理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

TVプロデューサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今TVプロデューサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいTVプロデューサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

TVプロデューサーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのTVプロデューサー適性診断結果

あなたの適性度は58%で、TVプロデューサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。TVプロデューサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

TVプロデューサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.決断力がある
2.アイデアを生み出すのが得意
3.チャレンジ精神がある
4.お金の管理が得意
5.判断力がある
6.コミュニケーション能力が高い
7.スケジュール管理が得意
8.根気がある
9.情報を集めることが得意
10.人と話すことが得意
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
TVプロデューサー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 決断力がある 』

兼ね備えていない

TVプロデューサーの仕事は、番組の企画だけに留まらず、予算の管理や出演者へのオファー、スポンサーとの交渉など数多くあります。そのため、すべての業務を円滑に進めるために判断力があるだけでなく、決断力も持ち合わせていなければいけません。一つの番組をチームで作り上げるていくため、チームリーダーとして決断力に長けていなければ良い番組が作れないだけでなくチームを上手にまとめることもできないでしょう。

『 アイデアを生み出すのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

視聴者を納得させるだけでなく、スポンサーからの信用を得るために常に面白くワクワクするような企画を発信し続けなければいけません。いつも同じようなマンネリ化した企画や面白味に欠ける企画では、視聴者はもちろん、スポンサーからの理解を得ることは困難です。TVプロデューサーは、視聴者やスポンサーがあっと驚くような企画を生み出すためにアイデア力に優れていることも必要です。

『 チャレンジ精神がある 』

だいぶ兼ね備えている

TVプロデューサーは、チャレンジ精神がある人が向いています。新しい分野も怯むことなく積極的にチャレンジできる人は、面白い企画を発信できます。今までにない斬新な企画を視聴者に届けるためには、自分の苦手分野やこれまで経験したことのない分野にも積極的にチャレンジしていかなくてはいけません。苦手なことは避けて通るという安定型の人は、新しいことを積極的にチャレンジすることや積極的に行動する力をつけてみると良いでしょう。

『 お金の管理が得意 』

だいぶ兼ね備えている

TVプロデューサーは、番組の企画をするだけでなく予算の管理も行います。番組を作る時には予算が決められているため、お金の管理をしながら魅力的な番組を制作しなければいけません。普段、お金の管理をすることが苦手で生活費が赤字になってしまうという人がTVプロデューサーになった場合、予算内で番組を制作することに難しさを感じてしまうかもしれません。お金の管理が得意でやりくり上手な人こそ、予算管理の責任を担うTVプロデューサーにピッタリです。

『 判断力がある 』

そこそこ兼ね備えている

TVプロデューサーは、制作スタッフが提案した企画が視聴者やスポンサーが納得するような内容であるかを見極めなければいけません。判断力に優れていることもTVプロデューサーの強みになります。最終決定は、自分に任されているということを意識し、価値のある企画であるかを判断しなければいけません。魅力的な番組を制作するのはもちろんのこと、制作費を予算内に収めるなど一つの番組を完成させるまでに数多くの決断を求められるので、的確に判断する力が必要となるでしょう。

スポンサーリンク

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

TVプロデューサーは、番組を制作するにあたって一つの番組を作り終えるまでに多くの人たちと接します。番組を制作するスタッフだけでなくスポンサー先の社員や番組出演者など、年齢や性別を問わず、たくさんの人たちと接する機会があります。番組を制作するうえで多数の人物が関わってくるため、時に意見が衝突することもあるかもしれません。こんな時にもコミュニケーション能力を発揮してリーダーとして周囲をまとめられる力が必要となるでしょう。

『 スケジュール管理が得意 』

そこそこ兼ね備えている

企画に沿ってスケジュールを管理し、決められた日時までに番組を完成させることもTVプロデューサーの仕事です。制作スタッフたちと打ち合わせをし、お互いにスケジュールをか確認したうえで番組の制作が進められます。スケジュールをうまく組むことができず予定通りに番組を完成させることができなかった場合、多くの人から信用を失います。番組制作のリーダーとなるTVプロデューサーは、予定通り番組を作り終えられるようにスケジュール管理が得意であることも必要不可欠と言えるでしょう。

『 根気がある 』

十分に兼ね備えている

TVプロデューサーは、長期間にわたる番組を制作しなければいけないこともあります。長い場合、数年単位で一つの番組を制作することもあるでしょう。そのため、TVプロデューサーは途中で投げ出さず最後まで責任を持ちながら番組を制作できる根気強さが必要です。どんなことにも根気よく取り組める人は、責任感がありTVプロデューサーに向いていると言えます。

『 情報を集めることが得意 』

十分に兼ね備えている

TVプロデューサーとして活躍するには、常に流行のアンテナを張り最新の情報を集めることが大切です。最新の流行や新しい情報をチェックすることで企画のマンネリ化を防ぎ、斬新なアイデアを発信することができます。視聴者を惹きつけるトレンドは、数ヶ月単位で移り変わります。情報を集めることが得意な人は、視聴者を飽きさせない番組を作り続けることができるでしょう。

『 人と話すことが得意 』

十分に兼ね備えている

TVプロデューサーの仕事の一つにクライアントの交渉があります。クライアントと入念に打ち合わせをし、どんな番組を求めているのかを見極めなけばいけません。長時間にわたりヒアリングすることもあるため、人と話をすることが好きという人でなければ苦痛を感じてしまいます。人と話すことが好きという気持ちがあれば会話を楽しみながら相手を納得させる交渉ができるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのTVプロデューサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
TVプロデューサー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • TVプロデューサーに向いているか向いていないか
  • TVプロデューサーの職業適性度
  • TVプロデューサーに必要な10の資質
  • 解説でTVプロデューサーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

TVプロデューサーとは?

TVプロデューサーは、テレビ番組の制作に、責任者として携わる仕事です。

複数人のTVプロデューサーが携わり、ひとつのテレビ番組を作ります。

テレビ番組の制作現場には、出演者やカメラマンに指示を出す、ディレクターがいます。

そのディレクターに対して、管理や指示出しを行うのがTVプロデューサーです。

また、TVプロデューサーは、スポンサーとの交渉を行ったり、予算の額を決めたり、出演者のキャスティングをしたりするなど、テレビ番組に関するあらゆることを決定する権限を持っています。

テレビ番組の内容を決めることができるため、制作したテレビ番組の評価は、TVプロデューサーの評価になると言っても過言ではありません。

TVプロデューサーになるには?

TVプロデューサーになるためには、テレビ局あるいはテレビ番組の制作会社に入社する必要があります。

そして、まずはアシスタントディレクター(AD)として働き始めて、アシスタントプロデューサー(AP)、ディレクターとキャリアアップをしていき、最終的にTVプロデューサーになるのが基本の流れです。

テレビ局は学歴を重視する傾向があるため、テレビ局でキャリアアップを目指すのであれば、少なくとも大学を卒業していなければなりません。

制作会社であれば、学歴は重視しないところも多いので、アルバイトのADからTVプロデューサーを目指すことも可能です。

TVプロデューサーの給料・年収

複数の調査結果によると、TVプロデューサーの年収は、1500万円程度が平均です。

具体的な額は、テレビ局に所属するか、制作会社で働くかによって異なります。

基本的には勤続年数によって収入が増える傾向があります。

そして、実力によって、年収を増やすことも不可能ではありません。

担当するテレビ番組がヒットするなど、TVプロデューサーとしての実力が認められれば、より重要な番組を任されるようになり、年収が増える可能性があります。

また、管理職扱いになるエグゼクティブプロデューサーになると、年収は大幅に上がり、2000万円を超えることも珍しくありません。

TVプロデューサーの就職・転職先(求人)

TVプロデューサーとして働く場合、テレビ局あるいはテレビ番組の制作会社に所属して働くことになります。

いずれも、テレビ番組の制作に責任者として携わり、仕事をしていきます。

放送する時間帯を決めたり、宣伝をしたりすることなど、運営面を含めたテレビ番組に関する全ての責任を負うのが、テレビ局のTVプロデューサーです。

制作会社に就職してTVプロデューサーとして働く場合、責任はテレビ番組の収録スケジュールやキャスティングなど、番組の内容に関する範囲に限られます。

そして、テレビ局の指示通りに番組を制作することを重視します。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0