理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

Webプロデューサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今Webプロデューサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいWebプロデューサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

Webプロデューサーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのWebプロデューサー適性診断結果

あなたの適性度は37%で、Webプロデューサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。Webプロデューサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

Webプロデューサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.マルチタスクが得意
3.リーダーの気質がある
4.客観的な判断ができる
5.数値やデータを分析するのが得意
6.ロジカルシンキングができる
7.無理なことはしっかりと断れる
8.仕事が早い
9.体力がある
10.新しいトレンドや技術に敏感
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
Webプロデューサー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

Webプロデューサーは、クライアントとの交渉から制作側スタッフへの指示まで多くの人とコミュニケーションをとりながら仕事を統括して行きます。クライアントのニーズを聞き、求められている品質が作られているかの確認やスケジュールの管理、コスト管理まで業務は多岐にわたるのが特徴です。社内のスタッフだけではなく、外注スタッフなどもまとめる必要があるため、高いコミュニケーション能力が求められます。

『 マルチタスクが得意 』

兼ね備えていない

同時進行でさまざまな業務を行うWebプロデューサー。企画の立案からマネジメントまで責任を持ち、複数の業務を並行的にこなさなければなりません。クライアント、制作チーム、予算の管理を同時に行うので、マルチタスクで仕事をこなせる人が適しています。プロジェクト全体を俯瞰し、優先順位をつけて業務を行うことが重要です。全く同じ業務はないため、いろいろな業務を上手に管理できるマルチタスク能力が必要とされます。

『 リーダーの気質がある 』

だいぶ兼ね備えている

制作側をまとめるWebプロデューサーは、目標に向かいチーム一丸となって努力する必要があります。メンバーとうまくコミュニケーションをとりながらまとめられるリーダー気質の人は、Webプロデューサーに最適です。クライアントから来た要求を社内外のスタッフにうまく伝え、納期なども調整しなければなりません。リーダーシップを取り、スタッフをまとめられるかどうかはWebプロデューサーの手腕にかかっています。

『 客観的な判断ができる 』

そこそこ兼ね備えている

クライアントのニーズに応えられているサービスを提供するには、ユーザーからの視点などをしっかりと理解していなければなりません。独りよがりの判断ではなく、ユーザーやクライアントの立場に立った客観的な判断がWebプロデューサーには必要です。プロジェクトの進行中には予期しないトラブルが起こることもありますが、常に冷静で客観的な判断ができる人はWebプロデューサーに向いています。

『 数値やデータを分析するのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

Webサービスがリリースされたら、すべて終わりというわけではありません。サービスが継続している限り、プロダクトに責任を持つのがWebプロデューサー。サービスの課題や改善点は、得られるデータや数値から分析します。膨大なデータから現状と課題を判断することになり、数値やデータを読むことが得意であれば、改善に向けた仮説も立てやすいです。

スポンサーリンク

『 ロジカルシンキングができる 』

あまり兼ね備えていない

Webプロデューサーは、クライアントへの企画提案や問題解決のためにロジカルシンキングが不可欠です。サービスを提案する時に戦略を練ることも多いため、論理的に思考できるかどうかは、仕事が成功するか否かにかかっています。物事を筋道立てて考え、聞き手にわかりやすく伝えることができれば、Webプロデューサーに向いている能力があると言えるでしょう。

『 無理なことはしっかりと断れる 』

あまり兼ね備えていない

クライアントのニーズに応えられることは重要ですが、要求を全て聞いてしまうと制作チームに負担がかかってしまうことがあります。予算や制作期間などの兼ね合いもあり、できることとできないことの線引きがしっかりできると、クライアントとスタッフの両方からの信頼感を得られるでしょう。どちらにも良い顔をするのではなく、客観的な視点で判断ができると、Webプロデューサーに向いています。

『 仕事が早い 』

十分に兼ね備えている

Webプロデューサーは、クライアント側やスタッフからひっきりなしに問い合わせや連絡が来ることが多いです。仕事を後回しにすると、仕事がどんどんたまり、進捗状況に影響してしまうことも。トラブルが生じた時には、関係者とすぐにミーティングなどをして対応をしっかりと取れるか、クライアントからの連絡にはスムーズに返信できるかどうかはWebプロデューサーとしての信用度につながります。仕事が早い、レスポンスが早い人であれば、信用度が増し、仕事もスムーズに進むでしょう。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

Webプロデューサーの仕事は、納期に左右されることから時には深夜まで仕事をしなければならないこともあります。制作側が夜型の仕事をしている場合、朝早くからミーティングや確認ができないため、夜型になってしまうこともあるでしょう。クライアントとのミーティングで社外に出たり、パソコンでの事務作業も多いです。体力がないと、疲れで業務に集中できなくなるため、最低限の体力が必要になります。

『 新しいトレンドや技術に敏感 』

兼ね備えていない

Webプロデューサーは、細かい技術のことまでは知らなくても仕事はできます。しかし、クライアントやスタッフとより良いサービスを作るためには業界のトレンドを常に学んでおかなければなりません。新しい技術を知っていることで、クライアント側に違った提案ができます。常に学ぶ姿勢がある人はWebプロデューサーに向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのWebプロデューサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
Webプロデューサー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • Webプロデューサーに向いているか向いていないか
  • Webプロデューサーの職業適性度
  • Webプロデューサーに必要な10の資質
  • 解説でWebプロデューサーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

Webプロデューサーとは?

WebプロデューサーとはWeb開発における全体責任者です。

Webサイトのコンセプトや企画の立案から始まり、Web開発やWeb制作、テストや実装、運用や保守などといった一連のプロジェクトの管理・統括をするのがWebプロデューサーの役割です。

Webプロデューサーは実際に現場で作業をしてWebサイトを作り上げるわけではありません。

Web開発のプロジェクト全体を見渡し、必要な人材の抜擢や予算の調達・管理、クライアントとの調整などを担当します。

自社サイトのプロデュースをする場合には広報活動やプロモーション活動などの企画や取りまとめをするのも仕事です。

Webプロデューサーになるには?

WebプロデューサーになるにはWeb開発の現場で実務経験を積んで、キャリアアップをして昇進していくのが一般的です。

Webプロデューサーとして働くには特別な資格は必要ありません。

Web開発の現場で働くエンジニアやプログラマー、コーダーやデザイナーなどとして働き始め、プロジェクトリーダーやWebディレクターなどを経てWebプロデューサーになる人がほとんどです。

Webプロデューサーになりたい人はWebを中心とするITの知識やデザインの知識を身に付けておくのが大切です。

また、Webプロデューサーにはビジネスセンスも求められるため、経営や経済を学ぶと役に立ちます。

Webプロデューサーの給料・年収

Webプロデューサーの平均年収は求人サイトや転職サイトなどによる情報を参考にすると、500万円~600万円程度になっています。

WebプロデューサーはWeb開発における最も上位の職種で、全体を管理して責任を負うのが特徴です。

役職付きになることが多いため、年収の水準が比較的高くなっています。

ただ、Webプロデューサーは働く現場によって収入のあり方が異なるので注意しましょう。

固定給の会社もありますが、プロジェクトを成功させるとインセンティブがもらえる会社もあります。

インセンティブがあると成果を出すモチベーションが上がるため、職場としても人気があります。

Webプロデューサーの就職・転職先(求人)

Webプロデューサーの就職や転職では大手のWeb開発会社やITソリューションの提供会社が主流です。

Web開発プロジェクトの規模が小さい場合にはWebプロデューサーを置かずに、経営者がプロデューサーを兼ねていることが多くなっています。

大手になるとさまざまなプロジェクトが同時に進行する場合が多いため、Web開発に求められるスキルや制作するWebサイトの分野ごとにWebプロデューサーが置かれるのが一般的です。

そのため、ITやデザインについて突出した技術を持っていたり、得意とする分野があったりするとWebプロデューサーとして抜擢されやすくなります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0