理想の就活/転職のための
自己分析サイト

Webプログラマーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今Webプログラマーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいWebプログラマーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのWebプログラマー適性診断結果

あなたの適性度は51%で、Webプログラマーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。Webプログラマーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

Webプログラマーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.論理的な思考が得意
2.コミュニケーション能力がある
3.細かい作業が得意で苦にならない
4.頭が柔らかく物事を多角的に見られる
5.モノ作りが好き
6.長時間の作業でも集中力が途切れない
7.わからない事は自分で調べる癖がある
8.新しい技術の勉強が苦でない
9.想像力が豊か
10.何事にも効率化思考
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 論理的な思考が得意 』

そこそこ兼ね備えている

Webプログラマーの仕事はプログラムを作り上げていくことですが、プログラムというのはコンピュータにこういう作業をしなさいという一連の命令文です。コンピュータは人間のように察して動くということはできませんから、必ず正確なプログラムを記述する必要があります。それには思い付きでなく、筋道を立てて考える論理的思考力が欠かせません。特にエラーが発生した際、どの部分の何が原因で起きているのか、それを改善するにはどうすればいいのかといった場面では、論理的思考力が必要不可欠となります。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

プログラマーというと一人孤独にPCに向かって作業をするというイメージがあるかもしれませんが、WebプログラマーはWebサイトやWebサービスを作り上げるチームの中で仕事をします。従って、作業を正確かつ円滑に進めるためにはチームメンバーとのコミュニケーションが欠かせません。制作チームにはシステムエンジニアやデザイナーなど様々な職種の人がいます。そうした人たちと過不足のないコミュニケーションを取りながら、協力的に作業を進めていく適性がWebプログラマーには求められます。

『 細かい作業が得意で苦にならない 』

兼ね備えていない

プログラミングというのはとても繊細な作業で、たった1文字間違えただけでもプログラムが動かなくなったりおかしな動きをしてしまうことがあります。従って、大雑把な性格の人にはあまり向いていないといえるでしょう。細かなところまで手を抜くことなくきちんと仕上げることができ、その作業自体を苦痛に感じないという人がWebプログラマーには向いています。

『 頭が柔らかく物事を多角的に見られる 』

だいぶ兼ね備えている

この能力は、特にエラーが発生した際に必要となります。自分は正しくコードを書いたはず、という先入観にとらわれ過ぎていると、何度見直してもなかなか問題個所を見つけることができません。そんなとき、固定観念にとらわれず様々な角度からものを見ることができる人なら、ミスを発見することができるでしょう。エラーの種類は様々で、その都度新たな対処法を見つけなくてはならないこともあるので、柔軟なものの見方や発想力はとても大事です。

『 モノ作りが好き 』

あまり兼ね備えていない

コードを書くというのは、ややもすれば単調な作業になりがちですし、またその作業量も膨大なものになります。これはまさに、好きでなければできない仕事といえるでしょう。ただ、作業自体は単調であっても、その結果は実に多彩なものです。このコードを記述するとどんな動きをするのか、最終的にどのようなプログラムが完成するのか、というのを想像しながら打ち込んでいく作業はまさにものづくりの過程そのものといえるでしょう。従って、何かを作り上げることに喜びを感じる人はWebプログラマーに向いているといえます。

スポンサーリンク

『 長時間の作業でも集中力が途切れない 』

十分に兼ね備えている

繊細な作業でものづくりの側面もあり、チームの一員としての立場もあるWebプログラマーの仕事ですが、基本的にはPCに向かってコードを打ち込む作業が主になります。スケジュールも決まっており、自分が遅れればチーム全体に迷惑をかけてしまうこともあるので、だらだらやっているわけにはいきません。そのため作業にしっかり取り組める集中力が必要です。

『 わからない事は自分で調べる癖がある 』

そこそこ兼ね備えている

Webプログラマーなら当然プログラミングの知識は持っているはずですが、それでもわからないことや予期せぬエラーなどに遭遇することはあります。そうしたときに、わからないままにせずすぐに調べたり、時には人に聞いたりするマメさが必要です。悩んでいるよりその方がはるかに速いですし、こうして得た知識が積もり積もって自身の血肉になっていきます。

『 新しい技術の勉強が苦でない 』

兼ね備えていない

Webの世界は日進月歩で新しい技術がどんどん登場しています。Webプログラマーなら当然そうした新技術にもいち早く対応し、導入できるようでなくてはいけません。一度勉強が済んだからといってそれで終わりではなく、生涯勉強し続けていく必要があるのです。それを苦と思わず、むしろ新しいことに興味津々で知るのが楽しい、というタイプの人はWebプログラマーに向いているといえるでしょう。

『 想像力が豊か 』

そこそこ兼ね備えている

プログラミングはただ単純に文字を打ち込む仕事ではありません。このコードを打ち込むとどんな挙動をするか、というのを常に意識しながら打ち込んでいく必要があります。そうするとミスが少なくなるのです。「打ち込んだ文字列」と「実際の挙動」は一見かけ離れているように見えますが、ここを埋めるのが豊かな想像力です。結果を意識しながらプログラミングできる人は、優れたWebプログラマーといえるでしょう。

『 何事にも効率化思考 』

十分に兼ね備えている

Webプログラマーの仕事はとにかく膨大なもので、そのうえ常に納期にも追われています。だからといって急げばミスを誘発してしまうので、作業を速めるよりはむしろ効率化を考えた方が安全です。ソースコードの共有や議事録の共有、顧客への説明資料の作成などは、便利なツールがあるのでそれを使えば効率化できます。プログラミングに集中するために周辺業務の効率化を考えるのは、Webプログラマーにとって重要なことです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのWebプログラマー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る