理想の就活/転職のための
自己分析サイト

VTuberに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今VTuberの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいVTuberに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのVTuber適性診断結果

あなたの適性度は35%で、VTuberの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。VTuberを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

VTuberに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.注目されるのが好き
2.人との会話が好き
3.人を楽しませるのが好き
4.好きな事を仕事にしたい
5.自己表現が得意
6.キャラを演じるのに抵抗がない
7.人との会話で余計な事は言わない
8.声に自信がある
9.根気強く一つの事を続けられる
10.トレンドに敏感
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 注目されるのが好き 』

兼ね備えていない

VTuberという職業は多くの人に注目されやすい傾向にあります。大手の事務所に所属すれば、一度の生配信で何千人、何万人という視聴者が訪れる事もあるでしょう。事務所に所属していなくても長い年月をかけて活動を続けていれば視聴者も増えてきます。そのため多くの人に注目されるのが好きな人や多くの人に注目されることに慣れている人は、VTuberに向いている可能性が高いです。

『 人との会話が好き 』

だいぶ兼ね備えている

VTuberは雑談をメインとした生配信を行うことも珍しくありません。視聴者とコミュニケーションを取ることによって、その場を楽しんでもらうことが目的です。VTuberなら必ず雑談配信をしなければいけないわけではありませんが、ゲームの生配信や生歌の配信でも視聴者とコミュニケーションを取る必要はあるでしょう。そのため視聴者との会話を楽しめる人ほど、VTuberの仕事に向いていると言えます。

『 人を楽しませるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

VTuberはアイドルやエンターテイナーとして扱われることが多いでしょう。そのため芸能界にいるアイドルやアーティスト、お笑い芸人などと同じように誰かを楽しませることを求められます。必ず笑える内容である必要はありません。興味深い、楽しい、面白い、カッコイイなどのポジティブな感情を持ってもらえれば成功です。このような立場を考えれば誰かを楽しませたいという気持ちを持っている人ほど、VTuberに対する適正は高いと言えます。

『 好きな事を仕事にしたい 』

そこそこ兼ね備えている

VTuberの仕事は誰かを楽しませるだけでなく、自分も楽しいと思えることを続けるのが重要です。ゲームが好きではないのに「流行っているから、あのゲームを配信しよう」と考えても、視聴者には打算的な考え方がバレてしまいます。そうなれば自分も楽しくないし、視聴者も面白くありません。視聴者に楽しんでもらうためには、自分も楽しいと思えることを配信するのが大切だと言えます。「歌唱」や「ダンス」、「ゲーム」など、そのジャンルでもいいので自分の楽しめることを見つけられる人がVTuberに向いていると考えられます。

『 自己表現が得意 』

十分に兼ね備えている

VTuberは動画投稿や生配信をメインに活動を行います。その動画投稿や生配信の中では自分を上手に表現することが大切です。このVTuberは何を楽しんでいて、何に対して怒るのかといった部分を視聴者は見ているでしょう。必ず感情をむき出しにしなければならないわけではありません。感情の起伏が激しい方が見栄えはしますが、それが苦手な場合は言葉や口調で自分を表現するのも1つの方法です。とにかく自分を上手く表現できることがVTuberには必要な能力だと言えます。

スポンサーリンク

『 キャラを演じるのに抵抗がない 』

あまり兼ね備えていない

VTuberによっては細かい設定が用意されているケースもあります。「このキャラクターは正義感が強い」といった設定が作られているのであれば、正義感の強いキャラクターになりきる必要があるでしょう。その決められた設定をもとに作り上げられた偶像を視聴者は愛しています。そのためVTuberとしての活動を続けていくためには、設定を守ってロールプレイを続けられる人である必要があります。ロールプレイを徹底できる人ほど、VTuberという職業の適性は高いです。

『 人との会話で余計な事は言わない 』

兼ね備えていない

VTuberの生配信における発言は切り抜き動画として投稿されることが多いです。些細な発言でも切り抜き動画として投稿されてしまうと、問題発言を行っているように見えてしまうこともあります。そうなれば自分の知らぬ間に炎上騒ぎになっていることもあるでしょう。そのような事態を回避するためにも丁寧な言葉選びを心がける必要があります。差別的な発言や攻撃的な発言を避けられる人ほど、VTuberに向いています。

『 声に自信がある 』

兼ね備えていない

VTuberは絵描きさんが描いた絵に声や動作をつける仕事でもあります。そのため自分の声に自信のある人ほど、VTuberに向いているでしょう。例えば今までは声優として働いていたという人は、キャラクターになりきって声を入れることには慣れているのでVTuberとしての適性は高いかもしれません。

『 根気強く一つの事を続けられる 』

兼ね備えていない

VTuberになったとしても、すぐに大人気になれるわけではありません。大手の事務所に所属していたとしても絶対に大勢の人が見てくれるとは限らないでしょう。それでも根気強く活動を続けていける人がVTuberに向いています。根気強く続けていくことで少しずつ視聴者が増えていくので、諦めずに活動を続けていくのが良いでしょう。

『 トレンドに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

VTuberは可愛いだけでは人気は出にくいです。同じようにカッコイイだけでも人気が出るとは限りません。人気のあるVTuberを目指していくのであれば、トレンドに敏感である必要があります。今は何が注目を集めているのか、何をしたら見てもらいやすいかといった部分を考えて発信することが重要になります。例えばゲーム配信を行うにしても、人気の高いゲームを遊ぶ方が見てもらいやすいです。常にトレンドを追い続けられる人がVTuberに向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのVTuber適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る