理想の就活/転職のための
自己分析サイト

米国公認会計士(USCPA)に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今米国公認会計士(USCPA)の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい米国公認会計士(USCPA)に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの米国公認会計士(USCPA)適性診断結果

あなたの適性度は52%で、米国公認会計士(USCPA)の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。米国公認会計士(USCPA)を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

米国公認会計士(USCPA)に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.会計や税制に広い興味がある
2.海外で働きたい
3.外資系企業に興味がある
4.経営に関心がある
5.注意深い
6.コミュニケーション能力がある
7.提案力がある
8.真摯で真面目
9.キャリアアップ志向が強い
10.英語が好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 会計や税制に広い興味がある 』

兼ね備えていない

米国公認会計士(USCPA)は会計や税制について全般的な興味を持っている人に向いています。米国公認会計士(USCPA)はアメリカの会計制度に基づいて監査業務を担える職種だからです。特に日本ではなくアメリカの会計や税制について興味がある人にうってつけです。また、カナダや香港、オーストラリアなどでは相互承認制度があり、米国公認会計士(USCPA)になれば公認会計士として働けます。世界の会計制度を熟知したいという意欲がある人にはうってつけです。

『 海外で働きたい 』

十分に兼ね備えている

米国公認会計士(USCPA)は海外で働きたい人に適している職種の一つです。米国公認会計士(USCPA)の資格があっても日本では公認会計士として働くことはできませんが、アメリカやカナダなどでは有資格者として独占業務に従事できます。資格を持っているだけで貴重な人材として認められるため、アメリカまたは相互承認制度の対象国では就職しやすくなります。海外で働くには強みが必要な場合が多いので、米国公認会計士(USCPA)になるのは魅力的な選択肢です。

『 外資系企業に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

米国公認会計士(USCPA)は外資系企業で働きたい人に向いています。アメリカやカナダなどに本社がある外資系企業では本社の監査業務や経理、財務などにも携わることができるからです。また、海外企業の買収を検討する際にも会計関係の書類を読んで経済状況や取引状況を把握することができるため、買収戦略を展開している企業でも活躍できます。そのため、外資系企業では米国公認会計士(USCPA)が重宝されていて、有資格者は採用されやすい傾向があります。

『 経営に関心がある 』

だいぶ兼ね備えている

経営に関心があるのは米国公認会計士(USCPA)に向いている人の特徴です。米国公認会計士(USCPA)はグローバル展開しているコンサルティングファームが活躍している職場の一つだからです。経営に関心があると会計や監査という視点から経営改善のための提案ができるでしょう。経営知識があるだけで活躍できるチャンスが広がる職種です。

『 注意深い 』

そこそこ兼ね備えている

些細なことによく気づく注意深さがある人は米国公認会計士(USCPA)に適性があります。監査法人や会計事務所で働く場合には特に重要な点で、あらゆる書類が法的に誤りがないかをチェックしたり、委託を受けて正しい書類を作成したりすることが必要です。会計監査ではミスが許されないので、米国公認会計士(USCPA)は注意深くて心配性なくらいの人が向いてます。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

コミュニケーションスキルがあってスピーディーなやり取りができる人は米国公認会計士(USCPA)として働く適性を持っています。決算が近づくと業務量が増えるため、米国公認会計士(USCPA)もクライアントもピリピリした状況になりがちです。必要事項だけのやり取りで無駄のないコミュニケーションを取れるとクライアントから喜ばれるだけでなく、自分自身も仕事を進めやすくなるので重要なスキルです。

『 提案力がある 』

だいぶ兼ね備えている

問題に対して解決策を提案する力がある人は米国公認会計士(USCPA)に向いています。コンサルティングファームで働く上では最も重要なスキルで、具体的な提案を出してメリットやデメリットを具体的に説明できる人はグローバルに活躍しています。監査法人や会計事務所でもアドバイザリー業務に携わる際に企業からの信頼を得るのに欠かせないのが提案力です。プレゼンテーション力も兼ね備えていると大きな成果を上げられる米国公認会計士(USCPA)になれます。

『 真摯で真面目 』

あまり兼ね備えていない

真剣に物事を受け止めて、真摯に対応できる真面目な人は米国公認会計士(USCPA)として働く上で大切な素養を持っています。米国公認会計士(USCPA)は本来はやってはならないことをしてしまった企業から相談されることも少なくありません。その際に批判することなく真摯に受け止め、二人三脚で対策を進めていくという気概があるとクライアント企業に喜ばれます。

『 キャリアアップ志向が強い 』

そこそこ兼ね備えている

キャリアアップ志向が強いのは多くの米国公認会計士(USCPA)が持っている特徴です。米国公認会計士(USCPA)は日本で働く上では独占業務に携われるわけではありません。しかし、アメリカの会計や税制についても理解があり、英語での会計や税務などに携わる力があると示すことができる資格です。日本で公認会計士の人がキャリアアップの目的で米国公認会計士(USCPA)を取得することも多くなっています。

『 英語が好き 』

あまり兼ね備えていない

米国公認会計士(USCPA)は英語が好きな人が多いのが特徴です。資格試験対策の勉強も試験そのものもすべて専門的な英語なので、英語が好きでないと厳しいからです。米国公認会計士(USCPA)になるには実務を通して教育を受けなければならないため、英語が好きで読み書きだけでなくビジネス会話もできる人に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの米国公認会計士(USCPA)適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る