理想の就活/転職のための
自己分析サイト

VRエンジニアに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今VRエンジニアの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいVRエンジニアに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのVRエンジニア適性診断結果

あなたの適性度は43%で、VRエンジニアの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。VRエンジニアを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

VRエンジニアに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.最新のIT技術に興味がある
2.発想力が高くクリエイティブ
3.ゲームプログラミングの経験がある
4.複数のプログラミング言語の知識がある
5.撮影技術に興味がある
6.動画編集の経験がある
7.空間把握力に長けている
8.コミュニケーション能力がある
9.リサーチ能力がある
10.英語が苦手でない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 最新のIT技術に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

VRはIT分野において比較的新しいコンテンツであるため、経験豊富なVRエンジニアがそれほど多くありません。そのため、VRエンジニアは新しい技術に興味があり、積極的に学び・取り入れられる人に向いています。能動的に知識を身につけることは難しいため、常に新しい技術やリリース情報などに目を光らせ、学ぶ姿勢がある人はVRエンジニアとして活躍できるでしょう。VRエンジニアは、どれだけ技術があるかで価値を測られる仕事です。

『 発想力が高くクリエイティブ 』

あまり兼ね備えていない

VRは仮想現実空間を作り出すというこれまでにはない分野となるため、VRエンジニアは発想力の高さやクリエイティブさが求められます。既存のルールに捉われるのではなく、斬新な発想で仮想現実空間を作り出していくことが必要になります。また、VRの認知度を高め一般の人に定着させるためにも、社会のニーズやトレンドに合う製品を作り出さなければなりません。トレンドやニーズ発想を上手に融合させるバランス感覚も必要です。

『 ゲームプログラミングの経験がある 』

十分に兼ね備えている

VRはゲーム分野で広く使用されているため、VRエンジニアはゲーム開発用ソフトウェアを扱えることが必須となります。最も凡庸性が高いソフトウェアとしてはUnityやUnreal Engineがあげられ、少なくともどちらかを扱えることが求められます。UnityやUnreal Engineは本やWEB上の資料を利用して独学で学ぶこともできるので、VRエンジニアを目指すなら身につけておくと良いでしょう。

『 複数のプログラミング言語の知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

VRエンジニアとして活躍するためには、プログラミング言語の知識があることも大切です。「Java Script」「C#」「BluePrint」「Ruby」「GO」の5つの言語は使用頻度が高いため、VRエンジニアを目指すなら習得しておくのが賢明です。なかでも「Java Script」はVRエンジニアだけでなくエンジニア全般に必要な言語であるため、必須のプログラミング言語になります。5つをマスターするのが難しい場合は、「Java Script」と「C#」だけは押さえておきましょう。

『 撮影技術に興味がある 』

兼ね備えていない

VRはゲームだけでなく実写映像にも使用されるため、VRエンジニアは撮影技術も求められます。会社によっては撮影担当者がいる場合もあり、撮影は必ずしもVRエンジニアが行うわけではありません。しかし、撮影担当者がいない会社ではVRエンジニア自らが撮影を行うため、基本的な撮影技術は身につけておく必要があります。また、自分で撮影する方が、編集を考慮しながら撮影できるため作業がやりやすくなることもあります。

スポンサーリンク

『 動画編集の経験がある 』

あまり兼ね備えていない

動画編集技術は、実写映像のVRエンジニアに欠かせないスキルになります。VRの動画編集は、360度撮影可能なカメラで撮影した映像を動画編集ソフトを使用して編集する作業です。撮りっぱなしの映像では余分なものが映っていることがあるため、不要な部分はカットしてクオリティの高い映像に仕上げます。動画編集技術とともに、どの部分をカットするのかを的確に判断できるセンスも必要となるでしょう。

『 空間把握力に長けている 』

兼ね備えていない

VRエンジニアは仮想現実空間を作り出す仕事であるため、立体空間を把握する能力が求められます。2Dを3Dに変換する発想力も必要になるので、3DCGデザインについて学んでおく必要もあるでしょう。そのほかにも、リアリティを持たせるためのデッサン力や、仮想現実にリアリティを持たせるための柔軟な発想も必要です。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

VRエンジニアは動画編集ソフトを使って映像を編集したり、ゲーム開発用ソフトウェアでゲームを開発したりするだけが仕事ではありません。クライアントやユーザーの要望にそった映像やゲームを作成するために、打ち合わせをするのも仕事の一環です。円滑にコミュニケーションが取れないとクライアントの要望を聞き出すことができないほか、製品やサービスに関する納得のいく解説をすることができません。そのため、VRエンジニアにはコミュニケーション能力が必要です。

『 リサーチ能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

VRエンジニアは、VRコンテンツを制作したら仕事が完了するわけではありません。制作した製品・サービスに対し、クライアントやユーザーがどのような反応を示しているのかリサーチも必要になります。リサーチした結果から課題を分析して、今後どのようにすればよいか対策を考えることも大事です。

『 英語が苦手でない 』

そこそこ兼ね備えている

VRはまだまだ発展途上のコンテンツであるため、新しい技術が次々にリリースされています。しかし、新しい技術は海外で開発されることが多く、日本語に翻訳されていないものもたくさんあります。そのため、WEBサイトなどで英語の文献を探し、読み解きながら理解していかねばなりません。どのような内容であるか、ある程度理解できる英語力は必要になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのVRエンジニア適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る