理想の就活/転職のための
自己分析サイト

溶接工に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今溶接工の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい溶接工に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの溶接工適性診断結果

あなたの適性度は38%で、溶接工の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。溶接工を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

溶接工に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.体力に自信がある
2.集中力を持続できる
3.コツコツと地道に作業ができる
4.慎重に行動できる
5.1つのことを極めたい
6.細かい作業が好き
7.自己管理ができる
8.もの作りが好き
9.向上心がある
10.根性がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

溶接工の仕事は長時間立ちっぱなしで作業することが多く、職場によっては重い部品を扱うこともあります。立ったりかがんだりと肉体的にもきつい作業であるため、体力に自信がある人に向いている仕事です。空調の効かない職場では暑い中で火を扱うため、体力を消耗してしまいます。過酷な環境の中でも、作業を続けられる体力が必要になります。

『 集中力を持続できる 』

兼ね備えていない

溶接工の仕事では、ガスや電気、火など、様々な危険物を扱い作業を行います。作業中に集中力が切れてしまうと、けがをしたり思わぬ事故に繋がったりすることもあります。溶接工の仕事は体力を消耗するため、集中力を持続させるのが難しいこともありますが、製品の安全性や品質にも関わってきます。そのため、溶接工は集中力を持続できる人に向いている仕事です。

『 コツコツと地道に作業ができる 』

兼ね備えていない

溶接工の仕事は、基本的に一人で作業することが多くなります。人とコミュニケーションを取りながら仕事をしたい人には向いていません。コツコツと目の前の作業に没頭し、地道な仕事ができる人に向いている仕事です。同僚や先輩の溶接工と話をすることもありますが、協調性はそれほど求められません。職場で誰とも話さなかったということも珍しくありません。チームプレーの作業よりも、一人で黙々と作業をするのが好きな人はストレスなく働けるでしょう。

『 慎重に行動できる 』

十分に兼ね備えている

溶接工の仕事は、全てにおいて慎重に行動することが求められます。火やガス、電気などの危険物を扱っているため、いい加減に作業をするとけがをする恐れがあります。常に最悪の事態まで想定し、慎重に作業することが大切になります。「これぐらい大丈夫だろう」と、危険物をいい加減に扱うような人には向いていない仕事です。自分自身の行動に責任を持ち、慎重に作業が進められる人が溶接工になる資質を備えています。

『 1つのことを極めたい 』

そこそこ兼ね備えている

溶接工の仕事は、伝統工芸と同じように職人技と認められています。溶接の技術を極めると、厚生労働省から「現代の名工」に選出されることもあります。ロボットにも溶接はできますが、大雑把な作業しか行うことができません。溶接工は、ロボットが行えない細かい作業を任せられています。熟練した溶接工になるにはかなりの経験を積まなければならないため、1つのことを極めたいという意気込みを持つ人に向いている仕事です。

スポンサーリンク

『 細かい作業が好き 』

そこそこ兼ね備えている

溶接工の仕事は、自動車の部品のように大きいものを扱うだけでなく、金細工や銀細工など細かいものを扱うこともあります。数ミリ単位の細かい作業を行わなければならないため、細かい作業が好きな人に向いています。大雑把な作業しかできない人は、イライラして作業を続けることができないでしょう。細かい作業が好きで、手先が器用な人に適した仕事です。

『 自己管理ができる 』

あまり兼ね備えていない

溶接工の仕事は、作業自体が重労働であるためしっかり体調管理を行わなければなりません。寝不足や乱れた食生活などで体調管理が上手くできていないと、集中して作業ができなくなってしまいます。また、空調がない中で作業をしていると脱水症状になることもあるため、適度に水分補給をする必要もあります。そのため、溶接工は万全の状態で働けるように、しっかり自己管理ができる人に向いている仕事です。

『 もの作りが好き 』

兼ね備えていない

溶接工は、ものを作るのが好きな人に向いています。溶接はさまざまな製品を作るのに欠かせない作業であり、自分が溶接したものが製品として市場に出回ったり、販売されていたりするのを目にすると、やりがいを感じることができます。自分の仕事の成果を見ることができるのは、溶接工になる醍醐味の1つでもあります。ものづくりのスペシャリストとして頑張りたい人に適した仕事です。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

溶接工の仕事は、地道に作業を続けることで技術を向上させることができます。そこに近道はなく、志を高く持ち真面目に頑張れる人が熟練の溶接工になることができます。そのため、溶接工は向上心がある人に向いている仕事です。最初はできないことだらけで辛い時期が続きますが、少しずつやれる作業が増えていき、技術を向上させることで誰もが認める熟練工へと成長できます。

『 根性がある 』

だいぶ兼ね備えている

熟練工の職場では職人気質の人が多いため、気難しい人と同じ空間で働くことになります。技術は教わるのではなく先輩溶接工から盗めというポリシーの人や、ちょっとしたミスで怒鳴る人など様々です。新入りだからといって目をかけてくれるわけではないため、根性がある人に向いている仕事です。気難しい職人の中でも、へこたれずに続けられる人が溶接工として大成するでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの溶接工適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る