の現場や自治体などに自分から入り、人と関わりながら仕事を進めていくことが必要です。そういった職務の性質上誰かに何かを教えたり、集団の先頭に立って物事を進めていく力がビオトープ管理士には求められます。

『 根気強さがある 』

あまり兼ね備えていない

ビオトープ管理士の仕事の成果は、即座に目に見える形で出てくるものではありません。自然は範囲も影響力も大きいので、今日やったことの結果が出るのは10年以上経過してからということもざらにあります。環境保護には正解がなく、良かれと思ってやったことが悪い結果になってしまうことも多いのです。ですからこの仕事に就く人には、長い時間を掛けて1つのことを成し遂げられる根気強さが求められます。たとえ失敗しても何度でも立ち上がる力が、この仕事には必要なのです。

『 学生時代から勉強が得意 』

だいぶ兼ね備えている

ビオトープ管理士になるための資格をとるには、日本生体協会が行っているビオトープ管理士資格試験に合格する必要があります。ただ現状ではビオトープ管理士の資格だけを持っていても、仕事に就けるわけではありません。他の資格と併用することでこの資格は価値を持つのです。ですから造園業に就きたい場合は造園施工管理技士のような国家資格を別に取得しなければなりません。造園施工管理技士の資格を持つことではじめて、公園などの施行計画の実施を行えるようになるのです。複数の資格を取るためには、ある程度以上の学力が必要となるでしょう。

スポンサーリンク

『 考え抜く力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ビオトープ管理士の仕事内容は、植物や野生動物のいる環境を管理し守ることだけではありません。それだけでなくより多くの人に、ビオトープの考えを広げていく啓発活動も重要な仕事です。全く違う考えを持っている他人に啓発するためには、自分の考えをしっかりと持っていることが求められます。そうした考えは教科書を丸覚えするだけでは身につきません。一つ一つの事柄を自分の頭で考えて、理解していく必要があるのです。なぜなら自分が理解・納得していない概念を他人に信じさせることはできないからです。ですからビオトープ管理士には、自分で考える力を持っている人が向いていると言えます。

『 話に説得力がある 』

だいぶ兼ね備えている

ビオトープ管理士の仕事は、ビオトープという考え方を第三者に啓発していくことが重要になってきます。話し方や身振りに説得力がある人が、この仕事に向いていると言えるでしょう。

『 ある程度の貯蓄がある 』

そこそこ兼ね備えている

ビオトープ管理士になるためにも、造園業や建設業関連の資格を得るためにもある程度の資産は不可欠になります。さらにビオトープの考えを深めるために、専門学校に入るという選択肢もあります。環境や造園に関わる専門学校はビオトープの周辺領域なので、そこで学ぶことは考えや知識を深めていく上で役に立つでしょう。専門学校で学ぶことは収入に直結するわけではないので、生活が安定している方が向いています。

『 身体が丈夫で体力がある 』

十分に兼ね備えている

ビオトープ管理士の仕事は、野外で行うことが多いことで知られています。屋外で行う仕事の場合、悪天候や過酷な環境下でも働かなければなりません。暑さ寒さに弱かったり、すぐに体調を崩してしまう人はビオトープ管理士に向いていないかもしれません。ただ体は鍛えることもできるので、努力次第で改善することも可能です。

『 学ぶことが好き 』

だいぶ兼ね備えている

現状ではビオトープ管理士の資格のみを求めている職場はありません。ですから自然に興味がある人や、学ぶこと自体が好きな人でなければ興味を維持することは難しいでしょう。見返りがなくても知的な努力を続けていける人が、ビオトープ管理士に向いていると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのビオトープ管理士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ビオトープ管理士適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ビオトープ管理士に向いているか向いていないか
  • ビオトープ管理士の職業適性度
  • ビオトープ管理士に必要な10の資質
  • 解説でビオトープ管理士に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ビオトープ管理士とは?

ビオトープ管理士は環境保全に関する専門知識をもち、自然の保護・再生を担う職業です。

ビオトープとは野生動物や植物が健全に生活できる空間を指します。

ビオトープ管理士は専門知識を駆使し、生態系の調査や共存できる計画をたてることで、野生動物たちが安全に暮らせる環境を構築することを目指します。

生態調査や環境に配慮した建設計画だけではなく、子どもや学生に環境について授業を行い関心をもってもらうことも、自然保護に取り組むビオトープ管理士の仕事です。

世界的に環境保護に対する関心は高く、環境に配慮した街づくりでは、豊富な専門知識をもつビオトープ管理士が活躍します。

ビオトープ管理士になるには?

ビオトープ管理士になるには日本生態系協会のビオトープ管理士資格試験に合格する必要があります。

ビオトープ管理士資格試験には「計画管理士」と「施工管理士」の部門があり、1級と2級で分かれるため4種類の区分があります。

2級には特別な受験資格は設けていませんが、1級を受けるためには学歴や所有している資格に応じた実務経験が求められます。

計画管理士は生態系の保護や調査技術を考慮した計画性が問われる資格で、施工管理士は設計や施工を行う技術者としての能力を問われます。

試験の合格率は2級で約60%、1級で約30%とされており、合格するためには環境保全に関する幅広い知識が必要です。

ビオトープ管理士の給料・年収

複数の調査からビオトープ管理士の給料についてまとめると、平均年収は400万円~500万円です。

令和3年分の民間給与実態統計調査では、日本の給与所得者の平均年収は443万円と公表されています。

公表されたデータと比較すると、ビオトープ管理士の年収はほぼ平均的な金額であることが分かります。

初任給は15万~20万円で、現場で経験を積むことによって上昇する傾向があります。

またビオトープ管理士の給与は技術力や経験だけではなく、所属している企業の規模やプロジェクトによって大きく変動します。

高い技術力を活かして大手企業で働いているビオトープ管理士は、年収600万円を超えるケースもあります。

ビオトープ管理士の就職・転職先(求人)

ビオトープ管理士の多くは土木会社や建設会社などで働いています。

土木や建築の現場ではなくても、培った知識を活かして造園会社の企画を練ったり、公務員として街づくりに取り組むケースもあります。

また環境問題への意識を子どもへ伝えるために、教育現場で講義を行うこともあり、ビオトープ管理士としての専門知識を生かせば広いシーンでの活躍が見込めます。

専門知識を存分に活かす場合は、環境保全に積極的に取り組んでいる環境コンサルティング会社へ就職する方もいます。

環境問題への意識が世界的に高まっているため、今後ビオトープ管理士のニーズが高まる可能性もあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0