理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

アクセサリーデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今アクセサリーデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいアクセサリーデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

アクセサリーデザイナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのアクセサリーデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は46%で、アクセサリーデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。アクセサリーデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

アクセサリーデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.アクセサリーが好き
2.アクセサリーの知識がある
3.デザインすることが得意
4.企画提案力がある
5.細かい作業が好き
6.新しいアイデアを考えるのが得意
7.コミュニケーション能力がある
8.パソコンを使った作業が苦ではない
9.様々な職種の仕事に興味が持てる
10.粘り強く継続力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
アクセサリーデザイナー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 アクセサリーが好き 』

兼ね備えていない

アクセサリーデザイナーは、アクセサリーが好きであることが大切な資質と言えます。アクセサリーデザイナーになるには宝石や貴金属、加工などについての専門的な知識やスキルが必要です。アクセサリーが好きなら、無理なく勉強を継続できるでしょう。またアクセサリーは、誕生石などのように素材が象徴的な意味を持ちます。つける人やつける位置などによって異なる細かなルールも、自身がアクセサリーを身につけることで自然と覚えられるはずです。

『 アクセサリーの知識がある 』

十分に兼ね備えている

貴金属や宝石に関しては、加工のしやすさや耐久性など素材そのものに関する知識のほかに、金属アレルギーを起こす可能性なども理解しておかなければなりません。宝飾業界についての情報や、トレンドを把握しておく必要もあります。アクセサリーはコーディネートして使うので、ファッションの流行の変化にも敏感になると顧客の求めるアクセサリーをデザインすることができます。

『 デザインすることが得意 』

そこそこ兼ね備えている

デザイナーなので、製図技術やデザインセンスがあることは必須です。これらは芸術系の大学やデザイン・ファッション系の専門学校などで学ぶことができます。もともとの資質も大切ですが、あとから身につけられるものをしっかり習得することもアクセサリーデザイナーになるための方法です。

『 企画提案力がある 』

そこそこ兼ね備えている

アクセサリーは、身につける人を引き立てるためのものです。顧客と直接やり取りする場合は、顧客のニーズを正確につかみ取り顧客に似合うデザインをする必要があります。洞察力を発揮して顧客にぴったりなアクセサリーを提案できれば、信頼関係ができてリピーターになってもらうことやSNSなどを通じて宣伝してもらうこともできるかもしれません。

『 細かい作業が好き 』

兼ね備えていない

アクセサリーは小さなものが多く、商品化には高い完成度が不可欠です。独立したり小さな企業で働いたりする場合には、デザインだけでなく製作まで任せられることがあります。アクセサリーは、細部が少し違うだけで印象が全く異なる製品になります。ほとんどが地味な作業ですが全工程において手を抜かず器用さを発揮でき、パソコンの画面上でも細部にこだわるのが楽しければ美しいアクセサリーをデザインできます。

スポンサーリンク

『 新しいアイデアを考えるのが得意 』

十分に兼ね備えている

アクセサリーデザイナーには様々な働き方がありますが、企業で働く場合にはデザイン専属の採用は少ないでしょう。そのため商品開発や、商品企画などのアイデアを求められることもあります。優れたアクセサリーデザイナーの特徴の1つは、独創的なアイデアを形にできることです。アクセサリーデザイナーにはトレンドや製品のコンセプトに合い、なおかつ斬新で実現性のあるアイデアが求められます。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

独立してアクセサリーデザイナーになるためには、顧客の希望に沿ったデザインをすることが求められます。顧客の頭の中にあるデザインを描き起こすには、高いコミュニケーション能力が必要です。企業で働く場合には企画や販売、マーケティングなど、直接デザインとは関係ない部署の様々な担当者とデザインを共有しなければなりません。アクセサリーデザイナーはアクセサリー製作の全工程を把握して、各部署に無理が出ないようにする調整役でもあります。

『 パソコンを使った作業が苦ではない 』

そこそこ兼ね備えている

デザインは手書きでも可能ですが、企業で働く場合には多くの場合デザインソフトを利用します。デザインをするだけでなく、ほかの部署の人にイメージを共有しやすいようにデザイナーが3Dに起こすこともあります。専任での採用は少ないため、アクセサリーデザイナーが市場調査や企画、営業などを兼任していることも多いです。パソコンでの事務作業もあるので、パソコンが使えることは必須です。

『 様々な職種の仕事に興味が持てる 』

兼ね備えていない

アクセサリーデザイナーだけでなくデザイナー全般には、デザインする製品に関する包括的な知識が求められます。デザイン重視でアクセサリーの開発のコンセプトや販売の形態、加工方法など異なる部署の仕事に興味が持てないと、実際にアクセサリーを作ることができないなど思わぬ失敗につながります。会社によっては商品企画や実製作までアクセサリーデザイナーが幅広く手がけることもあるため、デザイン以外の仕事にも興味が持てないと仕事が楽しめません。

『 粘り強く継続力がある 』

十分に兼ね備えている

アクセサリーのデザインをするためのスキルの習得には時間がかかります。勉強が思うように進展しないときにも、諦めない粘り強さがないと挫折する可能性が高まります。細かな作業がうまく行かないときも、じっくりと取り組んで完成させなければなりません。他部署の人たちにデザインの意図が伝わらなかったり、部署間の調整が順調に行かなかったりするときも落ち着いて話し合い、各部署が納得するアクセサリーができるように努める必要があります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのアクセサリーデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
アクセサリーデザイナー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • アクセサリーデザイナーに向いているか向いていないか
  • アクセサリーデザイナーの職業適性度
  • アクセサリーデザイナーに必要な10の資質
  • 解説でアクセサリーデザイナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

アクセサリーデザイナーとは?

ネックレスやピアス、イヤリングや指輪などのアクセサリーをデザイン制作する仕事がアクセサリーデザイナーです。

ダイヤモンドやパールのような天然石を使って作ることもあれば、ニットやビーズで制作することもあります。

材料や作り方は雇用会社や働き方によってさまざまです。

オリジナルの商品を生み出すだけでなく、客の要望に添って作る場合もあります。

いずれにせよ、手先の器用さやセンスが必要となる仕事です。

自分で作家として働くにあたっては、宣伝や在庫管理や販売接客業務もすることになります。

自身が作ったアクセサリーを身に付けて喜んでもらえることがやりがいにつながります。

アクセサリーデザイナーになるには?

アクセサリーデザイナーとして活躍するには、特に資格は要りません。

ただしアクセサリーメーカーなどの企業に就職して働く場合は、デザイン学校を出ているなどの条件が求められる可能性もあります。

日本ジュエリー協会が主催する「ジュエリーコーディネーター検定」を取得しておけば優遇されることもあるでしょう。

また売れるデザイナーになるためには、それなりの技術力が必要です。

それゆえにデザインに関する専門学校や美術大学などで学んでおけば安心です。

技術力やセンスは、たくさん作ることで身に付きます。

個人でデザイナーとして活動するなら、委託業務をしているハンドメイド店に納品したり自身でオンラインショップを作ったりする手があります。

アクセサリーデザイナーの給料・年収

アクセサリーデザイナーの収入は、働き方や制作量などによっても変わります。

デザイン事務所やアクセサリーメーカーに就職して働く場合、年収は250万~500万円ほどが一般的です。

ただしその企業の規模にもよりますし、宝石は景気にも大きく左右されるアイテムです。

贅沢品とも言えるので、その年の売れ行きによっても年収が変わる可能性があります。

個人でアクセサリーデザイナーとして販売活動をする場合、そのデザイナーの技術力が年収に大きく関係します。

人気デザイナーであれば年収800万円ほど稼ぐ人もいるでしょう。

委託ショップに納品すると委託料が2~3割引かれるため、年収は実際の売上よりやや低くなります。

アクセサリーデザイナーの就職・転職先(求人)

アクセサリーデザイナーの就職先は、デザイン事務所やジュエリーメーカーなどが挙げられます。

大手企業のデザイン部でデザイナーを募集していることもあるので、応募してみるのもひとつです。

キャリアを積んだ後に、自身でジュエリーブランドを立ち上げることもできます。

実店舗を持つのも良いですし、近年はオンラインショップを作って通販しているデザイナーも目立ちます。

そのほかハンドメイドのマーケットプレイスに登録して販売活動をしたり、委託ショップに作家登録したりする方法も始めやすいです。

雇用という形でもフリーランスとしてでも活躍できます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0