理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

葬儀屋に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今葬儀屋の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい葬儀屋に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

葬儀屋に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの葬儀屋適性診断結果

あなたの適性度は42%で、葬儀屋の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。葬儀屋を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

葬儀屋に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人の痛みに寄り添える
2.人の世話をするのが好き
3.コミュニケーション能力が高い
4.計算が得意
5.臨機応変な対応ができる
6.時間の管理が得意
7.人に優しく接する
8.場を仕切るのが上手い
9.礼儀作法が良い
10.姿勢が良い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
葬儀屋適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人の痛みに寄り添える 』

兼ね備えていない

人の痛みがわかる人は、葬儀屋に向いています。大切な人を亡くした時、気持ちが落ち込んでしまうのは当然です。そんな人たちに寄り添い、手助けをする気持ちがなければ、葬儀屋は務まりません。依頼をする人が心の奥に抱えた苦しみをわかってあげれば、スムーズな葬儀の準備や進行ができます。葬儀屋として経験を重ねると、少しずつ慣れてきます。しかし、依頼主が心を痛めていることに違いはありません。常に新鮮な気持ちで、寄り添ってあげる気持ちが大切です。

『 人の世話をするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

世話好きの人は、葬儀屋に向いています。誰かの手助けをしたり、助言をしてあげるのに慣れている人や、仕事でそのような経験がある人は、適性があると言えるでしょう。自分のことよりも人のために頑張れる性格も、葬儀屋向きです。助けてあげた人が喜んでいる表情や、うまくいったときの満足感に喜びを感じられるほど良いです。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

周りとうまくコミュニケーションがとれる人は、葬儀屋向きです。葬儀屋は依頼主だけではなく、病院やお坊さんなど、たくさんの人と短期間でやりとりをしなければいけません。それぞれの意見や都合を聞いて、計画をまとめていく能力が不可欠です。誰かに偏ることなく、皆が損をしないやり方を探していく仕事です。 葬儀に対するこだわりなどは、聞いてみなければ分かりません。細かいところまでヒアリングできる能力も必要です。

『 計算が得意 』

あまり兼ね備えていない

葬儀と一口に言っても、その内容は千差万別です。独特のこだわりを持っている人も多いですし、どんな葬儀にしたいか、具体的に思い描いている人もたくさんいます。こだわりを実現するために、どれくらいの費用がかかるのか、できるだけ短時間で依頼主に示す能力が必要です。 いくらぐらいの費用がかかるのか、依頼主には可能な限り素早く、具体的に示してあげなければいけません。ある程度コースが決まっていたとしても、どのオプションを追加すればいくらプラスになるのかなど、計算は早いほど良いです。

『 臨機応変な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

葬儀の段取りや内容を決めたとしても、葬儀の当日イレギュラーな事態が起こることは珍しくありません。その都度慌てることなく、臨機応変に対応できる落ち着きが、葬儀屋には必要です。 不測の事態にいちいちパニックになっていては、葬儀屋は務まりません。落ち着いて段取りをこなすことに慣れている人は、葬儀屋に向いています。色々なことに瞬時に対応しなければいけない仕事を経験しているタイプは、重宝されます。

スポンサーリンク

『 時間の管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

葬儀は、細かくタイムスケジュールを決めなければいけません。葬儀が終わってから焼き場に行くまでの時間や食事の時間など、細かく決めてその通りに実行する必要があります。時間の読みが正確な人が、葬儀屋には向いています。 葬儀では参列者が感情的になってしまったり、思わぬところで時間がかかることも多いです。それらも含めて余裕を持ち、時間を読める能力が求められます。

『 人に優しく接する 』

そこそこ兼ね備えている

葬儀屋は、割と短い時間で依頼主と葬儀の話を進めなければいけません。依頼主の中には気持ちが焦っている人も多く、悲しい気持ちを抱えてたままの人もたくさんいます。優しく接してあげることができる人が、葬儀屋には向いています。 通常の判断ができなかったり、感情的になってしまう人も多い中、常に優しく依頼主と向き合う忍耐強さも葬儀屋には必要です。落ち着いて話を聞いてあげればわかってくれる人も多いので、努めて優しく振る舞える心のゆとりがあると良いです。

『 場を仕切るのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

仕切り上手な人は、葬儀屋に向いています。葬儀が一旦始まってしまうと、その流れを切るわけにはいきません。段取りがスムーズにいってないと判断すれば、必要な人を動かしたり進行の妨げを排除する心配りも必要です。葬儀を仕切って、予定通りに進行させる段取りの良さが求められます。

『 礼儀作法が良い 』

そこそこ兼ね備えている

依頼主と段取りを進めるのには、最低限の礼儀作法が必要です。ざっくばらんに話をした方が良いケースもあります。しかし、礼節を持って対応した方がスムーズに段取りを進めることができるのも事実です。礼儀作法が身に付いている人は、葬儀屋に向いています。 初対面の時は特に、礼儀正しい挨拶が大切です。その後は、全体の流れを共有し、葬儀を前に進めていかなければいけません。礼儀正しく対応できれば、依頼主からも信用されます。

『 姿勢が良い 』

あまり兼ね備えていない

いつも背筋が伸びて姿勢が良い人は、葬儀屋に向いています。短期間の間に依頼主との信頼関係を構築しなければいけないため、見た目の良さは重要です。姿勢が良いと、第一印象で良いイメージを与えることができます。その後の信頼関係にも影響してくるので、もともと姿勢が良い人は葬儀屋向きです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの葬儀屋適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
葬儀屋適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 葬儀屋に向いているか向いていないか
  • 葬儀屋の職業適性度
  • 葬儀屋に必要な10の資質
  • 解説で葬儀屋に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

葬儀屋とは?

葬儀屋は、葬儀に関わる業務全般を行う職業です。

亡くなった人の遺族、医療施設から依頼を受けた後、式場の手配や準備を行うのが基本業務になります。

葬儀が滞りなく行われるように、進行を務めるのも葬儀屋の業務の一つです。

時代の移り変わりの中で、終活の一つとして事前に自分が亡くなった後の葬儀の準備を済ませておく人が増えています。

予算も含めて依頼者の希望を取り入れた最適なプランを提案しなくてはいけません。

葬儀屋は、悲しみに暮れる遺族の気持ちに寄り添って、故人があの世へ旅立つためのサポートをする重要な役割を担っています。

葬儀屋になるには?

仕事に就くために、事前に取得が必要な資格はありませんが、葬儀の流れを始めとした基本的な知識を習得しておかなければ働けません。

とはいえ、日本では葬儀について専門の知識を学べる学校や学部は存在しないので、現場で働きながら学ぶ形になります。

採用に対して学歴や年齢が問われない会社も多く、高校や大学を卒業して求人に応募をして就職するという流れが一般的です。

必須ではありませんが、厚生労働省が認定している葬祭ディレクターなどの資格を予め取得しておくと採用されやすいと言われています。

葬儀中は遺族も含めて参列者と接する機会も多いことから、コミュニケーション力も必要です。

葬儀屋の給料・年収

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、葬儀屋の平均年収は400万円弱となっています。

葬儀屋の年収に影響する大きなポイントの一つが勤続年数です。

業界での勤務実績が長くなるほど年収が上がる傾向にあります。

そのため、業界に入ったばかりの新人スタッフの平均年収は300万円弱、20年以上の経験を積んだ40代のベテランで450万円前後です。

キャリアアップを経て部下や現場を統括するマネージャー職に就けるようになると、別途役職手当も支給されるようになります。

基本給と合わせて最終的に年収が600万円近くになるケースも少なくありません。

葬儀屋の就職・転職先(求人)

葬儀屋の主な就職先は、葬儀会社を始めとした葬祭業界が中心になります。

亡くなった方を弔う葬儀は時代や社会情勢に影響されないため、需要が大きく変化することはありません。

一方、時代の移り変わりと共に葬儀屋として働く人は減少傾向にあることから、業界全体で慢性的な人手不足となっています。

学歴や経験を問わず、やる気重視で採用の判断をする会社も増えているので、新卒はもちろん、他業種から未経験の転職もしやすいのが特徴です。

実務経験がある人の転職は同じポジション、新卒や未経験者は見習いからスタートして雑用をこなしながら仕事を覚える形になります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0