理想の就活/転職のための
自己分析サイト

Webディレクターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今Webディレクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいWebディレクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのWebディレクター適性診断結果

あなたの適性度は54%で、Webディレクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。Webディレクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

Webディレクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション力が高い
2.新しい技術を学ぶ意欲がある
3.スケジュール管理が得意
4.リーダー気質がある
5.責任感が強い
6.クリエイター気質
7.トレンドに敏感
8.Webマーケティングの知識がある
9.相手目線で物事を考えられる
10.情報収集力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

Webディレクターは、高いコミュニケーション力が求められます。クライアントの要望を聞き出して満足できるコンテンツを納品するためには、会話力やヒアリング力が必要です。時には、クライアントからのクレームにも対応しなくてはなりません。さらに、Webデザイナー、Webプログラマー、エンジニアなど社内のスタッフたちとも連携を取りながら作業を進めていかなくてはなりません。いろいろな人と関わることが好きだという人ならば、やりがいを感じることができるでしょう。

『 新しい技術を学ぶ意欲がある 』

あまり兼ね備えていない

Web業界は日進月歩と言われており、次々に新しい技術が登場します。そのため、最新技術を積極的に学んでいく姿勢が必要です。エンジニアやプログラマーのように完全に技術をマスターしておく必要はありませんが、最低限の知識が必要となります。知識がなければ、クライアントや社内スタッフたちとのやり取りが難しくなるからです。日ごろから専門書や最新ニュースなどに目を通すなどして、学ぶ意欲がある人に向いている職業と言えます。

『 スケジュール管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

Webコンテンツの制作では、企画書やデザイン案の作成のほかに、コーディング、プログラミング、テストなどたくさんの作業が発生します。万が一作業が遅れると、クライアントに迷惑をかけてしまいます。すべての工程を順調に進めていくためには、Webディレクターがスケジュール管理をしっかりと行わなくてはなりません。納期に間に合うように、各スタッフの進捗状況を常に把握することや先を見越したスケジュール管理ができる人に向いています。

『 リーダー気質がある 』

そこそこ兼ね備えている

リーダー気質がある人は、Webディレクターに向いています。Webディレクションでは、WebデザイナーやWebプログラマーたちと関わりながら、仕事を進めていくことになるからです。大勢のスタッフをまとめていくためには、Webディレクターがリーダーシップを発揮しなくてはなりません。リーダーの存在はスタッフのモチベーションにも大きな影響を及ぼします。リーダー職や管理職の経験がある方は、Webディレクターとして重宝されることでしょう。

『 責任感が強い 』

だいぶ兼ね備えている

責任感が強い人は、Webディレクターに向いています。Webディレクターは制作現場の責任者となるため、スタッフの管理のほか、納期管理や品質管理などたくさんの仕事をこなさなくてはなりません。トラブルが発生時にも、迅速な対応が求められます。困難なことにぶつかっても、最後まで投げ出さずに取り組める人でないと、Webディレクターの仕事を続けていくのは難しいでしょう。

スポンサーリンク

『 クリエイター気質 』

そこそこ兼ね備えている

クリエイター気質がある人は、Webディレクター向きです。Webコンテンツ制作では、見栄えがするデザインを生み出すことや面白いコンテンツを企画するなどのクリエイティブな感性が求められます。Webデザインやコーディングなどの知識や経験があれば、Webディレクターの仕事をするうえで大きな強みとなることでしょう。本当に良いものを作りたいという熱意がある人に向いている仕事と言えます。

『 トレンドに敏感 』

あまり兼ね備えていない

トレンドに敏感な人は、Webディレクター向きです。Webの世界では新しいトレンドが次々と発生します。新しい技術を取り入れたWebサイトを制作しても、短期間で古臭い印象となることもこの世界ではよくあることです。最新技術やサービスなどを日ごろから把握しておかないと、ユーザーの関心を惹くようなWebコンテンツを作るのが難しくなるでしょう。ファッション、インテリア、アートなどのようにWeb以外の分野の幅広い関心を持ち、最新の流行に敏感な人が向いています。

『 Webマーケティングの知識がある 』

十分に兼ね備えている

Webマーケティングの知識を持っている人は、Webディレクター向きです。なぜなら、おしゃれでカッコイイWebサイトを作っただけでは、成果を出すのが難しいからです。売上アップや認知度アップなどの成果を出すためには、検索順位を上げる知識、アクセス解析、Web広告などのマーケティング知識が欠かせません。Webサイトの運用経験やWebマーケティング経験がある人は、業界で重宝されることでしょう。

『 相手目線で物事を考えられる 』

兼ね備えていない

クライアント目線やユーザー目線を持っている人は、Webディレクター向きです。クライアントが満足するWebサイトやユーザ-にとって使いやすいWebサイトに仕上げるためには、相手の立場で物事を見なくてはなりません。決して自分本位にならずに、クライアントやユーザーのことを常に意識して、企画や提案ができる人がWebディレクターに向いています。

『 情報収集力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

情報収集力に長けている人は、Webディレクター向きです。Web制作を請け負う会社は全国各地にたくさんあります。仕事を取るためには、日ごろから情報収集に取り組んでおき、ライバルとの差をつけなくてはなりません。しっかりと情報収集を行ったうえで提案や規格ができると、クライアントから信頼が高まりやすくなり、仕事も取りやすくなります。社内のスタッフからの信用も得やすくなるので、仕事が進めやすくなることでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのWebディレクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る