理想の就活/転職のための
自己分析サイト

テレビディレクター適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今テレビディレクターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテレビディレクターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのテレビディレクター適性診断結果

あなたの適性度は56%で、テレビディレクターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。テレビディレクターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

テレビディレクターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくテレビが好き
2.リーダーシップがある
3.コミュニケーション能力が高い
4.企画力がある
5.冷静な判断力・決断力がある
6.体力に自信がある
7.プレゼンテーション能力がある
8.人を管理する能力が高い
9.精神的に強い
10.論理的な思考が得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかくテレビが好き 』

あまり兼ね備えていない

テレビディレクターに向いている人の大前提として、テレビが好きであることがあげられます。小さい頃からテレビが大好きで、学生の頃に夢中になったあんな番組が作ってみたいなど、情熱を持って番組制作に取り組める人に向いている仕事です。テレビディレクターになってからも、どのような番組が流行っているのか把握しておく必要があるため、テレビを見るのが好きであることが必須となります。

『 リーダーシップがある 』

あまり兼ね備えていない

テレビディレクターは、テレビ収録の際にはカメラマンや照明、演者などそれぞれに指示を出す立場として、リーダーシップが求められます。テレビディレクターの下にみんなが団結しないと、良い番組を作ることはできません。番組が大きくなるほど関わるスタッフの人数も多くなるため、より高い統率力が必要になっていきます。同じ番組を作るチームとして成長していけるようポジティブな思考を持ち、導いていく力のある人はテレビディレクターの資質があります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

テレビ番組を作るには、カメラマンや美術、照明などの技術系スタッフ、演者などが協力体制を取らなければいけません。また、テレビディレクターは制作陣・演者と打ち合わせをするだけでなく、取材先の人と打ち合わせをすることも少なくありません。そのため、どんな人とも円滑にコミュニケーションが取れる能力が必要です。コミュニケーションで信頼関係を築き上げられる人は、テレビディレクターとして頭角を現すことができるでしょう。

『 企画力がある 』

だいぶ兼ね備えている

テレビディレクターは、視聴者に面白いと思われるテレビ番組を作るのが仕事です。そのためには、トレンドなども取り入れたユニークな番組を企画する力も必要になります。低予算の番組では有名タレントを起用することが難しく、企画力だけで勝負しなければならないこともあります。また、視聴率が下がってきた時には、テコ入れとして新しい企画を投入することも大事です。企画力があることは、テレビディレクターとしての重要なスキルです。

『 冷静な判断力・決断力がある 』

十分に兼ね備えている

テレビディレクターには、撮影中に決断を迫られる場面が数多くあります。特にロケは天候に左右されやすく、撮影を続行するか中止するかで番組の仕上がり具合が変わってくることもあります。有名タレントはスケジュールが抑えにくいため、オンエアーまでに追撮ができない恐れもあるからです。テレビディレクターは総合的に判断し、適切な決断をする能力が必要になります。

スポンサーリンク

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

テレビディレクターはスタジオ収録のほか編集にも関わるため、オンエアーに間に合わせるために寝る暇を惜しんで作業をすることもあります。複数の番組を掛け持ちしている場合は、収録の合間に打ち合わせをしたり、企画を考えたりなど作業の数も多くなります。徹夜が続く中でロケに出たり収録に立ち合ったりしているうちに、体調を崩す人もいるほどです。そのため、体力に自信がある人に向いている仕事です。

『 プレゼンテーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

テレビ番組の企画会議では、テレビディレクターや構成作家などが様々な企画を持ち寄ります。その中で自分の企画が採用されるためには、プレゼンテーション能力も必要です。どれだけ面白い企画を考えても、その魅力を上手に伝えることができなければ採用されるのは難しいでしょう。テレビディレクターは、プロデューサーやスポーンサーに向けて企画をアピールするスキルが求められます。

『 人を管理する能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

テレビ番組はオンエアーの日が決まっているため、期日までに番組を仕上げることが命題となります。テレビディレクターとして演出力に優れ面白い番組を作れたとしても、期日に間に合わなければ意味がありません。そのため、テレビディレクターはスケジュールを立てて期日までに番組を仕上げる管理能力が必要です。

『 精神的に強い 』

そこそこ兼ね備えている

テレビ番組は視聴率至上主義の傾向があるため、担当する番組の視聴率が悪いと打ち切りの可能性もでてきます。また、番組の内容によっては視聴者からのクレームがたくさん寄せられることもあり、その矢面に立つのはテレビディレクターです。様々なストレスや圧力を受けやすい立場であるため精神的な強さが求められます。

『 論理的な思考が得意 』

あまり兼ね備えていない

テレビ番組は万人に向けて作るため、どのようにすれば多くの人に見てもらえるか、理解してもらえるのかなど論理的に考えなければなりません。また、自分だけが番組構成を理解するのではなく、番組制作に関わる人全てに流れや内容を知ってもらう必要があります。そのため、テレビディレクターは視聴者や制作陣に番組の意図を伝えられる論理的な思考が求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテレビディレクター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る