理想の就活/転職のための
自己分析サイト

Webデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今Webデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいWebデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのWebデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は41%で、Webデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。Webデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

Webデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.センスがある
2.コミュニケーション力が高い
3.相手の要望を素早く理解できる
4.問題解決力がある
5.提案力がある
6.プレゼン力がある
7.カラーコーディネートができる
8.スケジュール管理ができる
9.細かい作業が得意
10.好奇心旺盛
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 センスがある 』

そこそこ兼ね備えている

Webデザイナーですから、センスの良さは大きな武器になります。センスの良さは生まれもったものや幼少期から育まれた要素も多く、勉強した、努力したからといって簡単に育まれるものではありません。さまざまなデザインや絵画、美術品などを見た経験などが活かされます。ありがちなデザインを踏襲するだけの方、独自性のあるデザインができない方はあまり向いていません。

『 コミュニケーション力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

Webデザイナーは、アーティストとは異なります。自分が自由に作品を作るのではなく、Webサイトを制作したいクライアントの要望にもとづき、デザインを作成する必要があります。そのため、クライアントとのコミュニケーションができなくてはなりません。また、制作にあたってコーダーなどほかのスタッフと一緒に制作することもあるため、コミュニケーション力は必須です。コミュニケーションが苦手な、内にこもった芸術家タイプは向きません。

『 相手の要望を素早く理解できる 』

兼ね備えていない

Webデザイナーは自分好みのデザインを作成するのではなく、クライアントの要望にもとづき、企業やお店、ブランドや提供する商品やサービスのイメージに合ったデザインを作成する必要があります。コーポレートカラーやブランドカラーをはじめ、経営理念やコンセプトにより、こんなカラーを使ってこんなイメージにしたいなどさまざまな要望が出されます。相手のニーズを理解し、イメージを共有して反映させることが大切です。相手の要望を理解できず、自分勝手なデザインをする人は向いていません。

『 問題解決力がある 』

十分に兼ね備えている

Webサイトの制作にあたっては、新規での依頼だけでなく、古くなったホームページの更新、集客や売上アップが図れないサイトの見直しなど、さまざまな依頼が入ります。目的や目標が達成できていない、使いにくい、古臭いなどさまざまな不満や課題があるサイトから、どのように問題解決を図るか答えを導ける力も必要です。相手の指示にしか従えず、問題を解決できるアイディア力などがない人には向いていません。

『 提案力がある 』

そこそこ兼ね備えている

クライアントの中には完成イメージを持っている方やこんなサイトがいいと具体的な参考サイトを示してくる方もあれば、まったくプランがない方もいます。商品やサービスに合わせた温かみのあるイメージ、爽やかなイメージ、環境に優しそうなイメージなど、漠然としている方も少なくありません。話し合いを重ね、会社やお店、ブランドなどを理解し、漠然としたイメージも具体化するような提案ができることが大切です。提案力に乏しい方は向いていません。

スポンサーリンク

『 プレゼン力がある 』

兼ね備えていない

正式に依頼を受けるためにはプレゼン力も必須です。中には複数の制作会社やWebデザイナーの提案を比較検討する方もいます。また、コンペで競い合うケースも少なくありません。デザインのコンセプトをわかりやすく表現する、ラフ画やイメージ図を制作して、こだわりポイントを紹介するといったプレゼン力も養っておきましょう。人前で話すのが苦手な方や自分の考えや制作物をうまく伝えられない方はプレゼン力を磨きましょう。

『 カラーコーディネートができる 』

そこそこ兼ね備えている

カラーコーディネート力も、Webデザイナーにとっては大切なスキルの一つです。カラーやカラーの組み合わせにより、与える印象は異なります。コーポレートカラーに何を合わせれば、イメージが伝わるか、どんなカラーを使うとクライアントのコンセプトに合い、ユーザーに受け入れられるかを考えることも大切です。カラーコーディネートは学ぶことができるため、スキルアップを図りましょう。

『 スケジュール管理ができる 』

あまり兼ね備えていない

Webサイトの制作には納期があります。タイトなスケジュールになることも少なくありません。納期を踏まえ、スケジュール管理をしながら納期厳守で制作できるスキルや管理能力が必要です。場合によっては、複数の案件を同時進行することもあるので、しっかり管理できるようにしましょう。スケジュール管理ができない人、期限を決められての仕事が苦手な人には向いていません。

『 細かい作業が得意 』

十分に兼ね備えている

Webデザインは全体的なデザインをはじめ、レイアウトやメニューバー、見出しなどの構成やフォントの種類やサイズなど、幅広いデザインを行います。デザインの制作にとどまらず、制作まで対応する方やケースも少なくありません。デザインの精緻さをはじめ、使い勝手の良さや見やすさ、クライアントの要望などを反映させた、細やかなサイト制作が求められます。細かな作業が苦手な方、作り込むことが面倒に感じる方は向いていません。

『 好奇心旺盛 』

兼ね備えていない

クライアントやユーザーに満足を与え、ほかにはないオリジナルのデザインを制作し続けるためには、新たな知識を得たり、スキルを研鑽したり、トレンドをキャッチアップしていくことも欠かせません。常に学び、新たなものをどんどん吸収して、活かしていけることが大切です。そのため、好奇心旺盛で、学ぶことが好きな方が向いています。視野が狭い人、変化を好まない人、学ぶことが嫌いな方には向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのWebデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る