理想の就活/転職のための
自己分析サイト

国連職員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今国連職員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい国連職員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの国連職員適性診断結果

あなたの適性度は51%で、国連職員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。国連職員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

国連職員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.専門分野のスキルを持っている
2.責任感が強い
3.国ごとに異なる文化に理解がある
4.コミュニケーション力がある
5.高い語学力を持っている
6.専門と言える知識のある分野がある
7.状況に応じて臨機応変に対応できる
8.人のために頑張ると喜びを感じられる
9.健康管理ができる
10.情報収集能力が高い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 専門分野のスキルを持っている 』

そこそこ兼ね備えている

国連職員は、文字通り世界で起きている様々な目的を解決するために活動をする仕事になります。国内政治が中心となる国会議員と同様に、専門分野における高い能力を持ち合わせていなければ務まりません。知識はもちろん、問題が起きた時に解決するための有効な対処法を導き出せる、柔軟な発想力を磨いていく必要があります。

『 責任感が強い 』

兼ね備えていない

国会議員と同様に、国連職員も選ばれた人間しか就くことができない職業と言われています。国連職員は全世界に4万人以上存在しますが、日本人職員は1000人弱しかいません。世界で起きている問題について取り組める選ばれた国民の代表という自覚を持ちながら、真摯に仕事に取り組む強い責任感が求められます。自分の決断が世界に大きな影響を及ぼす可能性もあることを、常に頭に入れて活動しなくてはいけません。

『 国ごとに異なる文化に理解がある 』

十分に兼ね備えている

全世界に4万人以上存在する国連職員は、約6割が本部以外の国に派遣されて活動しています。定期的に勤務地が変わる即応型フィールド組織で働く上で求められる資質の一つが、文化への理解です。国が違えば主要言語や考え方も大きく異なります。物事に対してこうあるべきといった固定観念を持っていると海外に派遣をされた時に対応できません。国ごとに異なる文化を受け入れられる理解力が必要です。

『 コミュニケーション力がある 』

そこそこ兼ね備えている

異文化交流をするに当たって、重要な作業の一つがコミュニケーションです。国連職員として派遣された先で与えられた任務を遂行するには、その国の人々と信頼関係を築くことから始めなくてはいけません。国によっては、例え専門機関の人間であっても海外から来たという理由で壁を作られてしまうケースもあります。自分から積極的にコミュニケーションを図って壁を取り除く作業が必要です。

『 高い語学力を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

派遣先の国民や職員とコミュニケーションを図るために、持っていなければいけない能力の一つに語学力があります。いくら本人にやる気があっても、言葉が通じなければ会話が成り立たずコミュニケーションを取ることができません。派遣先で使われている主要言語をマスターすることが望ましいと言われていますが、世界中に存在する全ての言語を理解することは難しいのが実情です。国連職員同士の会話でも多用される、公用言語の英語、フランス語は最低限覚えておかなくてはいけません。

スポンサーリンク

『 専門と言える知識のある分野がある 』

そこそこ兼ね備えている

一口に国連職員と言っても、与えられる役割は一人ひとり違います。様々な分野のスペシャリストが集まる国連職員として活躍していくには、他の人には負けないと自信を持って誇れる専門性が必要です。幅広い技術や知識を満遍なく身に着けていくよりも、自分が得意とする分野に絞って能力を高めていく方が、選ばれる可能性が高くなります。職員は定期的に入れ替わる仕組みになっているので、仕事に就けたからといって安心をせずに、常に勉強を続けていかなくてはいけません。

『 状況に応じて臨機応変に対応できる 』

十分に兼ね備えている

世界の問題について取り組む国連職員に求められる大事な能力が、臨機応変な対応力です。国際情勢は常に変化をし続けています。前日まで平穏だった国でも、予期せぬ災害に見舞われて一瞬のうちに状況が変わるケースも少なくありません。問題が起きた時に国民の代表として働く国連職員が慌てふためいていれば、国が混乱してしまいます。問題が起きた時に冷静かつ適切な判断を下せるように、様々な事態を想定して準備をしておかなくてはいけません。

『 人のために頑張ると喜びを感じられる 』

兼ね備えていない

地球に存在する全ての人々が笑顔で暮らせる世の中を実現するために、日々努力を続けていくことが国連職員に与えられた使命です。職員として働いている人の多くが、世の中の役に立てていることに喜びを感じています。常に人の立場で物事を考えられるようにすることも、大事な資質の一つです。

『 健康管理ができる 』

兼ね備えていない

様々な国に派遣されることもある国連職員にとって体調管理の徹底は基本です。食生活から天候に至るまで、地域ごとに環境は異なります。日本で当たり前に飲んでいる水も、国によっては手に入り難かったり適切な衛生管理が行われていないケースも少なくありません。与えられた仕事をこなすだけでなく、派遣先の国の環境に適応するための自己管理も重要になります。

『 情報収集能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

世の中の動きについて一早く情報を仕入れることが、問題が起きた時の早期解決に繋がります。新聞やニュースを利用した情報収集はもちろん、現地の職員との交流を通して最新の情報を取り入れていくことも大事な作業です。様々な方向にアンテナを張って知識を吸収する情報収集能力も、国連職員に必要なスキルになります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの国連職員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る