理想の就活/転職のための
自己分析サイト

YouTuberに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今YouTuberの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいYouTuberに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

YouTuberに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのYouTuber適性診断結果

あなたの適性度は48%で、YouTuberの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。YouTuberを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

YouTuberに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.企画力がある
2.好きなことがある
3.人前でしゃべるのが得意
4.他人を大切にできる性格
5.向上心が高い
6.長期的な視点を持っている
7.地道な作業が好き
8.メンタルが強い
9.身だしなみに気を使える
10.自己肯定感が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 企画力がある 』

兼ね備えていない

YouTuberは常に新しい動画を作らなければいけません。同じような企画ばかりやっていたら視聴者は飽きてしまいます。そのため、企画力は欠かせません。企画力があって今まで見たことのない動画を生み出すことができれば、多くの視聴者を獲得することができるでしょう。もし斬新な企画を生み出すだけのアイディア力がなければ、なかなか視聴者数を獲得しづらく、YouTuberとして大成するのは難しいです。

『 好きなことがある 』

そこそこ兼ね備えている

YouTuberはしばしば好きなことを職業にして生きていける職業とされています。好きなことをやっているということが長期的に動画投稿へのモチベーションにもなるでしょう。また、同じ趣味を持っている視聴者を確保することにもつながりますし、コラボ相手なども簡単にみつけることができます。好きなことがないままYouTuberになろうとしても長続きはしないので、まずは好きなことを見つけることから始めましょう。

『 人前でしゃべるのが得意 』

あまり兼ね備えていない

YouTuberは常にカメラの前に立ってしゃべり続けなくてはいけないので、話がうまいのは基本条件と言えるでしょう。しゃべるのが得意であれば視聴者を飽きさせず動画を見続けさせることができます。反対に、しゃべりが得意でないという人はカメラの前に立たずYouTuberをやる道を模索しなくてはいけないです。その時点でしゃべりの得意なYouTuberと差をつけられていると言わざるを得ません。

『 他人を大切にできる性格 』

そこそこ兼ね備えている

一時期は過激なYouTuberが人気を集める時代がありましたが、今はトレンドが変わりつつあります。他人を思いやれる性格のいいYouTuberこそ数字を集めやすくなっているのです。最近のYouTuberは芸能人同様ゴシップのネタになることも多くなっています。普段からスタッフに厳しく当たっていると、後々スキャンダルの種になりかねません。性格が悪い人はYouTuberに向いていない、と言える時代が来ているのです。

『 向上心が高い 』

だいぶ兼ね備えている

YouTuberは日々トレンドが変わる職業です。今まではこういうYouTuberがウケていたけれど、今は違ったタイプのYouTuberがウケている、というのは珍しくありません。そんな中にあって常に業界のトレンドを追いつつ、成長できるよう努力できる人こそYouTuberに向いています。逆に、向上心のない人はYouTuberとしては長く活躍できないでしょう。

スポンサーリンク

『 長期的な視点を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

YouTuberはすぐに人気になれるわけではありません。今人気を集めているYouTuberも、はじめはコツコツと動画を投稿して地道に登録者を獲得していった人ばかりです。今は登録者数は少ないけれど、この路線でやっていれば数字は追いつく、という長期的なビジョンを持てる人こそYouTuber向きと言えるでしょう。飽きやすい人は登録者数を獲得できないままYouTuberを終えてしまいかねません。

『 地道な作業が好き 』

兼ね備えていない

YouTuberというと華やかな職業というイメージを持ちがちですが、実際は地味な作業をやっている時間の方が多いです。動画編集や企画、備品の購入など、動画撮影以外でやるべき仕事の方がたくさんあります。こうした作業を黙々とやれる人こそ現在YouTuberで人気を集めている人と言えるでしょう。YouTuberは楽な職業、と頭から決めつけていると、あまりの作業の多さに愕然とするので注意しなければいけません。

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

YouTubeでは視聴者がコメントを投稿することができます。基本的にはファンがコメントを書くことが多いですが、中には心無いコメントを投稿するアンチもいるのも忘れてはいけません。そういったアンチの声に影響されてやめていったYouTuberは多くいます。そのほか、なかなか動画の視聴者数が稼げない、スタッフとの仲が良くない、といったトラブルも起こり得ます。そうしたトラブルに負けないメンタルの強さこそYouTuberに求められる資質と言えるでしょう。

『 身だしなみに気を使える 』

十分に兼ね備えている

YouTuberは常にカメラの前に立つ職業ですから身だしなみは欠かせません。特別容姿が良くなくても、少し髪を整えることや服装に気を遣うだけでも印象は変わります。この人は几帳面な人だ、という印象を視聴者に与えれば動画を再生してもらいやすくなるでしょう。逆に、普段から身だしなみを気にせず、ズボラな人は視聴者に対して悪印象を与えがちなので、まずは小さなことから見た目を変えていくように気を付けるべきです。

『 自己肯定感が高い 』

だいぶ兼ね備えている

無数のライバルがひしめくYouTubeの中で生きていくには、自信がなくてはいけません。自分は面白い、自分は才能がある、と思える人こそYouTuberとして開花できる素質があると言えます。それに対して、自己肯定感が低いと面白くなるはずの企画もうまく進行することができません。面白いものをあなたに見せてあげますよ、という人の方が多くの視聴者を集めやすいことは言うまでもないでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのYouTuber適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • YouTuberに向いているか向いていないか
  • YouTuberの職業適性度
  • YouTuberに必要な10の資質
  • 解説でYouTuberに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

YouTuberとは?

YouTuberは動画配信サイトのYouTubeで自作の動画を配信する人ですが、近年ではYouTubeに限らず、様々な配信サイトで動画を配信する人全般を意味する一般名詞になっています。

動画配信は自身の趣味や信条に基づいた内容が主ですが、中には企業案件と呼ばれる、企業や団体に依頼されて作られた動画もあります。

企業案件はテレビCMを配信者のスタイルでアレンジしたような内容が多く、特定の事柄を配信者の紹介や解説で提示しているのが特徴です。

当初は個人の趣味で始めた動画配信が企業に注目され、後に企業案件になったケースも少なくありません。

また、企業がYouTuberを雇って動画を配信することもあります。

YouTuberになるには?

YouTuberになるためには特別な資格や免許は必要ありません。

動画を配信するための設備があれば、誰でもすぐにYouTuberになることができます。

かつてはビデオカメラや編集用の機材など、事前準備に多額の費用が必要でしたが、近年ではスマホによって簡単に動画を作ることが可能になりました。

YouTuberとして活動するにはYouTubeのアカウントを作る必要がありますが、手続きは短時間ですむので難しくないと言えるでしょう。

個人の趣味として行うなら13歳以上から始めることができますが、広告収入を得るなど仕事を目的とした場合は18歳以上の年齢制限があるので注意が必要です。

YouTuberの給料・年収

YouTuberの収入はそのほとんどが広告収入です。

広告収入は動画の再生数から算出されるもので、基本的に再生数が多いほど広告が付き、相応の収入になります。

具体的な金額についてはYouTubeが公開していないのではっきりとはしていませんが、再生一回で約0.05円ほどとされています。

この単価はひと月の再生数が一万回程度の動画に該当するものであり、再生数が多くなるほど数字が大きくなるのが普通です。

ひと月に百万回ほどの再生数であれば単価も1円から5円ほどに増え、得られる収入も飛躍的に大きくなると言えるでしょう。

企業案件の動画は広告収入ではなく、依頼した企業や団体の支払い額で収入が決まります。

YouTuberの就職・転職先(求人)

YouTuberとして活動している人は日本だけでも百万人以上と言われていますが、その中でも動画配信での収入で生活できる人は一万人程度と言えるでしょう。

面白い動画を定期的に配信できれば広告収入が増え、安定した暮らしを営むことができますが、常に多くの人から注目される動画を作り続けるのは決して容易なことではありません。

また、配信者の知名度が再生数に影響するのも事実です。

近年ではタレントやスポーツ選手など、有名人が動画を配信するケースが増えています。

芸能人はすでに知名度が高いことから、当初から再生数が多い傾向にあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る