理想の就活/転職のための
自己分析サイト

航空整備士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今航空整備士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい航空整備士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの航空整備士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、航空整備士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。航空整備士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

航空整備士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.英語力がある
2.真面目で誠実な性格
3.責任感がある
4.手先が器用
5.時間管理が得意
6.協調性がある
7.体力がある
8.勉強するのが苦にならない
9.機械いじりが得意
10.とにかく飛行機が好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 英語力がある 』

あまり兼ね備えていない

航空整備士の主な仕事は飛行機の整備ですが、機種ごとの対応に細かな違いがあります。作業に必要なマニュアルは英語仕様なので、読解力がなければ仕事になりません。また海外で働く場合には英会話のスキルは必須となるので、全般的に出来るようになっておくと強みになります。英会話の方は日常会話ができる程度でよいですが、マニュアルは専門性の高い言葉が使われているので英語に強い人に向いています。

『 真面目で誠実な性格 』

あまり兼ね備えていない

航空整備士には、真面目で一生懸命に仕事をする誠実さが求められます。整備の仕事には一部のミスも許されません。ちょっとした汚れやネジが一本緩んだだけでも、大空に飛び立てば風圧と気圧に晒され事故の元となります。またどんなに小さなことでも、嘘偽りなく報告できるようでなければなりません。わざわざ伝えなくても大丈夫だろうと思う気の緩みが、取り返しのつかないことになるからです。誠実であるのは人から信頼されやすいという良い面を持つので、常に心がけておくと良いでしょう。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

責任感の強い人でないと航空整備士の仕事は務まりません。飛行中にトラブルが発生したら、地上にいる時と同じような対応は簡単にはできません。飛行機の事故が起きる原因で多いのが、整備のミスによるものです。パイロットの操縦ミスのケースもありますが、飛行前の事前の整備が完璧でなかったために最悪の事態を招く事があるのです。常に乗客の命を預かる者の使命として、責任感を持って業務に取り組む姿勢が大事なのです。

『 手先が器用 』

だいぶ兼ね備えている

機械いじりをする航空整備士は、細かな部品や工具を扱うことが多いです。そのため器用であることは、航空整備士になることに大きなアドバンテージが持てます。手先を使う細かい作業が得意な人なら、スキルとして磨くことで大きな力を発揮できるようにしましょう。

『 時間管理が得意 』

十分に兼ね備えている

飛行機のフライトは細かく決められており、一分一秒が無駄にできません。そのため航空整備士には、限られた時間の中で作業をできるように時間の管理ができる能力も求められます。したがって遅刻をするなど、時間にルーズな人は航空整備士になるのは厳しいでしょう。整備の遅れがフライトの遅れにつながり、乗客に迷惑をかけることになってしまいますので、時間通りに行動できる必要があります。

スポンサーリンク

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

航空整備士の作業は何人かのチームで行うのがほとんどで、単独行動はありません。そのため、協力して取り組める人が向いているといえます。常に意思疎通が出来るようにコミュニケーションを取れるようにできると、困難にぶつかっても対処できるようになります。チームワークはもちろんですが、広い視野を持ち人を引っ張っていけるリーダーシップがあるとなおよいでしょう。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

航空整備士には体力は欠かせません。ジャンボ機のような大型の飛行機の整備となると、部品も大きく重量があります。機体が大きいと距離もあるので、動き回る距離もアスリート並みです。また作業をする整備場の環境も整っているとは限りません。夏の暑さや冬の寒さが厳しい過酷な場所での作業をするだけではなく、交代制を採用しているために不規則な生活をすることになるので睡眠を確保するのも大変です。よって過酷な環境でも順応できる体力自慢の人に適しています。

『 勉強するのが苦にならない 』

だいぶ兼ね備えている

国家資格である航空整備士の資格に合格するためには、多くを学ばなければなりません。筆記と実技があり、航空機や整備についての知識から航空の規則など覚える事が多く、勉強量もかなりのものとなります。整備の方法も機体の進化に伴い変わっていくので、常に新しい情報をインストールしていきます。そのため航空整備士を続ける限り勉強も続けていくことになるので、勉強をすること自体が苦手な人には難しいでしょう。

『 機械いじりが得意 』

そこそこ兼ね備えている

航空整備士のメインの作業は飛行機の整備であり、整備部品や機材に触れることが多いです。細かな部品一つ一つに大切な役割があり、これを整備していくことが醍醐味であり航空整備士の腕が鳴るところです。機械をいじるのが得意だと、このような場面で力を発揮できるので航空整備士はおすすめの職業だといえます。

『 とにかく飛行機が好き 』

あまり兼ね備えていない

飛行機を整備する航空整備士にとって、飛行機が好きな人というのは天職であるといえます。いつも飛行機の側で仕事ができるので、モチベーションを高く保てるでしょう。好きだからこそ整備の仕事に真面目に取り組むことができるし、手を抜くようなことはできないでしょう。何より好きであることは、航空整備士としての誇りを持つことができます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの航空整備士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る