理想の就活/転職のための
自己分析サイト

テレビカメラマン適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今テレビカメラマンの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいテレビカメラマンに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのテレビカメラマン適性診断結果

あなたの適性度は56%で、テレビカメラマンの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。テレビカメラマンを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

テレビカメラマンに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.筋力と体力がある
2.忍耐力がある
3.状況に柔軟に対応できる
4.機械に強い
5.コミュニケーション能力がある
6.人の話をすぐ理解できる
7.時間を守れること
8.集中力がある
9.向上心がある
10.常に元気でいられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 筋力と体力がある 』

あまり兼ね備えていない

テレビカメラマンが使用するカメラは、非常に重いです。およそ10kg前後の重さがあります。そのカメラをひとりで担がなければならないので、筋力が必要となります。さらに、三脚やケーブルなど、カメラ以外の機材も、カメラマンが持ち運ぶことが多いです。また、カメラマンの仕事は、長時間に及ぶことが多いです。場合によっては、丸一日カメラを担ぎっぱなしということもあります。そのため、長時間カメラを担いで、撮影を続けられる体力が欠かせません。

『 忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

テレビカメラマンとして長時間労働をするには、体力だけでなく、忍耐力が必要です。使用されるかどうかがわからないシーンをひたすら撮影し続けるためには、辛抱強さが欠かせません。また、カメラマンとして働き始めたとしても、すぐにカメラを持たせてもらえるわけではありません。まずは下積みをしながら、技術や働き方を覚える必要があります。その下積みをする時にも、忍耐力が必要となります。すぐに撮影作業を任せてもらえないからといって、簡単に挫折してしまう人では、テレビカメラマンになることは難しいでしょう。

『 状況に柔軟に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

テレビカメラマンは、色々な映像を収めるのが仕事です。台本通りに撮影をするのが基本ですが、台本にないハプニングが起こることも珍しくありません。そのハプニングも、仕事としてしっかり撮影しなければなりません。そのため、状況に応じて、柔軟に対応できる能力が必要です。

『 機械に強い 』

だいぶ兼ね備えている

テレビカメラマンは、もちろんカメラを使用します。そのカメラには、色々な機能が搭載されています。より良い映像を撮影するためには、その機能をひと通り使いこなせなければなりません。場合によっては、最新のカメラを与えられることもあります。その機能をいち早く使いこなせる、機械に強い人がテレビカメラマンに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

十分に兼ね備えている

テレビカメラマンの仕事は、ひとりでは務まりません。被写体となる出演者の他に、ディレクターや照明担当、音声担当などと連携をする必要があります。そういった人たちと意思疎通をするために、コミュニケーション能力も必要です。裏方として寡黙にカメラを回し続ける人というイメージを持たれやすいですが、求められる映像を撮影するために、誰とでも会話ができるのが本当のテレビカメラマンです。

スポンサーリンク

『 人の話をすぐ理解できる 』

そこそこ兼ね備えている

テレビカメラマンは大抵、ディレクターやプロデューサーの指示を受けて撮影を行います。そのため、指示の内容をしっかり理解できる能力が必要です。そして、指示内容が、抽象的であることも多いです。そのような指示であっても、指示した人の意図を汲み取ることができる理解力があった方が、テレビカメラマンとして成功しやすいでしょう。

『 時間を守れること 』

そこそこ兼ね備えている

テレビカメラマンは、テレビクルーの1人として、スケジュール通りに働かなければなりません。もし、テレビカメラマンが1人しかいないのにもかかわらず、遅刻をしてしまったとしたら、撮影そのものができません。その結果、出演者やディレクターなど、他の人のスケジュールを狂わせることになります。そのようなことを繰り返していると、テレビカメラマンとしての信用を失い、働くことは難しくなるでしょう。したがって、時間厳守であることは、テレビカメラマンにはほぼ必須です。

『 集中力がある 』

だいぶ兼ね備えている

テレビカメラマンの仕事は、常に被写体にピントを合わせて、撮影を続けるのが基本です。そのため、集中力が欠かせません。集中力がなければ、撮影すべき被写体を画角から外してしまったり、ピントがボケてしまったりするでしょう。そうならないよう、数時間にも及ぶ撮影でも、集中力を切らさない人が、テレビカメラマンに向いています。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

テレビカメラマンは、より良い映像を撮影するために、勉強を続けなければなりません。撮影技術や映像を加工する技術は、常に新しくなっています。そのため、勉強を疎かにする人は、すぐに取り残されてしまうでしょう。そうではなく、より良い映像を撮影するために勉強を続けて、新しい知識や技術を身に付けようとする人は、テレビカメラマンとして多くの現場で必要とされるはずです。

『 常に元気でいられる 』

あまり兼ね備えていない

撮影現場の中には、過酷な現場も少なくありません。出演者やスタッフが、疲労困憊の状態になりながら、撮影をしていくことも珍しくありません。そんな中で、元気な状態を維持できる人は、テレビカメラマンに向いていると言えるでしょう。裏方として事務的に撮影作業を続けるのではなく、より良い映像を撮影するために、被写体になる人や周りのスタッフに元気を与えられる人は、テレビカメラマンとして成功できる可能性が高いです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのテレビカメラマン適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る