理想の就活/転職のための
自己分析サイト

農林・水産業界

農林・水産業界とは、人の生活に欠かせない食料や木材などを生産する業界のことです。作物や家畜などを育てて食料を生産する農業、森林を育てたり木材を生産する林業、海や川で水産物を捕獲・養殖したり加工する水産業といった3つの産業が合わさっています。日本人の暮らしを支える重要な仕事が集まった業界だといえるでしょう。

農林・水産業界の職種適性診断一覧(全5種)

農林・水産業界に向いている人の特徴

  • コツコツと地道に作業ができる人
  • 人と上手くコミュニケーションが取れる人
  • 試行錯誤しながら仕事を進められる人
  • 数字に抵抗がなくデータ管理などが得意な人
  • 自然に囲まれて生活したいと考えている人

農林・水産業界に向いていない人の特徴

  • 人との作業が苦手で一人黙々と作業したい人
  • 臨機応変に対応できない人
  • 志望理由が「自然が好き」だけの人
  • 計画性がなく行き当りばったりの人
  • 大雑把で細かい作業が苦手な人
スポンサーリンク

農林・水産業界の今後の見通し

農林・水産業界は国内の需要は減少傾向にあるものの、海外では寿司がブームとなり魚介類の需要が急増しています。

「Food and Agriculture Organization」の調査によると、1995年から2018年にかけて世界の養殖業の生産量が拡大傾向となっています。

世界の水産業は今後も拡大していくと考えられており、上手く海外進出ができれば水産会社の事業は大きく成長していくでしょう。

近年では魚だけでなく、健康志向による日本食の需要が高まりつつあります。

日本の食文化をブランド化し海外展開を強化することで、輸出による消費が期待できます。

国際社会への日本食文化の発信が、今後の農林・水産業界には重要なのです。

また脱炭素社会実現に向けて、林業の活躍が期待されています。

建築物に二酸化炭素を取り込む木材を積極的に活用する法律が施行されたこともあり、木材を利用したビジネスへの関心が高まるでしょう。

農林・水産業界の課題

農林・水産業界の大きな課題は「高齢化による人材不足」です。

農林・水産業界は若い世代の人材が集まりにくく、後継者が育ちにくいというのが課題です。

国内で消費する食品を輸入に頼りすぎると、関税による品物の値上げなどの問題が発生します。

今後は農林・水産業界で働く新しい人材を増やす取り組みを強化する必要があるでしょう。

また自然災害などの被害により、収入が安定しないというのも課題の一つです。

日本は自然災害が多発する国です。

台風や地震などの被害があると、農林・水産業界の生産者は大きなダメージを受けます。

自然災害などで収入が激減すれば、生産者が仕事を続けられなくなり食料などの生産量が減少します。

国内生産が少なくなると、価格の上昇に繋がる可能性があります。

農林・水産業界の代表的な会社

マルハニチロホールディングス

水産を含む食品事業を手掛ける大手食品会社

日本水産(ニッスイ)

漁業から養殖、加工、販売で一貫して行っている水産会社

極洋

水産物を中心にさまざまな種類の食品を提供する総合食品メーカー

サカタのタネ

高品質な野菜や花の種、園芸用品などを提供する種苗メーカー

ホクト

エリンギやマイタケ、ブナシメジなどきのこの種菌開発・生産・販売を行う企業

カネコ種苗

生産者向けの苗や種、肥料、農薬、農業資材などを提供する農業関連の企業

アクシーズ

ニワトリの飼育や鶏肉・鶏肉加工品を製造・販売する企業で、ケンタッキーフライドキチンなどに出荷

スポンサーリンク
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
\フォローしてあなたの自己分析力をアップ!/
理想の就活・転職を実現するための
自己分析のやり方、オススメ診断などを
毎日ツイートしてます!

無料で自己分析ができる
おすすめ就活/転職サービスは?

最後に、自己分析診断ツールに定評のある就活/転職サイトのまとめをご紹介します。

無料登録すると診断できますので、「大手サービスのツールを使って自己分析したい」という方は試してみてください。

就活向け

  • OfferBox(オファーボックス)
    就活生の3人に1人が利用するスカウト型就活サイト。適性診断の『AnalyzeU+』というツールが秀逸でオススメです。
  • キミスカ
    キミスカの自己分析ツールはストレス耐性や価値観傾向がわかるなど、かなり細かいところまで力を入れています。業界の中でも有数の自己分析ツールです。

転職向け

  • doda
    転職満足度が高く、業界2位の求人数を誇る転職サービス。「年収査定」「キャリアタイプ診断」「転職タイプ診断」など、独自の自己分析ツールが充実しています。
  • ミイダス
    7万人の転職実績データから、市場価値を分析して教えてくれます。『コンピテンシー診断』は職務適正、性格、ストレス要因、相性の良い上司部下のタイプなどがわかります。
  • Re就活
    学情が運営する20代、第二新卒向けの転職サイト。『適職診断テスト』で強み、仕事の向き・不向き、仕事のスタイルなどを知ることができます。

有料でもプロのコンサルタントに
アドバイスをもらいたいときは?

※転職のみ

プロのキャリアカウンセラーと長期に渡って一対一で徹底的に自己分析・転職活動をするサービスが今非常に人気です。

自分一人では自己分析も転職も心もとないという人に向いています。

どのサービスも無料相談を受け付けていますので、まずは相談してみるとイメージがつくでしょう。

転職向け

  • ポジウィルキャリア
    現在の業界最大手。マンツーマンで転職の自己分析を手伝ってくれるだけでなく、履歴書、職務経歴書、面接のトレーニングまで行ってくれます。サービスを受けて転職した際に、年収が最大150万アップした人も。
  • マジキャリ
    業界2位のサービス。元転職エージェントや人事のコーチが、キャリアで自己実現したい人を丁寧にサポートしてくれます。ポジウィル同様、自己分析、キャリアプラン設計、企業選びのアドバイスなど全工程を手厚くフォローしてくれます。サービス満足度92%と非常に好評です。

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る