理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

A&Rに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今A&Rの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいA&Rに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

A&Rに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのA&R適性診断結果

あなたの適性度は58%で、A&Rの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。A&Rを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

A&Rに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.音楽が好き
2.チャレンジすることが好き
3.人の話を聞くことが得意
4.コミュニケーション能力に自信がある
5.物事を確実にこなすことが得意
6.柔軟性がある
7.常に冷静に現状を把握できる
8.体力に自信がある
9.人前で話すことが得意
10.責任感が強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
A&R適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 音楽が好き 』

十分に兼ね備えている

A&Rは「Artists and Repertoire」の略であり、レコード会社において、所属アーティストの育成や楽曲提供などの管理を行う仕事のことを指します。音楽に関する仕事ですから、とにかく音楽に興味がある、もしくは好きである、というのはA&Rにとって重要な素質です。ジャンルに偏りがなく、音楽全般に興味があることが理想的ですが、レコード会社によっては音楽のジャンルに方向性があるところも少なくはないので、自分の好きなジャンルの音楽を取り扱うレコード会社を探すこともできます。ですので、好きなジャンルに偏りがあったとしても、まずは音楽が好きであるということが重要です。

『 チャレンジすることが好き 』

だいぶ兼ね備えている

A&Rは、担当アーティストの一切を任されることも少なくありません。既存の方法だけで、売上を出し、長期間の人気を得ることができればよいのですが、新しい方法に次々とチャレンジしていくことも重要です。そのためにも、A&R自身が新しいことに対して抵抗なく、むしろ様々なプランを打ち出していけるくらいが理想的でしょう。従来の方法を取り入れつつ、新しいことにもチャレンジができる、そのような人がA&Rに向いています。

『 人の話を聞くことが得意 』

だいぶ兼ね備えている

A&Rの仕事の一つとして、アーティストを長続きさせなければなりません。あらゆる戦略を立て、プロモーションや企画を考え、次々と新しいことにもチャレンジしていくことが必要です。ですが、アーティストもA&Rも人間です。時にはぶつかるときもあるでしょう。そこで感情的にならず、相手の話をしっかりと聞き、お互いが納得できる妥協点を探せることが重要です。そのためにも、A&Rには人の話を聞くことが得意な人が向いています。自分の意見も言うけれど、相手の話もきちんと聞ける、そのような人であれば、アーティストとの信頼関係もより強いものにすることができるでしょう。

『 コミュニケーション能力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

A&Rは担当するアーティストはもちろんですが、他のスタッフや営業先など、人と関わることが多い仕事です。時には担当アーティストを売り込むことも必要になりますので、通常のコミュニケーション能力よりも、さらに高いコミュニケーション能力が要求されることも少なくないでしょう。ですので、人とコミュニケーションをとることが得意な人は、A&Rに向いていると言えるでしょう。

『 物事を確実にこなすことが得意 』

そこそこ兼ね備えている

A&Rは、担当するアーティストが決まると、メンバーの加入や楽曲、アーティストの方向性など、そのアーティストについて一から作りあげていくことになりますが、最初から売り上げを確保できるアーティストは少ないでしょう。少しずつでも売上を伸ばすために、A&Rは次々と打つ手を考える必要があります。地味な活動であっても、積み上げていくことが重要であるため、一つずつ確実にこなしていくことができる性格の人はA&Rに向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 柔軟性がある 』

あまり兼ね備えていない

A&Rには柔軟性も重要です。人が相手の仕事ですので、予期せぬ事態が起こることも少なくないでしょう。また、人気を得るために、新しい手法を取り入れていく必要もあります。従来の方法にとらわれることなく、一番良い方法を選ぶことができる柔軟性は、A&Rにとって必要な能力です。あらゆる変化を楽しむことができるのも重要です。

『 常に冷静に現状を把握できる 』

そこそこ兼ね備えている

担当したアーティストが、どこまで人気のあるアーティストになることができるかは、アーティスト自身の力による部分が大きいですが、A&Rの力による部分もあります。アーティストと良い関係を築くことも重要ですし、アーティストの力量を適切に計ることも重要です。伸びしろを把握し、さらに長期間表舞台に立たせるためにも、今、何を売り出したらよいのか、何をしたらよいのか、A&Rの判断による部分が大きいため、現状を的確に判断できる能力はA&Rにとって重要です。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

日常的に多くの人に会い、時に会議や交渉を行うA&Rは、体力が重要です。A&Rは、その仕事の特性上、予想しないハプニングが起きてしまうこともあるでしょうし、急なスケジュール変更も少なくありません。そのため、スケジュールが当初の予定から大きくずれこんでしまうこともあるでしょう。根気強く取り組むことができる体力と精神力は、A&Rにとって重要です。

『 人前で話すことが得意 』

そこそこ兼ね備えている

A&Rは人と接することが多い仕事です。仕事のほとんどが人と接する仕事と言っても過言ではないでしょう。基本的に人と接することが好きな人の方が、A&Rには向いていると言えます。人と接することや、自分の意見を出すことが苦手な人では、アーティストを上手く売り込むことはできないでしょう。A&Rはアーティストを売り込んでいくことが仕事であるため、人と話すことや、プレゼンテーションが得意な人はA&Rに向いています。

『 責任感が強い 』

十分に兼ね備えている

A&Rは担当アーティストを成功させるためにも、メンバーの発掘から楽曲管理、売り出し方からプロモーションの方法まで、アーティスト活動のほとんどに関わってきます。アーティストの最初から最後まで、面倒を見る仕事と言っても過言ではないでしょう。ですので、A&Rは最後までアーティストに付き合う覚悟が必要です。何事にも最後まで向き合うことができる、責任感が強い人に向いている仕事であると言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのA&R適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
A&R適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • A&Rに向いているか向いていないか
  • A&Rの職業適性度
  • A&Rに必要な10の資質
  • 解説でA&Rに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

A&Rとは?

A&R(Artists and Repertoire)は主にレコード会社や音楽出版社に在籍し、アーティストの発掘や育成、楽曲提供等を手掛ける職種です。

アーティストにとって会社との窓口であり、活動全般を統括する責任者となります。

会社にとっては楽曲制作の方向性を決めたり、売り出し戦略を立てる等重要なポジションを占めます。

A&Rは曲やアルバム制作にも関わりますが、それ以上に長期的な視野を持つことが重要になります。

新人発掘に際しては、インディーズを含めてアンテナを張り巡らし、実際の演奏を聴いた上でスカウトする流れです。

それ故、鋭い感性が求められるので、A&R自身がアーティストであるケースが少なくありません。

A&Rになるには?

A&Rになるには、先ずはレコード会社又は音楽出版社に所属する必要があります。

主なルートはレコード会社で、音楽制作部や宣伝部、営業部のいずれかからキャリアアップするカタチです。

未経験から同職に就くのは難しいので、各部門で知識と経験を積んでから関係各所にアプローチしていくのが筋道です。

A&Rに音大卒のような専門的な資格やスキルは必要ありませんが、音楽に関する一定の知識や常識は必要となります。

そもそもレコード会社に入る上では、音楽関係の学校出身者は有利だと言われます。

また、同職は音楽業界の花形的存在なので、競争が激しい世界となっています。

それ故、音楽以外にも様々な見識が求められるわけです。

A&Rの給料・年収

A&Rはレコード会社や音楽出版社に所属しているので、給料・年収に関しては各企業の報酬体系に準じます。

3~5年目くらいの駆け出し時期では、300~500万円くらいが相場です。

各部門の責任者になれば、渉外も担当するようになります。

6~10年目くらいでは、アーティストの発掘などに携わるようになります。

ライブハウスに通うのも業務となり、年収も相当にアップします。

10年以上のキャリアを積むと、適正によってA&Rのチーフに抜擢されるものです。

この頃になると、年収は800万円以上に及んでいるのが通常です。

また、この時期には、培われた人脈などを活かして独立するケースも少なくありません。

A&Rの就職・転職先(求人)

A&Rは、職業としてはかなり多忙な部類に入ります。

アーティストの生活や運命、多額の予算を担うので責任も重大です。

それでも、担当するアーティストがブレイクしたり、制作した楽曲やアルバムが売れたりすると喜びはひとしおです。

それだけ、遣り甲斐のある職種だと言えます。

一方、音楽業界は時代の流れと共に変わりつつあります。

現在は、サブスクリプションという形態が音楽業界の主流です。

そのような中で、レコード会社などが生き残るには大々的な経営戦略の変革が必要になるわけです。

但し、アーティストの発掘に関してはレコード会社が培ってきたノウハウや人脈に適うものはありません。

その意味で、A&Rの活躍の場は益々広がるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0