理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

ウエディングプランナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ウエディングプランナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいウエディングプランナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

ウエディングプランナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのウエディングプランナー適性診断結果

あなたの適性度は41%で、ウエディングプランナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。ウエディングプランナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ウエディングプランナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.企画力に自信がある
2.明るく朗らかな
3.人を喜ばせるのが好き
4.喋ることが得意
5.ビジネスマナーを知っている
6.向上心がある
7.危機管理能力が高い
8.忍耐力がある
9.事務処理作業が苦にならない
10.仕事と務め先に愛情を持てる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
ウエディングプランナー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 企画力に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

ウエディングプランナーとは文字通りに結婚式を作る人のことです。新郎新婦に結婚式を彩る色々な演出やプランを立てて、希望に添えるような提案をしなければなりません。そのため満足してもらえるようなアイディアを生み出す引き出しがたくさん必要になります。日頃からプランを思いつけるように知識を増やしたり、頭を柔らかくして柔軟な思考ができるようにします。また想像力の高い人にもアイディアが思いつきやすく、ウエディングプランナーに向いているといえるでしょう。

『 明るく朗らかな 』

兼ね備えていない

結婚式はめでたいハレのイベントです。華やかでもあり、厳かな部分もあるものです。新郎新婦にとっては式の間は終始緊張感を持ち続けることになるので、ウエディングプランナーは緊張をほぐせるような明るさや気さくな性格であるのも重要視されます。特に安心感を与えられるような話し方ができれば、好印象を持ってもらえるので接し方にも気配りができるようでなければなりません。

『 人を喜ばせるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ウエディングプランナーは新郎新婦と一緒に結婚式を作り上げるのが主な仕事です。2人に結婚式をあげて良かったと満足してもらえるような演出を考えるのは勿論ですが、式に参列する全ての人が幸せな気持ちになれるようにするのも腕の見せ所です。結婚式は一大イベントですから素敵な思い出に残せるように、ウエディングプランナーは人を笑顔にしたりイベントの盛り上げが得意な人に向いているといえます。

『 喋ることが得意 』

そこそこ兼ね備えている

プランを考えるのがウエディングプランナーの仕事ではありますが、それを提案する営業職でもあります。人と話をする機会も多く、提案したプランがいかに魅力的であるのかを相手に伝えるプレゼン技術も求められます。おしゃべりが良いというのではなく、相手の気持ちを引き出す話し上手であることが重要で重宝されます。喋ることが好きであるのなら、スキルとして磨いていくと良いでしょう。

『 ビジネスマナーを知っている 』

そこそこ兼ね備えている

ウエディングプランナーには接客業の面があります。仕事上で様々な人と対面することになりますが、ブライダル業界では特にマナーや礼儀について高いレベルが求められます。言葉遣いや立ち居振る舞いなどで常に品格を見られますので、人に見られているという自覚を持って行動しなければなりません。一長一短で身につくものではありませんから、早いうちにマナーのスキルを覚えておく必要があります。

スポンサーリンク

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

結婚式の全体を取り仕切るウエディングプランナーに必要とされるスキルはたくさんあります。何度も仕事をこなすことで得られる経験値は高く、自身の成長に大きくつながります。前向きに自分から積極的に行動できる人であれば、ウエディングプランナーとして長く活躍していけるでしょう。ウエディングプランナーとして常に勉強していく姿勢が大事なのです。

『 危機管理能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

結婚式をつつがなく終えるのがベストですが、実際の結婚式では予想外のアクシデントやハプニングもあるものです。そんな時にウエディングプランナーに求められるのが、冷静に物事を対処できる危機管理能力です。人が関わる以上人為的ミスをゼロにすることはできません。いかに未然に防ぎ、無事に式を終えることができるかを考える必要があります。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ウエディングプランナーには忍耐力も求められます。せっかく提案したプランにクレームがついたり、常に相手に合わせて行動しなければならないのでプライベートを犠牲にすることもあります。また努力が必ずしも報われるとは限りません。華やかな職業のイメージとはうらはらに過酷な部分もあるので、忍耐強い人でないと仕事を続けることが難しいでしょう。また処理を的確にこなすためにも、冷静さを保つことも必要です。

『 事務処理作業が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

ウエディングプランナーには雑務も多く、書類作成など事務処理も多くこなすことになります。デスクワークは地道な作業になるので、これが苦手な人にはウエディングプランナーは向かないかもしれません。タスク作業が多いので、雑な処理をするような人にも合わないでしょう。仕事を丁寧かつ素早くこなせるように努力することが大事です。

『 仕事と務め先に愛情を持てる 』

そこそこ兼ね備えている

ウエディングプランナーにとっての職場、結婚式場に愛着が持てる人は、ウエディングプランナーに向いているといえます。職場の魅力を把握できれば、相手にプレゼンできる引き出しが多くなります。何よりもウエディングプランナーという仕事を愛せるのであれば、努力を厭わず自信を持って取り組むことができるので成功に導きやすくなります。やりがいが持てる仕事が好きだという気持ちも大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのウエディングプランナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
ウエディングプランナー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • ウエディングプランナーに向いているか向いていないか
  • ウエディングプランナーの職業適性度
  • ウエディングプランナーに必要な10の資質
  • 解説でウエディングプランナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

ウエディングプランナーとは?

ウエディングプランナーは結婚式を挙げたいと思っているカップルのサポートをして、結婚式の企画や準備、当日の運営などを一通り担う職種です。

結婚式を挙げるには結婚式場を決めてどのような催しをするのかを考えたり、ドレスなどの衣装を用意したり、結婚式の招待状を送ったりする必要があります。

カップルの相談を受けて結婚式場選びをサポートすることから始まり、当日の式場での設営や司会進行、後片付けなどまで幅広く対応をするのがウエディングプランナーです。

結婚式を通してカップルの幸せのために貢献できるのが大きなやりがいになります。

ウエディングプランナーになるには?

ウエディングプランナーにはブライダルプランナー検定などの関連資格がありますが、ウエディングプランナーになるには資格がなくても問題ありません。

ウエディングプランナーになってからキャリアアップの目的で資格を取得するのが一般的です。

ブライダル業界の企業に就職してウエディングプランナーになるという道を歩んでいる人が多くなっています。

ウエディングプランナーは営業スキルが求められるため、営業やビジネスについての知識をつけておくと有利です。

国際結婚も増えてきているため、英語などの語学に長けていると活躍できる現場が多くなります。

ウエディングプランナーの給料・年収

ウエディングプランナーの年収は年齢や経験年数、働き方などによる違いがありますが、200万円~700万円程度です。

ウエディングプランナーの給料についての求人サイトや転職サイトなどの情報を総合的に見ると、350万円くらいが平均年収になっています。

ウエディングプランナーは企業で働いていると出来高による報酬がある場合が多く、成約数や契約金額によって収入が変わることがよくあります。

不景気の影響などで結婚式を挙げないカップルが増えると年収を上げるのが難しくなりがちです。

しかし、結婚ブームになると収入が上がりやすくなります。

ウエディングプランナーの就職・転職先(求人)

ウエディングプランナーはブライダル業界の結婚式のプロデュース会社や、結婚式場の運営会社が主な就職・転職先です。

プロデュース会社ではカップルから相談を受けて、どの結婚式場で挙式すると良いかを考えて提案し、具体的に結婚式の企画運営をサポートする役割を果たします。

結婚式場のスタッフとして働く場合には、結婚式場に直接相談に来たカップルに対する営業をして予約してもらい、具体的な結婚式の段取りの相談に応じるのが一般的です。

ウエディングプランナーはこのような会社で経験を積むと、独立してフリーランスで働くこともできます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0