理想の就活/転職のための
自己分析サイト

美術スタッフ適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今美術スタッフの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい美術スタッフに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの美術スタッフ適性診断結果

あなたの適性度は56%で、美術スタッフの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。美術スタッフを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

美術スタッフに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力と強いメンタルがある
2.想像力など美術のセンスがある
3.コミュニケーション能力がある
4.様々な素材の特性や用途の知識がある
5.テキパキ動ける
6.向上心が高い
7.舞台や演劇が好き
8.目標をもって取り組める
9.CGなどコンピュータの知識がある
10.変化のある仕事に進んで取り組める
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体力と強いメンタルがある 』

あまり兼ね備えていない

美術スタッフは、テレビ番組や映画、舞台、コンサートなど様々なエンターテイメントの現場に携わっています。担当する業務は現場によって異なりますが、大道具や小道具の完成に向けて徹夜で作業をしなければならないケースもあり、長丁場に耐えうる体力と精神力が不可欠です。また、会場内に大道具の搬入や設置をする際は腰や腕などへの負担が大きくなるため、正しい姿勢をキープしたり、必要に応じて台車を利用したりと工夫が必要となります。

『 想像力など美術のセンスがある 』

あまり兼ね備えていない

美術スタッフは、依頼者のニーズに合った大道具や小道具を提供するために常にクリエイティブな能力が求められます。依頼者によっては、デザインや素材、サイズなどを細かく指定しないこともあり、想像力を働かせながらクオリティの高い作品を製作しなければなりません。なお、有名な制作会社などに美術スタッフとして入社をするには美術大学や専門学校を卒業するだけでなく、在学中の作品の製作数や評価、受賞歴などが厳しくチェックされることもあります。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

美術スタッフは、単独で仕事を行う場面は少なく、テレビ局やコンサートホールのディレクターやプロデューサー、照明などの現場スタッフなど色々な立場の人と関わることがあります。そのため、黙々と作業を行うのではなく、周りのスタッフとコミュニケーションを取りながらより良い作品を完成させようとする姿勢がある人が好まれます。

『 様々な素材の特性や用途の知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

美術スタッフは、大道具や小道具を作る上で、金属や木材、塗料など様々な素材の特性を理解することや、正しい使い方をマスターすることが求められます。現場によっては道具の製作費用が限られていることもあり、予算の範囲内でいかに優れた作品を作れるかが課題となります。日々の業務の中で完成度の高い作品を目指すには、仕事終わりや休日を利用して実際に色々な素材を試してみたり、同業者と意見交換をしたりするなど積極性も大切です。

『 テキパキ動ける 』

十分に兼ね備えている

美術スタッフは、舞台芸術に関する道具の製作がメインとなりますが、小規模な劇場などでは現場で作業員と一緒になって会場設営や撤去に関する作業に携わることもあります。舞台の演目やシーンによっては、上演中にステージ上の大道具や小道具を移動したり、照明を操作したりすることもあり、臨機応変に動ける人が重宝されています。会場の設営や撤去に関するノウハウを習得するには、舞台美術と並行して現場作業を学べる制作会社で経験を積む方法もあります。

スポンサーリンク

『 向上心が高い 』

そこそこ兼ね備えている

美術スタッフとしてキャリアを積んでから美術監督など重要な役職に就きたい人は、スタッフをまとめ上げるためのマネジメントや指導力を身につけなければなりません。こうした能力はすぐに習得することが難しいため、若いうちから自分が信頼している美術監督と長く関わったり、先輩のスタッフからアドバイスをもらったりと努力が必要です。また、場合によっては同じ会社で美術スタッフとして働き続けるのではなく、経歴や成果を高く評価してくれる同業他社への転職も視野に入れるのも有効です。

『 舞台や演劇が好き 』

そこそこ兼ね備えている

美術スタッフとして活躍をするには、国内外の様々な舞台や演劇などの芸術に触れて、道具の製作に役立つセンスを磨くことも大切です。美術制作会社の中には、入社試験の際に面接や筆記試験を通じて舞台や演劇に関する知識を問うところもあり、業界で実績のある会社に正規のスタッフとして在籍するためにも幅広く芸術的な知識を得るメリットがあります。

『 目標をもって取り組める 』

だいぶ兼ね備えている

美術スタッフは、即戦力としてすぐに活躍できる人は少なく、大半の人はアシスタントとして下積みを経てからテレビや舞台などの現場を任されるようになります。下積みの期間は個人差がありますが、上司や先輩に認められるまでに五年から十年ほどかかる人も珍しくありません。そのため、一人前の美術スタッフを目指すにあたり、下積み時代から自分が将来取り組みたい作品や、理想のキャリアなど目標を持って働くことが重要です。

『 CGなどコンピュータの知識がある 』

そこそこ兼ね備えている

最新の技術を取り入れて大道具や小道具を制作している会社の中には、美術スタッフにコンピュータグラフィックスの基本的なスキルを期待するところが多くあります。たとえば、実際にコンピュータグラフィックスを用いて精巧な作品を仕上げた人や、様々な種類のCADソフトの操作に慣れている人は、若くして現場で中心となって仕事ができることがあります。

『 変化のある仕事に進んで取り組める 』

あまり兼ね備えていない

美術スタッフは、各自のキャリアや専門分野によりますが、日によって様々な現場を担当するため、変化のある仕事を好む人に向いています。また、多方面の依頼主にオリジナリティの作品を提供できるよう、確かな技術を日ごろから鍛えておくことも重要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの美術スタッフ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る