理想の就活/転職のための
自己分析サイト

映像作家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今映像作家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい映像作家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの映像作家適性診断結果

あなたの適性度は55%で、映像作家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。映像作家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

映像作家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.映像作品に関心がある
2.資料を集める事が得意
3.話を聞く事が得意
4.文章力がある
5.物事の取捨選択が得意
6.基本的なパソコンスキルがある
7.物語を考えられる
8.絵心がある
9.コミュニケーション能力が高い
10.予想外のトラブルやミスに寛容
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 映像作品に関心がある 』

あまり兼ね備えていない

多彩な映像作品に関心がある事が、映像作家には求められます。現代では実に多様な映像系コンテンツがあり、そのジャンルは非常にバラエティー豊かです。SFやアクション、硬派なサスペンスや推理物、短編アニメやラブコメ等、多種多彩なジャンルをまんべんなく鑑賞できる姿勢が必要です。自分の好みとはまた違ったジャンルについても、勉強のために積極的に鑑賞する好奇心が要ります。

『 資料を集める事が得意 』

そこそこ兼ね備えている

創作活動において、資料を集める事はとても大事です。映像作品はフィクションですが、リアリティーを醸し出すためにはきめ細かな下調べが必要です。例えば、制作する作品にドラゴンやユニコーンといった空想上の生き物を出す場合も、その参考のために現実のトカゲや馬が歩く映像や写真を調べなければリアル感は演出できません。ベースとなるリアルの素材やデータを集める事が得意な方は創作活動が進めやすいです。

『 話を聞く事が得意 』

十分に兼ね備えている

リアルな映像制作のためには、綿密な取材が必要です。例えば映像作品にプログラマーを登場させたい、そんな時は実際のプロフェッショナルな方々に話を聞かなければいけません。取材時は初対面の方とフランクに話しつつも、深い話を聞きだすスキルが必要です。どういった風に働いているか、どのような点に気を付けているか、また取材を通してプログラマーの方々はどんな服装や働き方を実際では行っているか、鋭い観察眼も取材時に求められます。

『 文章力がある 』

あまり兼ね備えていない

映像作家には文章力が色々な場面で要求されます。作品のプロットを考える際、本腰を入れて脚本を組み立てる際、クライアントにコンテンツ内容を説明する際、メンバーとメッセンジャーアプリで意見交換をする際などです。文章力があれば自分の言いたい事が、上手くテキストに落とし込めますし、頭の中のイメージを柔軟に他人へ伝えられるでしょう。

『 物事の取捨選択が得意 』

そこそこ兼ね備えている

映像作品を製作する過程において、トレードオフは発生しやすいです。現実問題として、時間や費用には限りがあり、映像作家は限られたリソースの中で映像制作をしないといけません。どの部分にリソースを重点的に充てるか、どの部分ならコストカットをしても大丈夫か、優先順位を主体的に決める必要があります。費用対効果を重視すべきか、それとも作品の質を求めるか、冷静に判断する姿勢が映像作家には必要です。

スポンサーリンク

『 基本的なパソコンスキルがある 』

兼ね備えていない

現代では創作活動のデジタル化が進んでおり、映像作家もまた例外ではありません。一人ですべての作業を担当する必要はありませんが、いわゆる業界標準の映像系ソフトウェアは触れた方が何かと便利です。有名な編集ソフトの基本的な操作方法、ポピュラーなパソコンの使い方など基本的なIT系スキルを学んでいれば、効率よく映像制作に携われます。

『 物語を考えられる 』

十分に兼ね備えている

オリジナルあふれる物語を作る事、これもまた映像作家の仕事の一つです。既存の作品に学びつつ、斬新なストーリーと新鮮な感動がある脚本を作らなければいけません。そのためには起承転結を違和感なく結びつけ、作中に自然な流れで伏線を張り、魅力的な人物や世界観を創造するセンスとテクニックが必要です。

『 絵心がある 』

十分に兼ね備えている

プロ並みのデッサン力は要りませんが、絵心はあった方が便利です。映像制作の作業にはいわゆる画コンテが必需品です。どのような映像を撮影すべきか、どのようなアングルでカメラを構えるのか、どういった演出が要るのか、キャラクターや背景はどういったバランスで映るのか等、画コンテには沢山の情報を詰めないといけません。絵心があれば撮影に必要なそういった情報を分かりやすく画コンテへアウトプット出来ます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

映像制作の現場では日常的に、クライアントと打ち合わせを行ったり、現場スタッフの意見をきちんとヒアリングしたり、メンバーと綿密にコミュニケーションを交わさなければいけません。会話スキルがあった方が映像作家として、そういったルーチン業務がスムーズに運びやすいです。チームの雰囲気が良い方が当然パフォーマンスは上がりますし、風通しの良い環境が用意出来るプロは様々な現場から引っ張りだこになり易いです。

『 予想外のトラブルやミスに寛容 』

そこそこ兼ね備えている

創作活動の現場は、予想外のトラブルが起きやすいです。現場スタッフがケアレスミスをしたり、スケジュール通りに素材が届かなかったり、細心の注意を払って制作した作品に大きなミスが見つかる等、こういったピンチに陥った時も冷静にトラブル解決に励めた方が映像作家として活躍出来るでしょう。ストイックさを持ちながらも温和で寛容な姿勢を維持した方が、チームワークが良くなり、想定外の事態にも柔軟に対応しやすい為です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの映像作家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る