理想の就活/転職のための
自己分析サイト

理容師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今理容師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい理容師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの理容師適性診断結果

あなたの適性度は54%で、理容師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。理容師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

理容師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.コミュニケーションが苦でない
3.人をよく見ている
4.おしゃれが好き
5.体力がある
6.向上心がある
7.トレンドに敏感
8.細かいことに気付ける
9.髪に関する専門知識がある
10.チャレンジ精神がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

理容師は整髪や顔そりをして、お客さまの外見を整えるのが仕事です。当然ハサミやカミソリを使うので、手先が器用であることは最低条件と言えます。

『 コミュニケーションが苦でない 』

あまり兼ね備えていない

理容師に必要な素質として、お客さまや取引先とのコミュニケーションが苦ではないことが挙げられます。特に大切なのがお客さまとのやり取りです。数ある理容店の中から自分のお店を選んでもらうためには、接客や予約対応を丁寧に行い、一人一人に合わせたコミュニケーションを取って自分やお店を好きになってもらう必要があります。また、理容師は数ある接客業の中でも、お客さんの髪や顔に直接触れたり、刃物を当てたりする非常にデリケートな仕事です。お客さまに安心してもらうためには、やはり信頼してもらうことが不可欠。そのためにもコミュニケーション能力は欠かせません。理容店は地域密着型で馴染みのお客さまが多い、というお店も多いので、長く利用してもらうためにも親しみやすさが大切になるのです。

『 人をよく見ている 』

あまり兼ね備えていない

美容院と異なり、理容店は男性のお客様が多い傾向があります。男性は女性ほど身なりを気にしないので、「おまかせ」にしてしまう人が多いです。そんなとき、本当に理容師が自由に切ってしまい、結果合わない髪型になってしまっては、お客様は満足を得ることができません。下手をするともう来てくれなくなるかもしれません。頭の形や髪質、生活習慣や職業によって、お客様に会う髪型は異なります。一人一人にマッチした髪型を作るためには、やはりお客さまの特徴を観察する力が必要になるでしょう。

『 おしゃれが好き 』

そこそこ兼ね備えている

おしゃれ好きな人は、理容師の仕事をより楽しむことができるでしょう。美容師のように「美しさ」や「格好良さ」は求められないと思われがちな理容師ですが、それは誤解です。おしゃれな髪型に挑戦したいけれど、美容院に行くのは恥ずかしい、という男性客も非常に多いのです。そうしたお客さまの希望を叶えるためには、やはり理容師自身がおしゃれに関心を持つ必要があるでしょう。時には髪型にあるファッションをアドバイスしたり、かっこよく見えるスタイリングを教えることもあります。

『 体力がある 』

あまり兼ね備えていない

理容師の仕事はとにかく立ちっぱなしです。厳しい下積み時代を乗り越えるためにも、体力と忍耐は不可欠な素質と言えるでしょう。忙しいときは開店時間中休憩なしでずっとお客さまに対応しなければなりませんし、技術を磨くためには営業時間後の自主練も欠かせません。講習会などで貴重な休日が潰れることも珍しくないため、とにかく体力が必要な職業です。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

十分に兼ね備えている

理容師は技術職です。すぐに技術が成熟することはないので、日々スキルやテクニックを磨き続ける必要があります。既存の技術を反復し修得することはもちろん、時には講習会に参加して最新のカット技術を学ぶことも大切です。その努力ができるかどうかは、理容師の重要な適性と言えるでしょう。

『 トレンドに敏感 』

だいぶ兼ね備えている

常に変わる流行にアンテナを張ることで、よりその人に合った髪型を提案できるようになります。流行の髪型やおしゃれを学ぶことで、よりお客さまの期待に応えることができるようになります。

『 細かいことに気付ける 』

そこそこ兼ね備えている

接客業全体に言えることでもありますが、理容師も細かい心遣いが求められる仕事です。相手が本当に必要としていることは何なのかを見極め、それを提供していくことが大切になります。単に髪を切りたいと言っているだけでも「ボリュームを出したい」「毎朝のスタイリングを楽にしたい」「自分に似合う髪型が知りたい」など、お客さまの望みは様々。時にはお客さま本人が自分の希望を把握していないこともあります。それを雰囲気や目線など細かなサインから読み取り提供する、それが求められる仕事です。

『 髪に関する専門知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

理容店は男性客が多いため、薄毛や抜け毛の相談を受けることもあります。適切なアドバイスをするためには、髪に関する正しい知識を身につけておく必要があるでしょう。適切なヘアケアをアドバイスすることはもちろんですが、時には間違っているお手入れ方法を指摘する必要もあるかもしれません。

『 チャレンジ精神がある 』

そこそこ兼ね備えている

業界を牽引するチャレンジ精神が、これからの理容師には求められています。駅前の「1000円カット」は珍しくありませんが、安さを追求するだけでは業界が疲弊してしまいます。夏の猛暑を乗り切るためのクールビズカットや、女性向けシェービング、高齢者向けヘアケアや男性向けスキンケアなど、理容業界全体を活気づけるための策がいろいろ考え出されています。全国に数多あるお店の中から自分のお店を選んでもらうためにも、ただやって来るお客さまの髪を切るだけではない、積極的な姿勢がこれからの理容師には求められています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの理容師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る