理想の就活/転職のための
自己分析サイト

テレビADに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今テレビADの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテレビADに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのテレビAD適性診断結果

あなたの適性度は58%で、テレビADの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。テレビADを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

テレビADに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくテレビが好き
2.効率よく物事を進められる
3.コミュニケーション能力がある
4.発想力がある
5.公私をきっちり分けることができる
6.精神的にタフ
7.行動力がある
8.柔軟な思考を持っている
9.頭の切り替えが得意
10.指示がなくとも自主的に動ける
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかくテレビが好き 』

そこそこ兼ね備えている

テレビADは企画会議への参加やリサーチ、現場への下見や撮影の準備、雑務など様々なことを行うハードな仕事です。また、テレビADはディレクターになるための修業期間でもあり、多くのADはいつか自分で番組を作りたいという強い意志のもと、日々仕事に取り組んでいます。テレビが好き、この業界で仕事がしたいという覚悟がなければ、ADを続けていくことは厳しいでしょう。しかし、その情熱を持ち努力すれば、自らのアイデアや発想をテレビを通じてお茶の間に届けることもできる夢のある仕事でもあります。

『 効率よく物事を進められる 』

そこそこ兼ね備えている

番組の撮影には期間が設定されています。そしてその作業の多くは、テレビADによって行われています。もしテレビADが迅速な行動や対応を行えなければ、撮影は滞ってしまいます。事前に計画を立て、空いた時間などを無駄にしないように活用する能力、つまりは効率よく物事を進める能力が必須となります。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

テレビADは、ディレクターやスタッフ、スポンサーなど、多くの人とかかわりを持ち仕事をすることになります。そして、その場で得た関係や経験などがその後活かされていくことになります。よって、番組内でのスタッフやディレクター、スポンサー間の潤滑油として、その場の雰囲気や空気を読みつつ、積極的に人とかかわっていくことが求められます。

『 発想力がある 』

あまり兼ね備えていない

テレビADは、番組の制作を主導するディレクターの相談に乗り、サポートをすることも必要です。そして時にはディレクターからアイデアを求められる場合もあります。これまでなかったような新しい企画やテーマなどを掲示することができれば、ディレクターの信頼にもつながり、能力が認められればよりよいポストを手にすることもできます。

『 公私をきっちり分けることができる 』

あまり兼ね備えていない

テレビは常に最新の情報を世間に届けることを求められています。たとえそれがいつ、どこであろうとも新たな情報が入ればテレビAD含む関係者は情報を提供しなければなりません。そのため、休めるときにきっちりと休み、仕事の時には即座に切り替えるという能力が必要になります。また、生活のバランスが崩れやすくなる職業でもあるので、日ごろから健康に気を配り、自らの体をいたわることを求められます。

スポンサーリンク

『 精神的にタフ 』

十分に兼ね備えている

特に入ってすぐのころは、目まぐるしく動く現場に対応しきれないこともざらにあります。シビアな現場では、きつく怒られてしまうこともあるかもしれません。しかし、そこでふさぎ込んでしまうことなく、折れることなく知識や経験を積むことのできる忍耐力が必要となります。自らの感情などを秘め冷静に、大人の対応ができるかどうかが、この仕事を続けるうえでは重要な部分の一つとなります。

『 行動力がある 』

だいぶ兼ね備えている

テレビADは、言われたことをすぐにやり、自らで仕事を見つけ活動するということが求められます。指示を待つだけでなく、積極的にディレクターやスタッフに確認を取り、自らの手でできることを見つけ、迅速に行う行動力が常に求められます。また、さまざまな情報を知るために、積極的市外の世界に出かけ、さまざまな事柄を自らの目で見るということも求められます。

『 柔軟な思考を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

テレビADはディレクターやスタッフから様々な要求を受け、その要求を解決していくことが必要です。そこに、自らのこだわりなどを持ち込んではいけません。郷に入っては郷に従えという言葉のように、常に変化し続ける環境や業務内容に適応し続ける努力と、そのための柔軟性が必要です。常に自分やその時の状況を客観視し、どうすればいいのかを考え続けることが求められます。

『 頭の切り替えが得意 』

だいぶ兼ね備えている

テレビADは数多くの問題を一手に引き受け活動しなければならない以上、一つの問題に気を取られることなく、マルチタスクを行う必要があります。そのため、あまり深く考えすぎず、それはそれ、これはこれと割り切り、目の前の仕事に誠実に取り組む能力が求められます。また、それぞれの仕事に優先順位をつけできる限り無駄を少なくするといいう意識も必要となります。

『 指示がなくとも自主的に動ける 』

あまり兼ね備えていない

テレビADは様々な商品や流行についてリサーチを行わなければいけません。リサーチといってもただ単に情報を集めるだけでなく、さまざまな面から多角的に物事を調べる必要があります。例えば商品ならば商品名や素材の原産地、どのような点が他のものと違うのか、なぜこの商品が生まれることになったのかなど、商品一つをとっても無数の情報が存在します。ADはそれらの情報を取捨選択し、アイデアなどにつなげなければなりません。そのためには普段から自主的に物事を調べ、知ろうとする意識が必要となります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテレビAD適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る