理想の就活/転職のための
自己分析サイト

職業訓練指導員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今職業訓練指導員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい職業訓練指導員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの職業訓練指導員適性診断結果

あなたの適性度は32%で、今の時点では職業訓練指導員の仕事に向いているとは言えないようです。職業訓練指導員を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

職業訓練指導員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.教えることが好き
2.人の役に立つことに喜びを感じる
3.社会貢献に関心がある
4.スキルアップへの意識が高い
5.改善するのが得意
6.人と喜びを共有したい性格
7.相談に乗ることが得意
8.専門と言える分野がある
9.優秀な指導力を持つ
10.コミュニケーション能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 教えることが好き 』

あまり兼ね備えていない

職業訓練指導員は、知識や技能を教える立場の職業です。教えることが好きという気持ちは、職業訓練指導員にとって大切なものです。職業訓練指導員は、教員や講師と同様に、適切なカリキュラムに則って計画的に指導をすることが求められます。知識や技術の要点を分かりやすく説明し、生徒の理解を促すことが大事です。

『 人の役に立つことに喜びを感じる 』

十分に兼ね備えている

職業に役立つ技術や知識を伝える職業訓練指導員は、人の役に立ちたいと考える人に適した仕事です。新たな仕事に就く上で有利になる技術や資格を取得しようと職業訓練校に通う生徒の期待に応える指導をすることが求められます。技術や知識を身につけられて良かった、と生徒に喜んでもらうことが、自身にとっても喜びとして感じられるタイプの人は、職業訓練指導員に向いているでしょう。

『 社会貢献に関心がある 』

そこそこ兼ね備えている

職業訓練指導員は、指導する生徒の就職先を斡旋することもあります。訓練校のある地域に存在する企業に対して、職業訓練の成果をアピールし、生徒の就職先探しに結び付けることが重要です。職業訓練指導員は、仕事を通して、地域や社会に貢献したい人に適した職業であると言えるでしょう。

『 スキルアップへの意識が高い 』

そこそこ兼ね備えている

就職に役立つ技術や知識を教える職業訓練指導員は、スキルアップへの意識が高い人が向いています。職業訓練における訓練内容は、時代によるニーズの変化に柔軟に応える必要があります。職業訓練指導員は、新しい知識や技術を吸収しようという意識を持ち、職業訓練の指導にも役立てることが求められるのです。常に向上心を持って、時代の動向に対してアンテナを張り、知識や技術を向上させられる人であれば、職業訓練指導員として活躍できることでしょう。

『 改善するのが得意 』

兼ね備えていない

職業訓練のカリキュラムは、その時代のニーズや就職事情に合ったものであることが不可欠です。職業訓練指導員には、訓練内容を適切に見直し、改善する能力を要する職業でもあります。受講生からのアンケートを反映させて、より分かりやすいカリキュラムに改善するといった工夫が求められます。単なる技術指導に留まらず、カリキュラム改善に貢献できる力が、職業訓練指導員にとって大事です。

スポンサーリンク

『 人と喜びを共有したい性格 』

兼ね備えていない

職業訓練は、就職を目標とするものです。就職先の内定の報告を受け、職業訓練生と共に喜びを分かち合うことも、職業訓練指導員の大事な仕事の一部です。新しい技術や資格を習得して羽ばたく生徒の姿を見送ることに喜びを覚えられる人であれば、職業訓練指導員の仕事にやりがいを感じ、長くその仕事を続けられることでしょう。

『 相談に乗ることが得意 』

兼ね備えていない

職業訓練に通う生徒のなかには、次の就職先をどうすればよいかという悩みや就職に対する不安を抱えている人も多数います。そういった悩み相談に丁寧に応じることも、職業訓練指導員に課された大事な仕事です。家庭と仕事の両立に悩み、ワークライフバランスについて相談する生徒もいるかもしれません。プライバシーを遵守した上で、適切な助言を与えることが大切です。

『 専門と言える分野がある 』

兼ね備えていない

職業訓練指導員は、特定の分野の知識や技術を持っていることが不可欠です。就職に結びつくような実用的な分野に関する専門知識があると、職業訓練指導員として活躍しやすいでしょう。癒しを求める時代にあって、アロマセラピーやエステティックといった専門分野に関する職業訓練指導員も増えてきました。自身の持つ技術や経験を次世代に伝えたいという強い気持ちを持つ人は、職業訓練指導員としての適性があります。

『 優秀な指導力を持つ 』

兼ね備えていない

職業訓練に通う生徒は、様々な境遇の人がいます。職業訓練指導員は、どのような立場の生徒に対しても、丁寧に指導ができる優れた指導力を備えていることが必要です。就職を目標にした職業訓練では、単なる知識の伝達に留まらず、職業訓練指導員が実際に働いていた経験も交えて指導をすることが求められます。職業訓練指導員は、現場でのやりがいや苦労も含めて訓練生に伝えて、訓練生が実際に仕事に就くことをイメージしやすくする努力が必要です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

職業訓練指導員は、職業訓練生や他の職業訓練指導員のみならず、ハローワークのスタッフや企業の人事担当者といった様々な人と触れあう機会のある職業です。ハローワークの事業のひとつでもある職業訓練は、ハローワークと連携をしながら進める必要があります。また、生徒の就職活動を進める際には、企業と連絡を取って、職業訓練の趣旨を正確に伝えることが大事です。職業訓練指導員は、色んな立場の人とのコミュニケーションを円滑に取り、生徒の早期の内定獲得を促すことが求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの職業訓練指導員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る