理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ウェディングドレスデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ウェディングドレスデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいウェディングドレスデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのウェディングドレスデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は50%で、ウェディングドレスデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ウェディングドレスデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ウェディングドレスデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人に喜んでもらうのが好き
2.様々な生地の種類に興味がある
3.カラーコーディネートが上手い
4.相手の要望を把握するのが得意
5.オリジナリティに富んでいる
6.人の話を聞くのが上手い
7.最新の流行を常にチェックしている
8.デザインが得意で仕事の経験もある
9.コミュニケーション能力がある
10.プレゼンテーション能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人に喜んでもらうのが好き 』

十分に兼ね備えている

ウェディングドレスデザイナーは、人生の節目となる結婚式の衣装のデザインに携わるプロであり、人に喜んでもらうことに生き甲斐を感じる人にぴったりの職業と言えます。また、デザインを考えるうえで、色々な考えの女性の意見を参考にしたり、実際に着用した姿をイメージしたりすることもあり、完成までの間も楽しみながら仕事に取り組めます。

『 様々な生地の種類に興味がある 』

十分に兼ね備えている

ウェディングドレスデザイナーは、見栄えが良いだけでなく花嫁が快適にドレスを着こなせるよう、生地の種類にこだわってデザインをすることが求められます。そのため、普段からシルクやサテン、レースといった生地の特徴について興味がある人や、生地のアレンジが得意な人に向いています。なお、生地の種類によってはデリケートなため扱いが難しいこともあるため、日ごろから気になる記事の特性を勉強しておくことが大切です。

『 カラーコーディネートが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

ウェディングドレスデザイナーは、多くの花嫁に喜ばれるドレスをデザインするため、単にカラーの知識だけでなく、コーディネートの方法まで考えたうえでデザインをしなければなりません。たとえば、カラーコーディネーターとして長年活躍した人や、ドレス以外の衣装のデザインも得意としている人は各地で重宝されています。

『 相手の要望を把握するのが得意 』

兼ね備えていない

ウェディングドレスデザイナーは、自分の都合ではなく、得意先のメーカーのニーズに合わせてドレスをデザインするため、豊富な経験があるのはもちろんのこと、柔軟な対応ができる人が好まれます。特に、メーカーの予算が限られている場合には、リーズナブルな生地を指定したり、生地の厚みや長さを調節したりと苦労することもあります。そうした中、メーカーや実際にドレスを着用する花嫁から支持されるには、日ごろから色々なタイプのドレスをデザインできるようスキルを磨くことが大切です。

『 オリジナリティに富んでいる 』

兼ね備えていない

ウェディングドレスデザイナーは、他の人と被らないドレスが着たいという花嫁の希望に応えるため、時にはオリジナリティに富んだドレスを生み出さなければなりません。そのため、独創的なドレスをデザインできるよう、普段から様々な種類の衣装を参考にしたり、機会があれば友人や知人の結婚式に参加をして色々なドレスを自分の目でチェックしたりするのも有効です。

スポンサーリンク

『 人の話を聞くのが上手い 』

だいぶ兼ね備えている

ウェディングドレスデザイナーは、レディメイドのドレスのデザインをするだけでなく、直接花嫁からオーダーを受けて、生地やサイズ、カラーなどにこだわったドレスを提供することもあります。たとえば、人当たりが良くドレスの製作方法について丁寧に相談対応ができるデザイナーは、幅広い年齢の花嫁にとって身近な存在となっています。また、オーダーのドレスと相性が良いティアラやネックレスなどの小物類の選び方についてアドバイスができる人も重宝されています。

『 最新の流行を常にチェックしている 』

そこそこ兼ね備えている

ウェディングドレスデザイナーは、時代とともに変わる花嫁のドレスへの意識に対応できるよう、流行のデザインについて常に知識を身につけておく必要があります。そこで、時にドレスを着用したモデルが登壇するファッションショーに定期的に足を運んだり、ブライダル雑誌に目を通したりして、人気が高まっているドレスの傾向を把握するなど日ごろから行動をすることが大切です。

『 デザインが得意で仕事の経験もある 』

兼ね備えていない

ウェディングドレスデザイナーになるために特殊な資格や経験は要らないケースがほとんどですが、国内外の有名なアパレルメーカーなどで専属デザイナーを務めたことがある人は、様々な場所で活躍が期待されています。また、企業にウェディングドレスデザイナーとして就職をする場合は、前職での経験や成果を給料に反映してくれることもあり、待遇の面でやりがいを感じながら働くことができます。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ウェディングドレスデザイナーは、ドレスのデザインが主な仕事内容ですが、完成までの間にドレスを仕立てる外部の業者と頻繁にやり取りを行うことがあります。特に、小さな会社に勤めるデザイナーは、業者側と直接製作を依頼するドレスの枚数や納期、費用などを交渉することもあり、最低限のコミュニケーション力が不可欠です。

『 プレゼンテーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ウェディングドレスデザイナーは、自分がデザインしたドレスを多くの花嫁に着てもらえるよう、雑誌やアプリ、SNSなど様々なツールを使ってドレスの魅力を伝える必要があります。そのため、各メディアに直接ドレスを売り込んだり、自分でホームページやSNSを開設したりして花嫁からの問い合わせを受け付けたりと色々なプロモーションの方法を考えることが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのウェディングドレスデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る