理想の就活/転職のための
自己分析サイト

劇団員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今劇団員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい劇団員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの劇団員適性診断結果

あなたの適性度は62%で、劇団員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。劇団員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

劇団員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.協調性がある
2.努力を継続できる
3.舞台や演劇に対する情熱を持っている
4.演じることが好き
5.目立ちたがり屋
6.物語を読んで人物の感情を理解できる
7.他人の気持ちを理解できる
8.度胸がある
9.歌唱力が高い
10.滑舌が良い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

舞台や演劇は1人では作り上げられません。複数人の演者がいるだけでなく、監督や脚本家、音響係など、様々な人が作品の制作に携わっています。多くの人と協力しながら1つの作品を作り上げることになるので、協調性は必要不可欠だと考えられます。1人の劇団員が身勝手な行動を取ると、舞台や演劇は成立しにくくなるので注意が必要です。協調性のある人は劇団員としての適性が高いと言えます。

『 努力を継続できる 』

だいぶ兼ね備えている

舞台や演劇はすぐに多くの人の前で披露できるものではありません。舞台や演劇の公演日までは何度も稽古を続ける必要があります。人によっては舞台や演劇の売り上げだけでは生活が苦しくなるケースもあるでしょう。そのような場合は稽古とアルバイトを両立することが求められます。このような状況でも劇団員として成功する日を夢見て努力を続けられる人が、この職業に向いていると言えます。

『 舞台や演劇に対する情熱を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

舞台や演劇に対する情熱が強い人ほど、劇団員という職業に向いていると考えられます。劇団員はテレビ出演の機会は少なく、華々しい生活を送っている人は少ない傾向にあります。それでも地道に努力を続けて、自分の演技を見てもらうことに心血を注ぎます。この生活を続けられるのは舞台や演劇に対する情熱を持っているからでしょう。そのため舞台や演劇に対する情熱が強い人ほど、劇団員の適性が高いです。

『 演じることが好き 』

そこそこ兼ね備えている

劇団員は様々なキャラクターを演じる必要があります。作品ごとに演じる役柄は変わってくるので、様々な役になりきることが好きだという人ほど、この職業に向いていると言えます。演じることが好きであれば、実際の自分とは大きくかけ離れた役柄を与えられたときにも楽しんで演技を披露できるでしょう。また演じることが好きな劇団員ほど、演技の腕前が上がりやすい傾向にあります。

『 目立ちたがり屋 』

兼ね備えていない

劇団員は大勢の観客の前で自分の演技を披露することになります。シナリオによっては自分の演技に観客の視線が集中するケースもあります。そのため人から注目を浴びるのが好きな人や目立ちたがり屋な性格の人は、劇団員に対する適性が高いです。特に目立ちたがり屋な性格の人は観客からの注目を浴びる程にオーバーなリアクションを取れるようになるので、舞台や演劇の仕事に向いていると言えます。

スポンサーリンク

『 物語を読んで人物の感情を理解できる 』

十分に兼ね備えている

劇団員は監督や脚本家が思い描いているストーリーを忠実に再現することが求められます。ストーリー通りの演技を披露するためには、どのようなストーリーなのかを読み解く力が必要になります。「このシーンではどんな演技が必要なのか」を把握できるようになれば、監督や脚本家に気に入ってもらえるような劇団員になれる可能性が高くなるでしょう。

『 他人の気持ちを理解できる 』

だいぶ兼ね備えている

家族や友人から相談を受けたときに「貴方って私のことをよく理解してくれているよね」と言われた経験がある人もいるのではないでしょうか。そのような人は劇団員に対する適性が高い可能性があります。劇団員はストーリーに出てくるキャラクターの気持ちを理解するのが大切です。キャラクターによっては自分とは真逆の考え方を持っているタイプもいるので、理解に苦しむこともあるかもしれません。それでもそのキャラクターの気持ちを理解して、その人になりきらなければなりません。他人の気持ちを理解できる人であれば、自分とは考え方の違う役を与えられても難なく演技ができるでしょう。

『 度胸がある 』

そこそこ兼ね備えている

劇団員は大勢の人の前で演技を披露することになりますが、物怖じしているようでは良い演技を披露できない可能性が高いです。演劇が始まると貴方はその役になりきる必要があります。素の自分が透けないようにするためには物怖じせず、堂々と演技を続けるのが大切だと言えます。このことを考えれば度胸のある人ほど、劇団員に向いているでしょう。

『 歌唱力が高い 』

十分に兼ね備えている

入団する劇団がミュージカル演劇を中心としている場合、歌唱力の高さが求められます。ミュージカル演劇の場合は劇中で歌うシーンが出てくるので、下手な歌は披露できません。そのため歌唱力の高い人はミュージカルの劇団員に対する適性も高いと言えます。役柄によっては歌の下手な人を演じなければならないこともあるので、ミュージカルの劇団員を目指す人は下手な歌い方も学んでおくと良いでしょう。

『 滑舌が良い 』

そこそこ兼ね備えている

舞台や演劇の場合はマイクで声を拾ってくれるような環境にないケースも考えられます。そのような場合は自分の声量が頼りになるので声量に自信のある人ほど、劇団員に対する適性が高いです。また観客には何を話しているのかを正確に伝える必要もあるので、滑舌の良い人が劇団員に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの劇団員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る