理想の就活/転職のための
自己分析サイト

民泊オーナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今民泊オーナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい民泊オーナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの民泊オーナー適性診断結果

あなたの適性度は50%で、民泊オーナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。民泊オーナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

民泊オーナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.外国語が堪能
2.失敗してもくじけない
3.勉強熱心で努力家
4.リスクを恐れない
5.数字の計算が得意
6.将来的な目標を持っている
7.すでに賃貸経営を行っている
8.細かいことに気づく
9.辛抱強く忍耐力がある
10.人間が好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 外国語が堪能 』

十分に兼ね備えている

民泊は外国人旅行者を宿泊させるシステムです。そのため、外国語が全く分からない場合には意思疎通が出来ずに、トラブルが増える可能性があります。そのため、ある程度の英語等は理解できるレベルでなければ務まりません。完全に外国語を理解する必要はありませんが、ある程度の単語の意味くらいは知っておくべきでしょう。

『 失敗してもくじけない 』

そこそこ兼ね備えている

民泊を始めたばかりのころは、右も左もわからない状態です。そのため様々な失敗やトラブルを抱えることもあります。そのような出来事が続くと民泊を辞めたくなることもあるでしょう。しかし、そこで失敗から様々なことを学び、次につなげていくことが出来る人は民泊ビジネスを上手に回していくことが出来ます。外国人旅行者が多い民泊では、文化等の違いから様々なトラブルがあるかもしれません。そのトラブルが起きた時に、どのような対応をしていけばいいのかを失敗から学べる人になりましょう。

『 勉強熱心で努力家 』

そこそこ兼ね備えている

民泊はある程度慣れてくると、不労所得のような要素があるので楽にビジネスを回すことが出来ます。そのため学ぶことを途中でやめてしまう人も出てくるのです。学ぶことを辞めたらいずれ民泊もうまくいかなくなるようになります。どんなに軌道に乗ってきたとしても、様々なことを勉強し続けることが大切です。それが長期的な成功につながっていくからです。

『 リスクを恐れない 』

十分に兼ね備えている

民泊は立派な「不動産賃貸業」に当たります。そしてそれは不動産投資とも呼ばれます。投資にはリスクがつきものです。リスクを恐れていたら、はじめの一歩が踏み出せません。リスクは「危険」という意味ではなく「不確実性」という意味になります。民泊にもリスクはつきものですが、リスクを低くするにはどうしたらよいかを、常に考えられる人が向いています。リスクを恐れていたら、次のステップを踏み出すまで時間がかかる事になります。

『 数字の計算が得意 』

兼ね備えていない

民泊では外国人観光客を、自分が所有する宿泊所に泊めてお金をもらうビジネスです。そのため自分でお金の計算等をする必要があります。そのため、数字に詳しい人が向いているといえます。例えば、無駄な出費をすぐに見つけることが出来て、経費を抑えることが出来るような人です。余分な出費を抑えることが出来れば、その分だけ民泊経営の利回りをアップさせることが出来るのです。

スポンサーリンク

『 将来的な目標を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

将来的には民泊だけではなく、様々な事業の足掛かりにしようと考える民泊オーナーもいます。他にも、民泊を全国に広げていきたいと考える人もいることでしょう。このように、将来的な夢や理想、目標や目的をきちんと持っている人は、民泊事業を発展させる可能性が高いのです。ただ漠然とお金が欲しいから、という理由だけで民泊を行っても行き詰る可能性が高いうえに、宿泊者にそっぽを向かれることになります。

『 すでに賃貸経営を行っている 』

兼ね備えていない

すでに不動産賃貸業を行っている人であれば、宿泊者の気持ちもわかるので向いているといえます。入居者が何を欲しているのかを適切に判断できるのが成功する賃貸経営者の特徴です。民泊でも宿泊者がなにを望んでいるのかを、適切に考えて判断し実行できるような人が向いています。賃貸経営をすでに始めている経験者であれば、その点は有利になることでしょう。

『 細かいことに気づく 』

十分に兼ね備えている

民泊で泊めた外国人のほとんどが、気持ちよく宿泊できたと思って帰国します。しかし、中には改善点を指摘してくれるありがたい人もいます。そのような人の意見をきちんと聞くことが出来る人が重要です。さらに、部屋のレイアウトなどもどうしたら外国人の旅行者に好まれるのかを考えたり、細かな注意点に気づくことが出来る人は、民泊事業を発展させることが出来ます。

『 辛抱強く忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

この事業を始めたとしても、最初は宿泊者が全くいない状態が続くことも考えられます。その場合には何が原因なのかを追究するのと同時に、あきらめたりせずに辛抱強く事業を継続させることが大切です。辛抱強さはどの事業にも大切ですが、民泊でも同じ事です。色々と工夫をこなせば、見向きもされなかった自分の宿が注目される日も来ることでしょう。

『 人間が好き 』

そこそこ兼ね備えている

やはり一番大切なのは、人間が好きであるという事です。人と交流したりすることが好きな人は民泊事業に向いているといえます。人と接することが苦手という人は、あまり向いていないかもしれません。宿泊者と交流を持ち、中にはそれから長期にわたって交流するような民泊オーナーもいます。旅行者が宿を気に入ってくれればそれも夢ではありません。ぜひ人間好きな人は民泊オーナーになりましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの民泊オーナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る