理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

アート業界

アート業界とは絵画や美術品を生み出し、販売することで生計を立てている人々が属する業界の総称です。芸術家や製作者だけでなく各地のアトリエやギャラリーなどもアート業界に含まれています。作る人や売る人だけでなく、絵画や工芸品などを修繕する人も、この業界を支えている構成員の一人です。市場規模は小さく、従事者の職業も細分化されているという特徴が、アート産業にはあります。

アート業界の職種適性診断一覧(全9種)

アート業界に向いている人の特徴

  • 交渉力に長けていて、粘り強い人
  • 数字やチャートなどに強い人
  • 美的感性に溢れ本物を直感的に掴める人
  • 美術史や技法の変遷に通じている人
  • 手先が器用で独創性がある人

アート業界に向いていない人の特徴

  • 手先が不器用で、細かな作業が苦手な人
  • 美術や工芸品に興味を持てない人
  • コミュニケーションが上手く取れない人
  • 文章力があまりない人
  • ネットなどのビジネスに通じていない人
スポンサーリンク

アート業界の今後の見通し

日本のアート業界の規模はそれほど大きくありません。

2020年における日本のアート産業の市場規模はおおよそ2000億円で、これは世界のアート産業の3%ほどに当たります。

世界の美術市場では、ネットオークション等で美術品を取引することが当たり前になっています。

日本国内でアート作品が取引される時には、ギャラリーや工房などから直接購入する形を取っていることがほとんど。

しかし、コロナ禍でリモートワークが進んできたことにより、対面ではない商取引の慣習も増えて来ています。

今後の日本のアート業界は、こういった潮流を利用して、デジタル化を進めていく必要があるでしょう。

対面での商取引を活発にすると同時に、ネットでの取引環境を整備して、誰でもが簡単にアート作品にアクセスできる状況を作り出していく必要があります。

アート業界の課題

アート業界が長年抱えている問題は、市場規模が小さいことです。

市場規模が小さいので、その中で回っているお金の量自体も少なくなってしまいます。

アート産業に従事している労働者は細分化しているため、それぞれが受け取る収入もそれだけ小さくなってしまいます。

アート業界は一丸となって市場規模を拡大するだけでなく、クリエイターや職人・アーティストなどにお金が回っていく仕組みを整えていかなければなりません。

アーティストやクリエイターはフリーランスという、弱い立場に立たされています。

立場的に弱いということは、不公正な契約が結ばされやすい環境にさらされやすくなってしまいます。

そういった契約関連の事柄は、専門的な知識が必要となるので業界全体として改善していかなければなりません。

製作者にしっかりとお金が回っていく環境を作ることで、作品自体の質も上がっていくので業界自体も活性化していきます。

アート業界の代表的な会社

wako works of art

六本木で画廊を経営している。まだ日本において知名度のないヨーロッパの現代アートを精力的に紹介している

MAHO KUBOTA GALLERY

品川でコンテンポラリーアートを中心に展示している。最新のコンテンポラリーアートを体験できるスペース

SBIアートオークション

現代アートを中心に取り扱っているが、工芸やデザインなど商品の幅も広い。新しい層のコレクターの開拓も積極的に行う

毎日オークション

年間30回程度オークションを開いている国内有数のオークション会社。欧米のオークションハウスの仕組みを取り入れている

チームラボ株式会社

最新のテクノロジーとアートを組み合わせた創作を行っている

スポンサーリンク
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!

今の仕事やキャリアに悩んでいますか?
プロに相談しながら転職したい人に

やりたい事や向いている事がわからない、転職すべきか悩んでいる、一人での転職に不安がある、といった人はプロの転職エージェントに相談してみましょう。

キャリアの相談に乗ってもらいつつ、自分のより良いキャリアを模索するのがオススメです。

ここでは、ユーザアンケートで評判の良かった転職エージェントサービスを3つご紹介します。

どのサービスも無料で利用できますので、どこにすべきか迷う人は複数登録してみて比較するのも手です。

  • 1位 doda
    転職者満足度1位の転職サービスで、求人数も業界2位を誇ります。初めてでわからない人にも安心です。
  • 2位 マイナビエージェント
    非公開求人が多く、特に20代〜30代の若手向け求人が充実しています。企業の人事や採用担当との太いパイプが強みです。第二新卒の転職にも定評があります。
  • 3位 リクルートエージェント
    業界最大手で転職支援実績No.1です。20万件以上の非公開求人があります。登録すると無料で参加できる「面接力向上セミナー」も好評です。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィル
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。

無料で自己分析ができる
おすすめ就活サービスは?

あなたのが就活生の場合は、自己分析診断ツールに定評のある就活サイトの利用がオススメです。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

  • OfferBox
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

プロに相談しながら
就活を進めたい人は?

自己分析がある程度できている、もしくはプロのエージェントに相談しながら自己理解を深めたい、という人はエージェントサービスの利用がオススメです。

  • キャリアチケット
    年間1万人以上の就活生の相談に乗っている実績があります。自己分析、ES添削、面接対策を相談したい場合におすすめです。
  • JobSpring
    手厚いカウンセリングを行って、マッチする企業の紹介と内定までのサポートを行ってくれます。紹介社数は平均3~4社で、本当に合った企業のみ紹介してくれるのが特徴です。
  • レバテックルーキー
    【エンジニア就活】年間3000以上の企業を訪問して蓄積したノウハウで、エンジニアの就職を徹底サポートしてくれます。

おすすめコンテンツ