理想の就活/転職のための
自己分析サイト

歌い手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今歌い手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい歌い手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの歌い手適性診断結果

あなたの適性度は57%で、歌い手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。歌い手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

歌い手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.歌うことがとにかく好き
2.たくさんの歌を知っている
3.人を喜ばせるのが好き
4.歌が上手いと人から言われる
5.コミュニケーション能力が高い
6.喉が強く枯れない
7.声の音域が広い
8.感情表現が上手い
9.人を驚かせるのが好き
10.歌の練習ができる環境が整っている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 歌うことがとにかく好き 』

そこそこ兼ね備えている

歌い手になるためには、とにもかくにも歌が好きなことが求められます。歌うことが好きで、人前で歌うことに快感を覚える人は向いています。歌うことでお客が楽しそうにしていたり、拍手をくれることが楽しいと思えるなら、歌い手を目指すと良いです。もともと歌うことが得意な人が歌い手には多いですが、技術や歌唱力は後からでも身に付けることができます。まずは好きであることが大事です。

『 たくさんの歌を知っている 』

十分に兼ね備えている

歌い手になるためには、多くの歌を知っている方が良いです。国内外を問わず、たくさんの歌を知っている人は歌い手に向いています。あらゆるジャンルの歌や、その歌い方がわかっていれば、応用が利きます。一種類の歌い方しかできないよりも、いくつか歌える歌のパターンを持っておいた方が、良い歌い手になれるチャンスは多いです。

『 人を喜ばせるのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

歌い手は、ただ歌を歌っているだけでは仕事になりません。多くの人に聴いてもらわなければならない職業です。誰かを喜ばせたり、歌うことで評価をされるのが好きな人は、歌い手に向いています。自分が歌うことで嬉しそうにしている人を見るのが好きなら、良い歌い手なれる素質があります。もっとみんなに喜んで欲しいと、能動的に努力ができるからです。自分の歌に心を動かされている様子を見て嬉しくなってしまうのは、歌い手に必要な要素です。

『 歌が上手いと人から言われる 』

兼ね備えていない

歌を歌うのが得意な人は、歌い手に向いています。歌い手になってから、さらに上手になるため努力をするのは当然ですが、他の人より元々上手いに越したことはありません。小さい頃から歌が上手で、周りに褒められることで、さらに歌うことが快感になっていく人は多いです。褒められて伸びる素質を持っている人は、歌い手向きです。自分は上手いと自覚がある人は、人前でも動じずに歌を披露することができます。緊張感のある場所でも、歌い始めてしまえばのびのびと歌える人が多いです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

アカペラでも歌を歌うことはできますが、基本的に歌い手は、1人で完結できる仕事ではありません。周りの人とうまくコミュニケーションをとって、環境を整えなければいけません。もともと人とのコミュニケーションを取るのが上手な人は、歌い手に向いています。周りに協力する人が多いほど、成功しやすい職業だからです。仕事をとってくるのも、楽曲を販売するのも、たくさんの人の協力が必要です。

スポンサーリンク

『 喉が強く枯れない 』

だいぶ兼ね備えている

歌い手は歌を歌うのが仕事なので、喉が強いほど良いです。1曲歌って終わりという仕事は少なく、たくさんの曲を連続で歌わなければいけないことがほとんどです。歌い始めて、すぐに喉が枯れてしまうようでは、務まりません。例えばカラオケに行った時、1曲目や2曲目は調子が良くても、すぐに声がかすれてしまう人がいます。人前で歌うのに、声の調子が短時間で悪くなるようではいけません。もともと喉が強い人は、長く歌うことができるタフな歌い手になれます。

『 声の音域が広い 』

兼ね備えていない

出る音域が広い人は、歌い手に向いています。歌うことを職業にすると、いろいろな種類の歌を歌う必要があります。高温や低音が出ないという理由で歌える歌の範囲が狭まると、チャンスももらえません。歌唱音域が広ければ、多くのチャンスを掴むことができます。音域は、トレーニングや努力で広げることができるので、歌い手になりたい人は少しでも広げておくと良いです。

『 感情表現が上手い 』

十分に兼ね備えている

歌を歌う時には、ただ音符通りに歌えば良いというわけではありません。感情を込めて歌える人が、良い歌い手です。感情表現を表に出すことが、もともと好きな人や得意な人は、歌い手に向いています。歌に出てくる主人公の気持ちになって、感情を入れることが大切です。感情が強く入っていればいるほど、聴く人の心に響きます。歌うことで聴いている人の心を揺さぶるには、感情表現が欠かせません。

『 人を驚かせるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

いわゆるサプライズなどで人を驚かせるのが好きな人は、歌い手向きです。普段おしゃべりをする声と、歌ったときの声が大きく違う人がいます。そのギャップに人々は驚き、歌い手に引き込まれていきます。人々が驚く表情を見るのが好きな人は、歌い手の素質がある人です。自分の歌でみんなを驚かせたい、あっと言わせたいと考えれば、良い歌が歌えます。聞いたことがないような歌い方や、声の表現ができる歌い手は、人気が出ます。

『 歌の練習ができる環境が整っている 』

あまり兼ね備えていない

歌は、いつでも練習をすることができます。しかし、歌うことで人に迷惑がかかったり、騒音になるようではいけません。声を出して歌える環境をもともと持っている人は、歌い手向きです。周りに迷惑がかからないなら、どんな場所でもかまいません。車の中で窓を閉めても歌える環境はできますし、自宅が音を出しても良い部屋を持っているなら、それでも良いです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの歌い手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る