理想の就活/転職のための
自己分析サイト

バリスタに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今バリスタの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいバリスタに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのバリスタ適性診断結果

あなたの適性度は57%で、バリスタの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。バリスタを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

バリスタに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コーヒーが好き
2.コーヒーの淹れ方にこだわりがある
3.接客が好き
4.探求心が強い
5.マルチタスクが得意
6.率先して明るい雰囲気を作れる
7.コーヒー豆の情報収集が好き
8.経営に興味がある
9.デザインのセンスがある
10.常にスキルアップを頑張れる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コーヒーが好き 』

だいぶ兼ね備えている

バリスタに向いている人の特徴としてコーヒー好きな人が挙げられます。より良いコーヒーを提供するためにも、コーヒーの味わいや風味、苦みを理解することで客が満足できるコーヒーを提供することが可能です。もちろん、コーヒーを淹れるまでに抽出機や豆の粗さの調整など様々な技術が必要になるので、コーヒー好きだけではバリスタは務まらないかもしれません。しかし、同じ仕事を長く務めるには自分の好きなことに向き合える人物が向いていると言えます。

『 コーヒーの淹れ方にこだわりがある 』

そこそこ兼ね備えている

コーヒーの淹れ方は豆のブレンド、挽き方、お湯の温度など組み合わせが多くあります。バリスタはお客さんにコーヒーを提供して満足してもらう職業なので、コーヒーを淹れる技術が大切です。バリスタによって味が変わるのでコーヒーの淹れ方に正解はありませんが、ある程度の技術がないと、リピーターが少なくなってしまいお客さんの数が減ってしまいます。淹れ方に関してはある程度形が決まっているので、何回も練習することで技術を身に付けることが可能です。コーヒーを淹れるのが苦手な人でも諦めずに挑戦してみましょう。

『 接客が好き 』

兼ね備えていない

バリスタの役割はコーヒーを淹れることだけではありません。お客さんからコーヒーの特徴について聞かれたり、ケーキやお菓子の注文を受ける必要があります。必然的にお客さんと接する機会が増えるため、バリスタは接客が好きな人に向いています。カフェによっては地元のお客さんが多く集まる場所もあるので、積極的に話しかけてリピーター離れが起きないようにすることが大事です。

『 探求心が強い 』

そこそこ兼ね備えている

バリスタには研究者のような探求心が必要です。美味しいコーヒーを淹れるために組み合わせを考えて何度もチャレンジする行動力が重要で、何度も失敗を経て様々なブレンドを作り上げます。納得ができるまで大変ですが、成功した時の達成感やお客さんから「美味しい」と言われることでバリスタとしての楽しさを感じることができます。

『 マルチタスクが得意 』

兼ね備えていない

バリスタの業務内容はコーヒーを淹れるだけではありません。コーヒーの合う料理を作ったり、お客さんと話したり、時にはお菓子作りも必要です。業務を円滑に進めるためにもマルチタスク能力が必要となります。初めのうちは慣れないこともあると思いますが、お店によって時間帯の忙しさや業務の役割が変わるので、自分の業務役割を徐々に把握しマルチタスクをこなせるようになります。

スポンサーリンク

『 率先して明るい雰囲気を作れる 』

十分に兼ね備えている

バリスタは美味しいコーヒーや料理、スイーツの他に満足できる空間を提供しなければなりません。バリスタが話しかけづらい雰囲気を放っているとお客さんも話しかけづらくなってしまいます。また、勉強や仕事に来た人もお店の雰囲気が暗いと作業に集中できません。お客さんの目の前に立つことが多いバリスタが、率先して明るい雰囲気を放つことでお店全体の活気に繋がります。

『 コーヒー豆の情報収集が好き 』

あまり兼ね備えていない

コーヒー豆は世界60カ国以上で生産されており、ブラジルやインドネシア、コロンビアなどがコーヒー豆の生産地として有名です。同じ種類のコーヒーでも土地や気候、気圧によって味が変わります。そのため、常に新しいコーヒー豆が生産されており、銘柄は200以上とも言われていることから、新しい情報を取り入れていくことが大切です。全ての銘柄を覚える必要はありませんが、コーヒー雑誌などで注目されている情報は集めることができるので、定期的にコーヒー豆の情報収集を行うようにしましょう。

『 経営に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

意外かもしれませんが、バリスタはお店を経営する能力が必要になる場合があります。チェーン店に務める時は経営知識は必要ありませんが、個人経営しているカフェが多く、将来独立したいバリスタは経営知識が必要です。そのために経理、売り上げの分析、防火管理者などが必要となります。

『 デザインのセンスがある 』

十分に兼ね備えている

バリスタの技術の1つにラテアートがあります。コーヒーカップの表面にフォームドミルクでカップの中に円形を作り、ミルクピッチャーで切ることで繊細な絵を描き上げるため、難しいテクニックです。お客さんの年齢層や性別によって描き分ける必要があり、ラテアートのセンスが問われます。コツさえつかめば1カ月程度で習得可能です。

『 常にスキルアップを頑張れる 』

十分に兼ね備えている

バリスタになるためには特別な資格は必要ありません。しかし、バリスタとしての技術がどこまで高いかを資格によって客観的に証明することができます。レベルが高い資格を取得することでバリスタとして技術の高さを証明することができ、集客に繋がるためスキルアップとして資格取得を目指すことをおすすめします。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのバリスタ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る