理想の就活/転職のための
自己分析サイト

パン職人に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今パン職人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいパン職人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

パン職人に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのパン職人適性診断結果

あなたの適性度は37%で、パン職人の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。パン職人を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

パン職人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.食べることが好き
2.体力に自信がある
3.トレンドに敏感
4.商品の宣伝が得意
5.健康や美容に詳しい
6.黙々と作業をこなせる集中力がある
7.豊かな創造力を持っている
8.優れた時間管理能力がある
9.早起きが得意
10.コミュニケーション能力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 食べることが好き 』

兼ね備えていない

パン職人になるには、まず食べるのが好きであることが大前提となります。毎日パン作りをして、試食も繰り返しながら、お客さんに美味しいと喜んで食べてもらえるパンを提供することが、パン職人の務めです。食べることにあまり関心がなければ、体力的にも精神的にも大変なパン職人を続けることは難しいでしょう。食べることが好きで、より美味しいものを作りたいという気持ちが、パン職人としての成長にもつながるのです。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

パンを作る工程で行う作業は、体力が求められる作業が中心です。パン生地をこねる作業では、腕の力をはじめ、全身を上手に使って生地をこねる必要があります。パンの成型は、生地のベストな状態を保って仕上げるために、手早さが求められ、敏捷性や瞬発力が生かされる作業です。トレイに載せたパンをオーブンに出し入れする作業は重労働で、足腰に負担が掛かります。また、小麦粉や乳製品といった材料を運ぶのも、体力を要するものです。体力に自信のある人が、パン職人には向いていると言えるでしょう。

『 トレンドに敏感 』

兼ね備えていない

パン屋を訪れる人には、美味しさだけでなく、おしゃれさを求めてパンを買いに来る人もいます。パン職人は、トレンドには敏感であり続けなければなりません。パン業界に関する話題はもちろんのこと、どんなスイーツが話題になっているか、といったグルメ関連のトレンドは、しっかりと押さえておくことが大切だと言えるでしょう。また、インテリアに関するトレンドを知れば、パン作りだけでなく、ベーカリーの雰囲気づくりに生かすことも可能です。多様なジャンルのトレンドに触れ、パン作りに巧みに取り入れることが、パン職人としての評価を上げることにつながります。

『 商品の宣伝が得意 』

そこそこ兼ね備えている

パン職人は、マーケティング力が大切な職業でもあります。パン職人として仕事をする上では、ベーカリーやパティスリーで人気のある商品に関する情報をこまめに収集し、消費者の嗜好の変化を認識しておくことが重要です。パンの専門店だけでなく、スーパーやコンビニで取り扱うパンについての動向も知っておくとよいでしょう。SNSやグルメサイトで話題になっているパン屋を訪れてみるなど、自分でリサーチをして、実際に味を確かめることも大切です。新店のオープンに関する情報をいち早くキャッチする姿勢を心掛けておけば、自分のお店の近くに競合店ができることがあっても、対策を練ることができます。

『 健康や美容に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

主食として、おやつとして、食卓に載る機会が多いパンは、人々の健康や美容を支える存在でもあります。パン職人は、パンを買い求めてくれるお客さんが、安心して食べられるパン作りを心掛けることが大事です。近年は、健康や美容に関心を持つ人が増えているので、栄養価の高い材料を選んでパンを作るといった工夫をするとよいでしょう。パンに使われる材料には、小麦や卵といったアレルギー物質も多いのが特徴です。アレルギー物質に関する情報を含めて、使用している材料に関する情報をお客さんに適切に発信する努力も求められます。

スポンサーリンク

『 黙々と作業をこなせる集中力がある 』

兼ね備えていない

パンをこねる、成型する、焼き上げるといったパン作りの作業は、集中力を求められる作業の連続です。その作業は決して簡単なものではなく、細心の気配りをしながら、それぞれの生地の特性に合わせて作業をしなければなりません。パン職人は、自分に与えられた作業をきちんとこなせる、集中して黙々と作業を続けられる人に向いている職業です。

『 豊かな創造力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

お客さんの心をつかむパンを生み出すには、オリジナリティが必要です。新しいパンを生み出せる豊かな創造力を持っている人は、パン職人に適していると言えるでしょう。どれほど美味しいパンが手に入るお店であっても、同じ種類のパンしか並んでいなければ、お客さんに飽きられてしまう可能性もあり得ます。オリジナリティを生かした、魅力的な新作パンを生み出せるようにして下さい。

『 優れた時間管理能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

パンを作る工程は、時間との闘いでもあります。その日の気候や温度・湿度によって変わるパン生地のベストな状態を見極め、素早く作業を進めてゆくことが必要な仕事です。また、お店で取り扱うパンは、一種類だけではありません。場合によっては、数十種類にものぼるパンを店頭に並べるには、時間差を考えた上で異なる種類のパン作りをこなすことが大切となります。パン職人は、職人技が求められるというイメージが強い職業ですが、ただパンを作る技能を磨くだけでは不十分なのです。複数のパンをベストな状態で作り、効率よくパンを仕上げられる時間管理能力を持つ人は、パン職人に向いています。

『 早起きが得意 』

そこそこ兼ね備えている

毎朝焼き立てパンを食べたいという人もいることから、パン屋は、他のお店と比べてオープンが早い傾向がみられます。朝早くからオープンするパン屋に並べるパンを用意するために、パン職人は深夜や早朝に起きて準備をするものです。早起きが得意な人の方が、パン職人には適しています。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

パン職人の仕事には、コミュニケーション能力が求められる場面も数多くあります。パンを作る現場で、他のパン職人と作業を分担して作業に取り組む場合には、お互いの作業の進捗状況を適宜報告しながら仕事を進めることが大切です。また、パン職人が、パンを買い求めに来るお客さんの接客をすることもあります。パンのおすすめ情報をお知らせしたり、パンを買ってくれることに対する感謝の気持ちを伝えたりするのが得意であれば、より多くのお客さんにパンの魅力を広めることができるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのパン職人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • パン職人に向いているか向いていないか
  • パン職人の職業適性度
  • パン職人に必要な10の資質
  • 解説でパン職人に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る