理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ライターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ライターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいライターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのライター適性診断結果

あなたの適性度は50%で、ライターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ライターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ライターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.文章を書くのが好き
2.情報収集が得意
3.孤独な作業が苦にならない
4.ブログやSNSの更新が好き
5.締め切りをしっかりと守れる
6.自己管理能力が高い
7.客観的な視野を持てる
8.何事も柔軟に対処できる
9.人にわかりやすく説明できる
10.精神的にタフ
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 文章を書くのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ライターの仕事は文章を書くことです。子ども時代に作文を書くのが好きだったという人であっても、毎日文章を書くとなれば話が違ってきます。仕事として継続することを考えると、文章を書くのが相当に好きでなければライターになるのは難しいでしょう。ライターになるのに資格は不要なので誰でもなれますが、なれることと継続できることは話が別です。文章を書くのが嫌いなのにライターになっても、そもそもモチベーションが続かないでしょう。

『 情報収集が得意 』

だいぶ兼ね備えている

ライターは、小説家や漫画家とは異なり、自分の書きたいテーマを選んで活動するのが困難です。クライアントからはさまざまなテーマで記事作成を依頼されるので、幅広い分野に対応できることが重要です。自分の知らないことであっても、インターネットや本で調べて情報収集する必要があります。情報収集が面倒で苦になるという人は、ライターになっても続かずに短期間でやめてしまう傾向が強いです。

『 孤独な作業が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

ライターにはコミュニケーション能力が求められます。クライアントとの打ち合わせ、取材先との交渉などが必要になることがあるからです。一方で、いざ記事作成の段階になると、デスクに向かって黙々と書き続けることになります。情報収集・整理、文章作成などの作業は、孤独との戦いになるでしょう。何時間も一人で作業するのは大変、地道な作業はすぐに飽きるといった人はライターには向いていません。

『 ブログやSNSの更新が好き 』

兼ね備えていない

多くの人は毎日文章を書くという習慣がなく、こうした人はライターになっても長続きしない傾向が強いです。一方で、ブログやSNSで情報発信をするのが好きな人は、ライターに向いている傾向があります。特にアフィリエイトなどの営利目的ではなく、趣味で情報発信している人は単純に書くことが好きなはずです。毎日のブログ作成が苦にならない、書くことをルーティーン化できるといった人はライターの適性にマッチしています。

『 締め切りをしっかりと守れる 』

そこそこ兼ね備えている

ライターの仕事には必ず締め切りがあるので、自分のペースで好きなように作成できるわけではありません。締め切りに遅れてしまうと、クライアントに多大な迷惑をかけることになります。場合によっては報酬が支払われない、さらに契約打ち切りになるケースもあります。中には1日の遅れでも決して許容してくれないクライアントもいるのです。締め切りを守ることは、継続的に仕事を得るための大前提です。納品遅れが頻発すると、結果的に仕事量が減ることにつながります。

スポンサーリンク

『 自己管理能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

自分に厳しく自分を律することができる人はライターに向いています。自室でコツコツと記事作成をする状況においては、自分を管理できるのは自分しかいません。周りに人がいないとすぐにサボってしまう人、規則正しい生活リズムを維持するのが苦手な人などは、仕事が思うように進まなくなる可能性が高いです。自己管理能力が高いか低いかによって、仕事の進捗の度合いは大きく異なります。自分を律して積極的に動ける人がライターに向いているわけです。

『 客観的な視野を持てる 』

そこそこ兼ね備えている

記事には偏向や偏見などがあってはいけません。事実のみを客観的に伝える必要があるので、客観的な視野がある人が好ましいです。具体的には物事を中立的な立場から見られることです。自分の好きなものには肩入れし、嫌いなものは批判するといった人はライターには向いていません。偏向や偏見にあふれた文章は批判やクレームの対象になることが多いです。文章は少なからず自分の思考や性格が反映されるので、いかに偏らずにフェアな立場から物事を見ることができるかが重要になります。

『 何事も柔軟に対処できる 』

十分に兼ね備えている

職人気質で頑固な性格の持ち主は、ライターに向いていると考えるかもしれません。しかし、こうした人はクライアントから敬遠される傾向があります。ライターがベストだと考える記事、そしてクライアントが求める記事には、少なからずギャップがあるからです。そのギャップを解消するために、修正依頼を受けることは多々あります。こうした状況で素直に修正依頼に応え、迅速に対応できる性格の持ち主がライターに向いているのです。

『 人にわかりやすく説明できる 』

あまり兼ね備えていない

昔から文章を書く時は、小中学生に向けて書くイメージを持つのが好ましいと言われています。人に何かを伝える時、その内容が100%伝わることはまずありませんが、確率を上げることはできます。わかりやすく説明できるスキルがある人は、わかりやすい文章も書けるわけです。文章というのは脳で生まれた思考を、そのまま紙に書き出したものです。そのため、説明上手な人はわかりやすい文章を書けますし、逆に説明が苦手な人は独りよがりなわかりにくい文章になってしまう傾向があります。

『 精神的にタフ 』

そこそこ兼ね備えている

文章を書くのが得意という人でも、好きなテーマでなければやる気が出ないことはあるでしょう。仕事としてするからには責任を伴いますし、時に書きたくない状況も出てくるはずです。そうした状況においても、自己管理をしっかりと行って、デスクに向かってコツコツと書ける人でなければライターを続けるのは難しいです。ライターとして独立した人には、精神的にタフでなければ続けられないと答えている人が大勢います。つまり、自分自身に甘い人はライターに向いていないわけです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのライター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る