理想の就活/転職のための
自己分析サイト

獣医師適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今獣医師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい獣医師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの獣医師適性診断結果

あなたの適性度は56%で、獣医師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。獣医師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

獣医師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.動物が好き
2.医療に興味がある
3.器用さに自信がある
4.物事をよく観察することができる
5.判断力に優れている
6.体力に自信がある
7.精神力がタフ
8.知的好奇心がある
9.柔軟性がある
10.コミュニケーション能力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 動物が好き 』

あまり兼ね備えていない

獣医師は動物を診ることが主な仕事になります。そのため、動物が好きというのは獣医師になるために最も重要な事項の一つであると言えるでしょう。動物に対してマイナスの気持ちしかないようであれば、務まる仕事ではありません。そもそも、獣医学部を卒業することすら難しいのではないでしょうか。動物が好き、助けたい、という思いは、獣医師という職業に就くにあたって欠かせないものの一つではないでしょうか。

『 医療に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

医療に興味があることも重要です。獣医師は動物の医師であるため、怪我や病気の治療行為をすることになります。個体や状態によって行われる治療行為は異なり、基本的なものから、難しい方法まで様々な治療行為がありますが、どこまでできるのか、獣医師の腕によるところが大きい部分があります。多くの選択肢を持つ獣医師になるためにも、医療に興味があることは重要です。

『 器用さに自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

多くの動物を診察していると、中には外科的処置が必要になる動物も出てくるでしょう。切ったり縫ったりすることも多い獣医師には、手先の器用さに自信がある人が向いています。また、中には手のひらに乗るようなサイズの動物を診なくてはならないこともあるでしょう。人間の指が大きく感じるような動物も少なくありません。そのような動物達に適切な治療を行うためにも、手先の器用さは獣医師にとって重要です。

『 物事をよく観察することができる 』

だいぶ兼ね備えている

動物は人間と違って話をすることができません。「ここが痛い」「しんどい」と言えない動物達の状態を把握するために、獣医師は動物の体内で何が起こっているのかを把握しなければなりません。このようなときに発揮されるのが物事を観察する力です。どんな細かい変化も見逃さず、隅から隅までしっかりと観察をすることができる人は、獣医師に向いていると言えるでしょう。

『 判断力に優れている 』

十分に兼ね備えている

一瞬の判断で生死が決まってしまう、多くの動物を診察していれば、そのような場面に立ち会ってしまうこともあるでしょう。このようなときでも、最善を尽くすためにあらゆる可能性を瞬時に巡らせ、その中で今できる最適解を選び、行動まで持っていくことができる判断力は重要です。

スポンサーリンク

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

獣医師は立ち仕事がほとんどであることに加え、手のひらに乗るようなサイズの動物から、大人が数人がかりで保定しなければならないようなサイズの動物達まで、あらゆるサイズの動物を診察、治療しなければなりません。また、勤務先によっては夜間も営業している場合や、夜中に急に出産が始まることも少なくないでしょう。そのようなときでも、適切な対応や治療が求められるため、獣医師はほとんど体力勝負と言っても過言ではないでしょう。

『 精神力がタフ 』

そこそこ兼ね備えている

獣医師には体力も必要ですか、精神力も必要です。いつも何事もうまくいくとは限りません、うまくいかないときもあるでしょう。思うようにならないことも多々出てきます。治療行為とは関係ないことで飼い主からクレームが入ることもあるかもしれません。凹んでしまうこともあるでしょう。ですが、いつまでも凹んでいるわけにもいきません。自分なりに立ち直り、次に進まなくてはなりません。このようなときに精神力がタフではないと潰れてしまう可能性も少なくないため、精神力がタフな人は獣医師に向いていると言えるでしょう。

『 知的好奇心がある 』

だいぶ兼ね備えている

医療の世界は、次々と新しい治療方法や医薬品が確立、開発されています。獣医師もこれに付いていかなければなりません。古い知識や治療方法でも問題ないことが多いでしょうが、新しい治療方法や医薬品は従来のデメリットの部分を減らし、より効果的であることがほとんどです。常に新しい方法で動物達を治療するためにも、知識のアップデートは必要不可欠です。日々、勉強し続けるためにも、知的好奇心は獣医師にとって重要な要素です。

『 柔軟性がある 』

そこそこ兼ね備えている

診察においても治療においても、絶対に正しい方法ということはまずありません。多くの方法の中から、最適解と思われる治療を行う必要があります。ですが、もしその方法が最適解でなかった場合や、診断自体が誤りであった場合など、方向転換が必要になることもあります。すぐに次のことを考え、行動しなくてはなりませんが、このようなときに必要なのが柔軟性です。一つのことに囚われず、様々な可能性を考えることができる柔軟性を持っている人は、獣医師に向いていると言えるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

獣医師は動物だけではなく、飼い主ともコミュニケーションを取らなければなりません。話ができない動物達の状況を説明するのは飼い主ですし、動物達の治療方針を決めるのも飼い主です。飼い主が様々な判断をするためにも、動物のプロである獣医師からの情報が必要になることもあります。目の前にいる動物を救うためにも、飼い主とのコミュニケーションは欠かせない仕事の一つです。動物だけではなく、飼い主に対しても誠意を持って対応できるコミュニケーション能力は、獣医師にとって必要と言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの獣医師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る