理想の就活/転職のための
自己分析サイト

UI/UXデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今UI/UXデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいUI/UXデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのUI/UXデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は42%で、UI/UXデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。UI/UXデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

UI/UXデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.物事をより良くする事を追求する
2.分析力がある
3.論理的に考えるのが得意
4.わかりやすい説明が得意
5.コミュニケーション能力がある
6.相手の目線で考えることができる
7.新しい技術の勉強が苦でない
8.最新のトレンドに敏感
9.細かいところに気付ける
10.冷静に物事を判断できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 物事をより良くする事を追求する 』

だいぶ兼ね備えている

UI/UXデザイナーはユーザーとサービスを繋ぐ仕事です。ユーザーのストレスを無くし、期待を超えた体験を提供することでユーザーからの信頼を得ることができます。そのために便利さは必要不可欠。なにに心地よさを感じるのか?または、これは不便だな。と思うものをどう工夫したら便利にできるか、自分自身で考え続けることでUI/UXデザインのクオリティが上がります。便利さや心地よさを追い求められることは重要な素質です。

『 分析力がある 』

あまり兼ね備えていない

結果が出るUI/UXデザインには、ユーザーからの反応や調査結果から見える数字を解析できる能力が必要です。たとえば「このページはなぜ観覧数が少ないのか」という問題に対し「ページの内容ではなく、ページ移行するためのデザインがわかりづらいのではないか」と、デザインによって改善できる部分をあらゆる数字から見つけるスキルが必要です。感覚だけではなく、数字に対する原因と結果を意識しながらデザインできる人は、UI/UXデザイナーに向いています。

『 論理的に考えるのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

ユーザーの「〇〇が使いづらいから〇〇を増やしてほしい、変えてほしい」という声をそのままデザインに反映したとき、本当にそのUI/UXデザインがいいものになるかはわかりません。「①なにが原因で困っているのか追及②どこを工夫すれば問題が解決するのか③工夫した結果をテストする④結果的により快適なものになっているか判断する」と、よりよいサービスのためにはユーザーの声を受け取るだけではなく論理的に考えて試行錯誤する必要があります。

『 わかりやすい説明が得意 』

十分に兼ね備えている

見た目の美しさだけではなく、機能性もあるデザインがUI/UXデザインには必要です。ボタンはボタンとわかるものになっているか、直観的にどんな内容のアイコンかわかるか、押しづらい形ではないか。など、ユーザーがストレスなく利用するためには伝わりやすさ・使いやすさが必須だからです。伝わりやすく、使いやすいデザインが好きで、工夫し続けることができる人はUI/UXデザイナーに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

兼ね備えていない

UI/UXデザイナーは多くの立場の人と関わって仕事を進めていきます。クライアント、ディレクター、他のデザイナーなど。ともに仕事をする人達とバランスを取りながら、UI/UXデザイナーとしてしっかりと意見を伝えるプレゼン的な能力も必要です。ユーザーへのインタビューやアンケートを実施することもあり、直にユーザーの希望をくみ取れる能力が必要な場面もあります。コミュニケーション能力は、UI/UXデザイナーには必須といえるスキルでしょう。

スポンサーリンク

『 相手の目線で考えることができる 』

兼ね備えていない

サービス提供側がユーザー目線で考えることは思いのほか難しく、努力が必要です。ユーザー目線が薄れてしまったサービスはユーザーの期待を裏切る可能性が高まります。ユーザーの期待に応え続けるために、ユーザー目線で考えることを意識してデザインに反映していく必要があるのです。日頃から、あらゆる視点で物事を考える習慣を付けておくといいでしょう。

『 新しい技術の勉強が苦でない 』

そこそこ兼ね備えている

UI/UXは技術やトレンドの変化が目まぐるしい世界です。ソフトウェアや環境も、常に最新で便利なものが開発され続けています。新しい技術を勉強できるポテンシャルがある人は、そのような変化にも積極的に付いていくため、現場で重宝されるでしょう。最先端を追い続けることは、長く活躍するためにも必要な姿勢です。

『 最新のトレンドに敏感 』

あまり兼ね備えていない

流行を知れば、今のユーザーが求めているもの=ニーズを知ることができます。ニーズを知ることは、よりよいUI/UXデザインに繋がる大事な要素です。今人気のあるデザインの傾向や、新しい機能、サービス形態を知っておくことで、より効果的なデザインをすることができるでしょう。流行を取り入れることができる人はUI/UXデザイナーに向いています。

『 細かいところに気付ける 』

あまり兼ね備えていない

UI/UXデザインは些細な変更でも、全体のデザインに影響を及ぼす可能性がある仕事です。デザインを変えたときどこまで影響するのか、細かいところまで確認することが必要になってきます。また、気付かれにくいちょっとした違和感に気付ける細やかさも大事なスキル。誰も気付かなかった部分を改善できれば、ユーザーからも周りからも、デザイナーとして信頼を得ることができるでしょう。全体を俯瞰して見ることも必要ですが、細かいところまで気を配ることも重要です。

『 冷静に物事を判断できる 』

そこそこ兼ね備えている

UI/UXデザイナーはあらゆるシーンで「このデザインや方向性は本当にサービスをよくするのか、問題はないか」立ち止まって冷静に考える仕事です。また、デザインを変えることによるメリット・デメリット両方を理解したうえで、戦略やソフトウェアとの兼ね合いから、最終的にデザインをどうするか判断する必要もあります。冷静に物事を判断する素質のある人は、UI/UXデザイナーに向いているといえるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのUI/UXデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る