理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

美容部員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今美容部員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい美容部員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

美容部員に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの美容部員適性診断結果

あなたの適性度は46%で、美容部員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。美容部員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

美容部員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コスメに興味がある
2.コスメの知識が豊富
3.メイクが好きで上手にできる
4.コスメの成分にも興味がある
5.美意識が高い
6.トレンドに敏感
7.発想力がある
8.チームで協力するのが好き
9.コミュニケーション能力が高い
10.体力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
美容部員適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 コスメに興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

美容部員に向いているのは、コスメに興味がある人です。美容部員はお客さんに自社製品のコスメなどを紹介して、購入して貰う仕事です。お客さん一人ひとりに合わせたコスメを提案して、買って貰うのです。コスメに興味があればアイテムを紹介するときに説得力が増しますし、色々な情報をお客さんに与えられます。その製品の良いところをアピールして、売り上げを伸ばすことも可能です。

『 コスメの知識が豊富 』

だいぶ兼ね備えている

コスメと一言で言っても様々な種類があり、沢山のアイテムを扱うことがほとんどです。下地やファンデーションに始まりアイシャドウ、マスカラやアイライナー、チークやリップなど数え切れないほど沢山のアイテムを販売しています。美容部員はアイテムごとの知識を駆使してその特徴をお客さんに伝えて、その人が本当に欲しいものを提案する必要があります。アイテムごとの知識が豊富ならスムーズに提案をすることができ、お客さんに満足して貰いやすくなるのです。

『 メイクが好きで上手にできる 』

兼ね備えていない

メイクをすることが好きなことも、美容部員として大切な要素です。店頭に立つときには自社製品のコスメを使って自分自身にメイクをして、間接的にお客さんにアイテムの良さをアピールすることがあります。メイクをするのが好きなら自社製品を上手に使ってメイクをすれば、商品の良さを伝えられるのもメリットです。またお客さんにメイクを施すこともあり、メイクの上手さも求められます。メイクが上手ければお客さんをより美しくすることができ、そのアイテムを買って貰えるかもしれません。

『 コスメの成分にも興味がある 』

兼ね備えていない

美容部員は商品に使われているコスメの成分にも詳しくなければならないことがあります。お客さんによっては含まれている成分によって肌荒れを引き起こしてしまったり、吹き出物の原因になったりすることがあるのです。成分を知っていればお客さんの肌質に合わせたアイテムを紹介するのが出来るようになり、お客さんに喜んで貰える可能性が高くなります。

『 美意識が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ブランドの顔になる美容部員は、美意識が高いことも大事です。常に自分自身の見た目に気を遣って、綺麗な状態を保ちます。外見はもちろんのこと立ち振る舞いや言葉使いにも気を遣わなければならないのです。美意識が高いとブランドのイメージもアップして、集客に繋がります。あの美容部員のようになりたいと思って貰えれば、さらに売り上げアップにもなるのです。美意識が高い人が現場に居れば他のスタッフにも刺激となり、皆で一緒に綺麗になる努力を始めることもあります。

スポンサーリンク

『 トレンドに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

トレンドに詳しい人も、美容部員に向いている人の特徴です。化粧品業界は季節ごとに新アイテムが発表されることが多く、時代と共に色々なアイテムが誕生しています。SNSの発展もあって注目されるアイテムは日々変わり、売れる商品も移り変わりが激しいです。流行に敏感ならその時にお客さんが求めている商品が分かり、トレンドアイテムをおすすめしやすくなります。流行のアイテムがどれか質問されても答えることが出来るようになり、接客にも役立ちます。

『 発想力がある 』

だいぶ兼ね備えている

様々なアイデアを出すことが出来る、発想力がある人も美容部員として現場で重宝されます。美容部員はお店に訪れたお客さんの悩みを聞いて、アイテムを駆使して悩みを少しでも解決出来るように努力します。発想力があれば新しいアイデアを生み出して、自社製品を使ってお客さんの悩みを解決する方法が見つけられるのです。どうしたらお客さんに喜んで貰えるのかを常に考えて、発想力を鍛えている人は美容部員にぴったりかもしれません。

『 チームで協力するのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

お店をスムーズに運営するためには、チームで協力をすることが欠かせません。売り場で接客をしているスタッフが居ればその人をサポートする側に回ることもあり、困ったことがあるようなら素早く手助けします。細かなことに気が付いてサポートすることが出来れば接客もスムーズに進み、1日に何人ものお客さんの相手が出来るのです。また事務作業が得意な人が書類の作成をしたり、売り上げの計算をしたりすれば皆の助けとなります。このように皆で協力することが必要不可欠なので、協力することが好きな人は美容部員に向いていると考えられているのです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

お客さんや他のスタッフなど人と接する機会が多い美容部員は、コミュニケーション能力が高い人が向いていると言われています。誰とでも上手にコミュニケーションが取れれば接客も楽しくなりますし、お客さんとの会話も盛り上がります。会話が盛り上がればお客さんとの距離が近くなり、よりコミュニケーションが取りやすくなるのです。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

美容部員には予め制服が用意されていて、決められたファッションに身を包んで接客をすることが多いです。メイクはバッチリ決めて、髪の毛も綺麗にまとめます。さらにスタイル良く見せるためにヒールを履いて仕事をこなすこともあり、体力勝負になるのです。ヒールに慣れていない人が立ちっぱなしで仕事をすると思った以上に疲れてしまい、体力が消耗されてしまうことも珍しくありません。ヒールを履いて1日の仕事をきちんとこなすためにも、美容部員には体力が必要なのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの美容部員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
美容部員適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 美容部員に向いているか向いていないか
  • 美容部員の職業適性度
  • 美容部員に必要な10の資質
  • 解説で美容部員に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

美容部員とは?

美容部員とは、化粧品売り場などでお客さんのメイクや美容の悩みに対応して、化粧品などの商品を販売することが業務内容となっている仕事です。

お客さん個人に似合うメイクの提案や希望するメイクなどに対してのアドバイス、メイク法などを伝えることが主な業務ですが、肌質に関する質問や悩みに対応することもあるため、メイクの知識だけではなく肌質に関する知識も必要となります。

また、実際にお客さんにメイクを施す場合もあり、お客さんとのコミュニケーションを取る中で信頼を得、商品の購買へと繋げる販売力も求められるため、各商品の知識やヒアリングの力、的確なアドバイスや提案などを行える力が必要です。

美容部員になるには?

美容部員になるには特別な資格は必要ありませんが、メイクの知識や技術が求められる職業のため、メイクの専門学校などで学ぶことは重要です。

美容専門学校では1~3年でメイクや美容に関する様々な知識を得ることができますが、費用の面などから短期間で学びたい方は美容系でメイクを学べるスクールに通うという方法もあります。

就業するには化粧品メーカーの企業に就職して化粧品売り場へ移動となるケースが多いですが、美容専門学校ではドラッグストアや百貨店、化粧品専門店などの求人募集に直接応募することができ、試験や面接の合格を経れば美容部員として働くことができるようになります。

または、美容部員を募集している求人などを探して応募する方法で美容部員になることも可能です。

美容部員の給料・年収

美容部員は就業する企業や雇用形態によって給料や年収に違いが生じますが、複数のデータから見ると初任給は契約社員の場合は20万円前後、アルバイトの場合は時給が1000円前後で雇用されているケースが多く、平均的な年収はおよそ350万円です。

また、大手の企業などでは正社員で採用されるとボーナスが支給されることもあるため、年収が500万円となるケースもあり、スキルアップや昇進などを経れば給与面はさらにアップさせることは可能です。

ですが、美容部員は契約社員が多く、正社員として働くことは少なく店舗や勤務する地域によっては時給や給与は異なります。

データ的にも都市部など人口が多い地域の時給は高い傾向にあり、勤務場所による給与の差が生じることもある仕事です。

美容部員の就職・転職先(求人)

美容部員はドラッグストアや百貨店、化粧品専門店など化粧品を扱う店舗がある商業施設や各店舗で働くこととなります。

ですが、雇用形態で勤務場所が決まるケースもあり、化粧品メーカーに就職すると自社の化粧品を扱う百貨店や化粧品専門店への移動となり、契約社員やアルバイトはドラッグストアや様々な企業の化粧品を扱う百貨店などで勤務することが多いです。

なお、どのような勤務先でも、接客の技術や商品の知識などを社内研修で学んでから美容部員として勤務することとなりますが、自社のブランドを学び極めたり、幅広いブランドの知識を得るなど勤務先によってスキルアップの方法は異なります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0